アジアの熱気を感じる旅!バングラデシュ「ダッカ」で見たい景観ランキング

バングラディシュの首都ダッカ。世界で7番目に人口が多い国です。活気があって賑やかな街の雰囲気は、また日本とは異なる、非日常の世界を感じられるところがとても魅力的なところでしょう。ダッカ市内でも、大都会の雰囲気を醸し出している地域、ビジネス街、昔からのダッカを味わえる市街などそれぞれ違った顔を持っている都市でもあります。今回はここダッカでみたい景観をご紹介します。いろいろな顔を持つダッカの魅力をご覧ください。

景観その1 ダッカ市内の様子

景観その1 ダッカ市内の様子

image by iStockphoto / 53907048

ここがダッカの市内です。
驚くほど本当にたくさんの人が行き交っています。
賑やかなようすが伝わってきて、人口密度が高いというのもうなずけます。
車や、自転車、そしてここでは、人力車にのって移動することもできて、観光客には特に人気です。
ここに来たら是非乗ってみましょう。
とにかく人がいっぱいで、一日中交通渋滞の街なので、ゆっくりと時間に余裕をもって観光するのが良いようです。
時間に追われない、のんびりとしたひと時を、旅をしながら味わいましょう。

ダッカの住所・アクセスや営業時間など

名称ダッカ
名称(英語) Dhaka
住所Dhaka,Bangladesh
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://dhakacity.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダッカのスポットページ

景観その2 アーサンモンジールのピンクの建物

景観その2 アーサンモンジールのピンクの建物

image by iStockphoto / 52579330

まずは旧市街の景観からご紹介しましょう。
すべてピンクの建物、アーサンモンジール鮮やかな色使いが目を引きますね。
この建物はダッカの領主、ナワブ家の住宅として立てられました。
この色から「ピンクパレス」とも呼ばれています。
鮮やかな色が目を引きます。
中は博物館になっていて、当時の生活の様子などを見学することができます。

ピンクパレスの住所・アクセスや営業時間など

名称ピンクパレス
名称(英語)Ahsan Manzil Museum
住所Old City, Dhaka City, Bangladesh
営業時間・開場時間10:30-17:30
利用料金や入場料20タカ
参考サイトhttp://expeditionbd.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ピンクパレスのスポットページ

景観その3 ブリコン川の流れ

景観その3 ブリコン川の流れ

image by iStockphoto / 53905618

バングラディシュは川の街で、水運の都市として発達してきました。
決して綺麗な川とはいえませんが、ここがダッカ市民の生活の一部となっている場所の一つということを、この景観を見て知ることができます。
ダッカ市民の生活の営みを見るのにこの川は欠かせません。
小舟に乗ってみることもできます。
ゆっくりと進む小舟に乗って、そこから目に入ってくる光景をぼんやりと眺めてみるのもいいですね。

ブリゴンガ川の住所・アクセスや営業時間など

名称ブリゴンガ川
名称(英語)Brgonga river
住所Buriganga Riverfront, Dhaka City, Bangladesh
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://bangladesh.ikoh.jp/dhaka/olddhaka.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブリゴンガ川のスポットページ

景観その4 ラルバークフォートの美しい宮殿

景観その4 ラルバークフォートの美しい宮殿

image by iStockphoto / 80393903

ここラルバークフォートは、ムガール帝国時代の宮殿です。
建物の中は博物館になっていて、調度品の数々、浴場、コレクションなどが展示されていて、当時の繁栄の様子を見ることができます。
そして建物以外にも、美しい庭園など綺麗な場所があります。
観光客だけでなく、地元の人も訪れる人気の観光スポットです。


ラルバークフォートの住所・アクセスや営業時間など

名称ラルバークフォート
名称(英語)Lalbarg Fort.
住所Lalbagh, Dhaka, Bangladesh
営業時間・開場時間10:00-13:00 13:00-18:00
利用料金や入場料SAARC加盟国以外からの観光客は200タカ
参考サイトhttp://nijhoom.com/history-lalbagh-fort/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ラルバークフォートのスポットページ

ラルバークフォートの庭園でおさんぽ

ラルバークフォートの庭園でおさんぽ

image by iStockphoto / 89702789

建物を全体的に見るとこんな感じです。
広く美しい庭園が広がっています。
穏やかで静かな雰囲気が伝わってきます。
ヨーロッパにあるお城のようですね。
市街地のあの雑然とした交通渋滞の様子を忘れてしまいそうな静けさです。

ラルバーグフォートの住所・アクセスや営業時間など

名称ラルバーグフォート
名称(英語)lalbagh fort
住所Lalbagh, Dhaka, Bangladesh
営業時間・開場時間10:00~13:00&13:30~18:00
利用料金や入場料10:00~13:00&13:30~18:00
参考サイトhttp://nijhoom.com/history-lalbagh-fort/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ラルバーグフォートのスポットページ

景観その5 グルシャンはダッカのビシネスリア

景観その5 グルシャンはダッカのビシネスリア

image by iStockphoto / 52783278

グルシャンには大使館や、外資系企業が集まっていて、ダッカのビシネスエリアです。
ここには、高級レストラン、ショッピングモールなどが集まっていて、とても都会的な雰囲気です。
現地の外国人にとってもここはとても便利なエリアなので、ここに住んでいる人が多いようです。
お土産を買ったり、ショッピングを楽しむならここがオススメです。
ダッカのトレンドが見れそうです。

グルシャンの住所・アクセスや営業時間など

名称グルシャン
名称(英語)Gulshan
住所Gulshan, ダッカ バングラデシュ
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://bangladesh.ikoh.jp/dhaka/gulshan.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グルシャンのスポットページ

景観その6 カルワンバザールの活気ある市場を見学

景観その6 カルワンバザールの活気ある市場を見学

image by iStockphoto / 85117499

ダッカで最も大きな市場です。
ここには野菜だけでなく、フルーツ、スパイス、パン、魚など、バングラディシュはの人にとて欠かせない食材の宝庫です。
活気が伝わってきます。
旅に出たら、その土地の食生活、地域の特産物を見てまわるのも一つの楽しみですね。
ここで色鮮やかに並べられた食材を見て、生活の息吹を感じてみましょう。

demi

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アジア
建築
絶景
自然・絶景

関連記事を見る

アジアの記事を見る

世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選