大自然の神秘…モンゴルで見れる海、滝、湖、川、渓谷、沼…水にまつわる絶景7選

ロシアと中国の間にあるモンゴル。遊牧民と高原の緑豊かな国というイメージがありませんか?ところが、いまモンゴルでは砂漠化が止まらず、地図上から水がドンドン消えているんです!これからも残っていてほしい絶景をみていきましょう。

歴史の証人『オルホルン渓谷』

歴史の証人『オルホルン渓谷』

image by iStockphoto

首都ウランバートルから南西400㎞の場所にオルホルン渓谷があります。
モンゴルの中央を流れるオルホルン川は、モンゴル2000年の歴史に欠かせない存在だったのでしょうね。
ここにはウイグルやモンゴル帝国の遺跡が多数あり、世界文化遺産に登録されています。

image by iStockphoto

ここはモンゴルで最大の滝です。
最大落差20m…かわいいですね。
日本でモンゴル国の友人ができたら、日本の名瀑巡りに連れて行ってあげると喜ばれるかもしれないですね。

オルホン渓谷の住所・アクセスや営業時間など

名称 オルホン渓谷
住所 モンゴル高原オルホン川の流域
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/1081/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オルホン渓谷のスポットページ

かつては海だった『オブス湖』

かつては海だった『オブス湖』

image by iStockphoto

ロシアとモンゴルの世界遺産ウヴス・ヌール盆地の中にある湖です。
モンゴルで最大の湖で、海水の5倍はあるという塩分濃度の塩湖です。
数千年前には、一帯が海だったというのも納得です。

オブス湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 オブス湖
住所 Mongolia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.geocities.jp/baykal_300/heritage/02.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

オブス湖のスポットページ

青い水という意味の『フブスグル湖』 

青い水という意味の『フブスグル湖』 

image by iStockphoto

モンゴル北西部、東サヤン山脈のふもとにあります。
ここは、200万年以上存続している古代湖。
琵琶湖の4倍ある面積は、海のようですよね。
ここでは釣りも楽しめるんだそうですよ。
釣り好きな方にはピッタリの旅行先ですね。








フブスグル湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 フブスグル湖
住所 Hovsgol province,Mongolia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%96%E3%82%B9%E3%82%B0%E3%83%AB%E6%B9%96
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

フブスグル湖のスポットページ

白い湖という意味の『テルヒーン・ツァガーン湖』 

白い湖という意味の『テルヒーン・ツァガーン湖』 

image by iStockphoto

ウランバートルを西に行くと、ハンガイ山脈に囲まれるようにテルヒーン・ツァガーン湖国立公園があります。
ホルゴ火山の噴火により海抜2060mの場所にできた湖です。
水面に映る空の景色が美しいですね。

テルヒーン・ツァガーン湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 テルヒーン・ツァガーン湖
住所 モンゴル国アルハンガイ県タリャート(Тариат)ソムの中心を流れるソマン(Суман)川の対岸
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/テルヒーン・ツァガーン湖
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テルヒーン・ツァガーン湖のスポットページ

ゴビ砂漠のさまよえる『エレン湖』

ゴビ砂漠のさまよえる『エレン湖』

image by iStockphoto

『さまよえる湖』というのをご存知ですか?昨日あったはずの湖が、今日はそこに無いという現象です。
タクラマカン砂漠のロプノール湖が有名ですが、ゴビ砂漠にも存在します。
もちろん、地図には載っていません。

エレン湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 エレン湖
住所 モンゴル 北西部
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://wondertrip.jp/asia/76965.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

エレン湖のスポットページ

アルタイ山脈がつくる水脈

アルタイ山脈がつくる水脈

image by iStockphoto

ロシア、モンゴル、中国の3カ国にまたがるアルタイ山脈です。
ここに降り積もった雪が山岳氷河となり、湧き水のように流れることによって河川を維持できています。
色々な水の存在によって今ある自然が成り立っているのが分かりますね。
次のページでは『水辺の動物』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握