日本から近い旅行先「モンゴル」、大自然が生み出す絶景を見に行こう

今回ご紹介するのは「モンゴル」です。皆さんは、モンゴルと聞くと何を思い浮かべますか?どんな景色を思い浮かべますか?大草原?相撲?遊牧民?正直たいしたものがない?でも、何もない、なんて侮るなかれ!実は、大自然に囲まれたモンゴルの景色は、物凄く綺麗なんです!日本から飛行機で5時間弱で着くモンゴル、香港と同じ程度の距離なのに、なかなか旅行先として選ばれていない印象も。本日はそんなモンゴルの旅行をご紹介します。

モンゴルの首都はどこ?

モンゴルの首都はどこ?
モンゴル国の首都「ウランバートル」は、最も大きい都市です。
また、古くからモンゴル高原を支配している遊牧民の政権が置かれた地域でもあります。
人口は1,314,500人、土地が広い為に、さほど人口密度は高くないと言えます。

ウランバートルは、道路が計画的に造られたうえに広く整備されており、街の中心部の道路は、上空から見ると「差し込む太陽の光とゲル」をデザインした、ちょっとユニークな構成になっているそうです。

「モンゴル」と聞くと、草原を思い出してしまいますが、ここウランバートルは、かなり近代的な街並みが広がっています。
大自然を満喫するとともに、街へ行ってみるのもおすすめです。

モンゴルには多くの絶景が!

モンゴルには多くの絶景が!
大自然の中にテントが並んでいるだけで、なんだかワクワクする風景になりますね。
夕暮れ時の景色だって、こんなに素晴らしい!
放牧された羊がのんびりと過ごしている風景、モンゴルならではの風景です。
時に、遊牧民の子どもが、競馬をしていたり、日本では目にすることのない風景が広がります。






真冬のモンゴル、真っ白な景色が広がります。
雪景色にゲル、なんだかとてもいい感じです。
ちなみに、モンゴルの草原で見かけるこの移動式のテント、モンゴル語では「ゲル」と呼び、中国語では「パオ」と呼ぶそうです。
モンゴルでは、楽しそうに雪と戯れる雪豹の姿も観られるかもしれませんよ!
砂漠、過酷な旅になりそうですが、こんな美しい景色が観られるのなら頑張れる?
次のページでは『戦勝記念碑 ザイサン・トルゴイ』を掲載!
次のページを読む >>