闇夜に浮かぶ幻想的な青の炎を噴き出す火山『イジェン火山』

世にも不思議な青い炎の噴き出す火山が、インドネシアにあることをご存知ですか?
闇夜に浮かぶ幻想的な青の光は、一体どうやってつくられているのでしょうか。
今回は、そんなインドネシアのイジェン火山についてご紹介いたします。


イジェン火山があるのは、インドネシアの東ジャワ州。
話題となっている青い炎は、夜になるとその本領を発揮し始めます。
どうしてこんなに青く光っているんだろう?と誰もが疑問に思うこの美しい青色の正体は、なんと硫黄。
山のあちらこちらにある割れ目から噴き出した硫黄のガスは非常に高温で、最高600度にもおよぶといわれています。
そんな高温のガスが空気と接触した瞬間、一瞬にして発火、そして燃焼。
青い光は、次々と噴き出す硫黄のガスが燃えている現象の産物なのです。
化学の実験が好きだった方は、硫黄を燃やすと青紫色の炎が出たことを覚えていませんか?
イジェン火山で見ることのできる青く光る噴火は、その現象と同じ原理なのだそうです。

つまり、ここイジェン火山にはおびただしい量の硫黄が存在しているということです。
硫黄は燃焼後冷えると黄色く固まり、あたりには硫黄が燃えた後の卵が腐ったような臭いが充満しています。
硫化水素や二酸化硫黄など人体に有毒なガスもガンガン発生してしまっているため、訪れる際にはガスマスクが欠かせません。
しかし、神秘的な青色の炎に加えて、ターコイズブルーが印象的な美しい火口湖も、訪れる旅行客には人気を博しています。
日本語に訳すと「緑のクレーター」の名を持つイジェン火山の由来は、この火口湖の色からきたともいわれています。
とてもこの世のものとは思えない大迫力の青い炎。
実際に間近で観察できれば、これまでの自分の中の常識や世界観がひっくり返ってしまいそうな気もします。
ひと目見るだけでも訪れる価値ありの名スポットといえるでしょう。
wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
インドネシア

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット