歴史を感じる絶景ばかり!モンゴル世界遺産4選

ユーラシア大陸の内陸部にあり日本との関係も深いモンゴル。この砂漠と大草原に囲まれた国には4つの地域が世界遺産に認定されています。今に至る歴史上、世界最大の帝国(その時代の人口の半分以上!)を築いたモンゴル帝国が産まれたこの地の、スケールの大きな世界遺産を見ていきましょう。


オルホン渓谷文化的景観 2004年 世界文化遺産登録

オルホン渓谷は、モンゴルの首都ウランバートルから西に約360 km、モンゴル中央部のオルホン川両岸に広がっている渓谷です。
先史よりこの地は遊牧民が集まる牧草地帯であり、歴史に名を刻む数々の遊牧民族国家を生み出してきました。

8世紀、突厥のビルゲ・カガンによって建てられた「オルホン碑文」や同時期ウイグル可汗国のオルド・バリクの遺構であるカルバルカス遺跡、モンゴル初の仏教僧院エルデネ・ゾー僧院などの遺跡が有名ですが、チンギス・カンが築いたモンゴル帝国の首都カラコルムの遺跡が最も名が知られていると思います。
200年以上続いている遊牧民の伝統を守るため2004年、世界文化遺産に登録されました。

Orkhon Valleyの住所・アクセスや営業時間など

名称 Orkhon Valley
住所 MN, Mongolei?
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Orkhon_Valley
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Orkhon Valleyのスポットページ

アルタイ山脈の岩絵地群 2011年世界文化遺産登録

アルタイ山脈の岩絵地群は、バヤン・ウルギー県にある3箇所の遺跡が対象となっています。
最も古い壁画は紀元前1万1千年から紀元前6千年頃とされており、青銅器時代初期の気候変動やその後の遊牧生活の様子、森林があったことなどこの地周辺を今に伝える歴史的に貴重な岩絵が多数残されています。

この岩絵の中にはマンモスやヘラジカ、ダチョウなど大型動物、そしてそれらの狩りの様子なども描かれており生態系の変化だけでなくこの地が昔から動物にも好まれた場所でもあったことが分かります。
モンゴルに強大な都市国家が生まれることとなった地理的優位性を感じることが出来るでしょう。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット