絶景あり!娯楽あり!タイ・ホアヒンで行くべき観光スポット6選

今回ご紹介するのは、タイ中部のプラチュワップキーリーカン県最北の郡にあるホアヒン。旧称「サモーリエン」といい、ホワヒン、フワヒンとも呼ばれています。ちなみに、フワヒンとは「岩の頭」という意味があるそうです。そんなホアヒンは、様々な観光スポットがあるリゾート地なのですが、我々日本人の認知度は低く、あまり知られていない観光地が多くあるんですよ!

タイ・ホアヒンってこんなところ

タイ・ホアヒンってこんなところ






ホアヒンの歴史

ホアヒンの歴史
1834年に、干ばつに苦しんでいたペッチャブリー県の住民が南下してきてホアヒンにサモーリエンを作ったのが「ホアヒン」の始まりだと言われています。

1921年、カムペーンペットアクラヨーティン親王(ブラチャットチャイヤーコーン親王)がフワヒンに鉄道を通すと、ラーマ7世(プラチャーティポック)はここにクライカンウォン宮殿を建設し、ここに滞在することを好んだ。

また、ナレートウォーラリット親王はここにスッカウェート宮殿 (พระตำหนักสุขเวศน์) と呼ばれる宮殿を建設し、そこに隣接するビーチにフワヒンという名を与えた、これがフワヒンの名の起源である。
 wikipediaより

さて、そんなホアヒンのおすすめ観光スポットをご紹介。
メモの用意はよろしいですか?

楽しくお買い物が出来る Cicada Market 

ホアヒンに訪れた観光客の多くが訪れるマーケット。
最も有名なのが「Cicada Market」。
タイならではの美味しいグルメが食べられる屋台をはじめ、雑貨、アクセサリー、衣服など、様々な店舗があり、子どもから大人まで楽しむことが出来ます。

タイのグルメがちょっとづつ味わえる屋台は観光客には嬉しいですね。
気になるものがあったら、どんどん食べてしまいそう!
次のページを読む >>