【日本未上陸】朝からクラブ!?アメリカで人気急上昇中「Daybreaker」とは

近年世界中で急増する音楽・ダンスイベント。日本でもUltra Japanなど、そのうちのどれかに行ったことがある方も多いのではないでしょうか。今回は、ニューヨーク滞在経験のある筆者の体験をもとに、日本未上陸のイベントDaybrakerについてご紹介します。

始まりは、なんと朝の6時から

始まりは、なんと朝の6時から
このデイブレーカー、皆が仕事や学校に行く前に始まり終わるという朝方イベント。
なんと始まりは朝の6時。
そして終わるのは9時。
コンセプトは「最高な1日の始まり」。
こんなに朝が早いのに、クラブのような空間で音楽に乗せて踊る。
普通は夜にあるようなイベントを朝に、それも6時から始めちゃうところがなんとも新しい発想ですね。
筆者はこのイベントに参加する際、5時半に起床して出発。
しかしまだ薄暗いのにも関わらず、会場では長蛇の列ができていました。

ヨガから始まるダンスイベント

このイベント、6〜7時までのプログラムはヨガ。
薄暗い部屋の中で、ヨガのクラスが行われます。
朝のワークアウトで心も身体もリフレッシュしてからというところがなんとも海外らしい。
そして7時からは大音量の音楽とともにみんなで楽しく踊っちゃいます。
有名なDJやパフォーマーなども招待される時もあるので、その内容自体は本格的なクラブのような感覚。
イベントごとにコスチュームが指定される、なんてことも。
筆者が参加した時は、St. パトリックディだったので、みんな全身緑色の服を着ていました。

アルコールは…ありません。

アルコールは…ありません。
もちろん、参加者はこのイベントの後にスーツに着替え仕事に行き、または学校の準備をしていくので、アルコールの提供はありません。
代わりに、エスプレッソコーヒーや、コールドプレスジュース、スムージーなど、朝にピッタリなドリンクを用意してくれます。
なので、未成年でもアルコールを飲まない人でも楽しく参加可能。
デイブレーカーが終了した後は、みんなこれらのドリンクを手に持ち、それぞれの職場や学校に向けて出発します。

女性から見た、朝に行うメリットとは

夜に行くクラブ等と比べ、筆者が個人的にいいなと思ったのは、「安全」なところ。
女性目線から見て、このような狭い場所で踊るイベントだと、触られたり危険な目にあうこともありますよね。
しかし、ここではアルコールフリー、しかも朝なので、そのようなことが起こる確率はぐっと下がります。
夜のようにセクシーな服装の女性もいません。
言い換えれば、そんなに「頑張らなくて」いいのです。
一人でも気軽に参加できます。
夜のクラブが苦手でも楽しい時間を過ごせるのでは、というのは良い点ですね。






開催時期、開催場所は?

開催場所は、現在のところ、サンフランシスコ、ロサンゼルス、ロンドン、ニューヨーク。
開催する施設もユニークで、最近ではNYCの老舗デパート、Macy’sで開催されたようです。
そんなところでダンスイベントがあるなんてと期待をいつでも超えてくる本当に楽しいDaybreaker。
開催時期は1年を通して頻繁にあるようなので、ぜひこれらの都市に訪れる予定のある方、滞在されている方はぜひ行ってみてはどうでしょうか。
残念ながら、日本での開催はまだ予定されていないようです。
いかかでしたでしょうか。
普通夜にあるようなイベントを朝にしてしまおうという逆転の発想がなんとも楽しいDaybreaker。
しかも夜の代わりとしてではなく、朝だからこんなに楽しいと思える点もあります。
朝にヨガをしたり、踊ったり、心も体もリフレッシュして「最高な1日のスタート」を切りましょう
photo by iStock