シンガポールに行ったらやってみたい10の体験

東南アジアにあるシンガポールは治安が良く、美しい街並みやグルメを楽しめる国として人気の旅行先です。今回はシンガポール旅行の際におすすめの10個の体験をご紹介いたします。未来都市と呼ばれるシンガポールを満喫してください!


マーライオンとトリック写真を撮る

マーライオンとトリック写真を撮る

image by iStockphoto / 61945602

シンガポールと言えば、マーライオンを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。
マーライオンは「世界三大がっかり」の1つという不名誉な称号を与えられていますが、シンガポールの中心部、マーライオンパークにあるマーライオンの周りはいつも多くの観光客でにぎわっています。
マーライオンの口から出た水を飲んでいるように見せるトリック写真で友人を驚かせてみてはいかがですか。

マーライオンの住所・アクセスや営業時間など

名称 マーライオン
住所 Fullerton Road, Singapore 049213
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yoursingapore.com/ja_jp/see-do-singapore/recreation-leisure/viewpoints/merlion-park.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マーライオンのスポットページ

マリーナベイサンズでカジノを体験

マリーナベイサンズでカジノを体験

image by iStockphoto / 92648051

マリーナ・ベイサンズはシンガポール中心部にあるマリーナ・ベイに面したホテルです。
マリーナ・ベイサンズには世界最大規模を誇るカジノがあり、22歳以上であれば宿泊者以外も入場料無料でカジノを楽しむことができます。
初心者の方にはルールが簡単で気軽に始めることができるルーレットやバカラがおすすめです。

カジノ入場の際はドレスコードがあるため、サンダルやタンクトップは避けてください。

マリーナベイ・サンズ カジノの住所・アクセスや営業時間など

名称 マリーナベイ・サンズ カジノ
住所 10 Bayfront Avenue Singapore 018970
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 一般旅行者は無料
参考サイト http://jp.marinabaysands.com/casino.html?gclid=CNbi89KCwc8CFZWXvQod3u0OTQ&gclsrc=aw.ds&dclid=CPuLttOCwc8CFcV9vQodKvoKqQ#Jkgcq5eeSLHVWSc5.97
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マリーナベイ・サンズ カジノのスポットページ

シンガポールフライヤーから街を見下ろす

シンガポールフライヤーから街を見下ろす

image by iStockphoto / 44798198

シンガポールフライヤーは2008年に稼働し始めたアジア最大の観覧車であり、高さ165mを誇ります。
シンガポールフライヤーのゴンドラはガラス張りになっており、シンガポールの街から空港やセントーサ島まで360度の景色を眺めることができます。
晴れた日はインドネシアやマレーシアまで見渡すことができ、その絶景に息を飲むでしょう。

昼の景色も素晴らしいですが夜景もロマンチックで人気です。

シンガポール動物園でオラウータンと朝食

シンガポール動物園でオラウータンと朝食

image by iStockphoto / 20319036

シンガポール動物園はシンガポール有数の観光地であり、水路や植え込みで空間を分ける柵がない動物園としても有名です。
シンガポール動物園ではホワイトタイガーなど約270種類の動物を見ることができ、ナイトサファリやアニマルショーも人気を集めています。
園内のレストランには毎朝9時半から10時までオラウータンがやってきて記念撮影を楽しむことができます。

オラウータンとの貴重な体験を満喫してください。


シンガポール植物園の住所・アクセスや営業時間など

名称 シンガポール植物園
住所 1 Cluny Rd, Singapore 259569
営業時間・開場時間 現地時間午前5:00~翌0:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.sbg.org.sg/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シンガポール植物園のスポットページ

植物園で美しい植物と夜景を楽しむ

植物園で美しい植物と夜景を楽しむ

image by iStockphoto / 65047551

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイはマリーナ地区にある近未来型の植物園です。
シンガポール最大の面積を誇るこの植物園には、世界最大規模のラン園や世界各地の植物を見られるフラワードーム、巨大な人口の木スーパーツリーなど見どころがたくさんあります。
昼は植物が美しいですが、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイは夜景の名所としても知られており、スーパーツリーのライトアップは多くの人を楽しませています。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイの住所・アクセスや営業時間など

名称 ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ
住所 18 Marina Gardens Drive
営業時間・開場時間 現地時間9:00~21:00
利用料金や入場料 大人:「28シンガポールドル」 子供:(3~12歳)「15シンガポールドル」
参考サイト http://www.gardensbythebay.com.sg/en.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ガーデンズ・バイ・ザ・ベイのスポットページ

フィッシュヘッドカレーを味わう

フィッシュヘッドカレーを味わう

image by iStockphoto / 25957907

シンガポールには多くのインド人が暮らしており、ヒンドゥー教寺院もあるリトル・インディア地区では本場のインドカレーを味わうことができます。
フィッシュヘッドカレーはシンガポールに住むインド人が作ったカレーであり、その名の通り大きな魚の頭が野菜とともに煮込まれています。
魚から染み出たダシとスパイスが効いたフィッシュヘッドカレーを食べると、シンガポールの中のインド文化を感じられるでしょう。

アラブ・ストリートを散策

アラブ・ストリートを散策

image by iStockphoto / 86094139

シンガポールではアラブ・ストリートの散策もおすすめです。
アラブ・ストリートでは絨毯やスカーフなどアラブ圏で有名なお土産を買うことができるほか、サルタン・モスクでイスラム文化に触れることもできます。
サルタン・モスクは1824年に建設されたシンガポール最古のモスクであり、巨大な金のドームが有名です。

お祈りの時間以外は観光客でも中に入ることができるため、美しい内部の様子を見学してみましょう。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

グルメもフォトジェも観光も全部ギュッと凝縮!今年の女子旅はベトナムホーチミンに決定
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選