世界の七不思議に選ばれている建造物7選

世界の七不思議、知っていますか?一度は聞いたことがあるかもしれないですが、7個全部言える人ってなかなか少ないのではないでしょうか。しかも「世界の七不思議」っていくつか定義があるのです。今回は、2007年に選出された「新・世界七不思議」から7つの建築物をご紹介します。

そもそも世界七不思議って何??

世界七不思議が作られたのは、さかのぼること古代ギリシャ・古代ローマ時代。
紀元前2世紀にビザンチウムのフィロンという人が書いた「世界の七つの景観」の中で選ばれた、古代の地中海地方に存在していた七つの巨大建造物がはじまりだと言われています。

そもそも「七不思議」でないのですが、これは日本だけの事情。
「The Seven Wonders of the World」という原題のうち景観(Wonder)という意味を誤訳してしまい、それにオカルトブームなどが結びついて七不思議になってしまったとのこと。

そのため、「七不思議」とありますが、ほぼ解明されている建築物が選出されています。

現代の世界の七不思議

現在においても、さまざまな七不思議をスイスにある「新世界七不思議財団」が世界中からの投票の結果で決めています。
そんな財団が存在していることが一番の七不思議のひとつだと思ったみたり…。
ここからは、世界中の人が選んだ世界の七不思議を紹介していきます。

#1 万里の長城/中国

万里の長城/中国

image by iStockphoto / 56223426

世界遺産として知らない人はいないくらい有名なのが万里の長城。
これは中国の城壁の遺跡で、長さは、21,196.18km。
人工衛星から見える唯一の世界遺産というのも有名な話。

長城の建設はB.C.7~6世紀の春秋時代に始まりました。
これは西方から異民族が侵入してくるのを恐れたためだといわれています。
楚、斉、魏、趙、燕、秦などが互いに争い、どんどん防護壁が増えていきました。
この王朝全てが大規模な長城を建設しています。

#2 インドの廟堂タージマハル

インドの廟堂タージマハル

image by iStockphoto

こちらも万里の長城と同様に有名な世界遺産のひとつ。

ムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンが、1631年に死去した愛妃ムムターズ・マハルのため建設した総大理石の墓廟。
一言で言うならば、「愛の結晶」である。
タージ・マハルを言葉どおりに訳せば「王冠宮殿」もしくは「宮殿の王冠」という意味にらしく、地元では親しみを込めてピーピー・カ・ロウザと呼ばれているらしい。
ピーピーは親しみを込めた貴婦人への呼びかけ。
カ・ロウザは「(その貴婦人)の廟園」を意味する。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

混迷のはじまり。「満州事変」の歴史
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【マカオの歴史】ヨーロピアンな香り漂うマカオの歴史は、やっぱり摩訶不思議!
アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】
【タイの世界遺産】歴史的遺跡の数々が残された遺産を全部解説!
【今流行りのマレーシア留学】費用で決める留学の渡航先
台湾留学入門!台湾で学ぶ英語・中国語は?費用は?勉強できそう?
日中戦争へのきっかけとなった「盧溝橋事件」前後の出来事とは?
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介