インド「カンニヤークマリ(コモリン岬)」で見たい景観ランキング

インドは好きな方には、とても不思議な魅力のあるところで、訪れるたくさんの人を魅了する国です。中でもインド最南端にあるカンニヤークマリに位置するコモリン岬は、多くの巡礼者が訪れる聖地としてとても有名な場所です。そして、ここでは世界でも最も美しい日の出と夕日が見れる場所としても知られていて、たくさんの観光客がこれを目当てに訪れています。今回はここの美しい景観をご覧いただきます。

まずは市内の様子から、カンニヤークマリをチェックしてみる

まずは市内の様子から、カンニヤークマリをチェックしてみる

image by iStockphoto / 96034707

ここカンニヤークマリはインド国内でもとても人気のある観光地で、寺院の周りには常にたくさんの人が訪れていて、とても賑やかで活気があります。
そして、街の中心地に行くと、ホテルやお土産屋が立ち並んでいてとても活気があります。
でも全体的にとてものんびりとしていて田舎町のような雰囲気ですね。

世界の絶景日の入りスポットの日の入りの様子

世界の絶景日の入りスポットの日の入りの様子

image by iStockphoto / 57655108

とっても美しいですね。
少しづつ太陽が昇ってきて光が射していく光景はすばらしいです。
この絶景を見るために、毎日、朝日、夕日を見にたくさんの人がここを訪れるのもわかるような気がします。
旅行好きの方ならいろいろな土地での絶景サンセットやサンライズを見てきていると思いますが、ここも絶景に選べれるだけあって本当に美しいです。

日の出、神々しい光が差して、一日の始まりを告げる様子

日の出、神々しい光が差して、一日の始まりを告げる様子

image by iStockphoto / 28155056

ティルヴァッルヴァルの像が太陽に照らされて、一層神々しさを増しています。
思わず、手を合わせたくなります。
ここはまさに朝日を見るベストスポットではないでしょうか?

ティルヴァッルヴァル像の住所・アクセスや営業時間など

名称 ティルヴァッルヴァル像
名称(英語) Thiruvalluvar Statue
住所 Kanyakumari, India
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.tamilnadutourism.org/places/citiestowns/valluvar.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ティルヴァッルヴァル像のスポットページ

ヴィヴェーカーナンダ・ロックとティルヴァッルヴァルの像を尋ねる

ヴィヴェーカーナンダ・ロックとティルヴァッルヴァルの像を尋ねる

image by iStockphoto / 370802

ヴィヴェーカーナンダ・ロックとティルヴァッルヴァルの像へはボートで向かいます。
20分ほどで着きます。
ここは9世紀末のヒンズー教の宗教改革者ヴィヴェーカーナンダが訪れたことで有名な場所です。
ヒンズー教徒にとって聖地のようなところのようです。
それゆえに今も多くの人がこの記念堂を訪れています。







ライトアップされたティルヴァッルヴァルの像も美しい

ライトアップされたティルヴァッルヴァルの像も美しい

image by iStockphoto / 66658345

夜、ライトアッップされている光景もとても綺麗ですね。
日の出、夕日とこの光景を見れたらラッキーですね。
または夕日を逃してしまってもこの神々しい様子を見れば満足かもしれません。

ここでは沐浴、海水浴を楽しむ地元の住民も

ここでは沐浴、海水浴を楽しむ地元の住民も

image by iStockphoto / 90758367

沐浴する人、海水浴を楽しむ人々の光景。
ほとんどが地元の人のようです。
その向こうにはタミルの詩人の像と、ヒンドゥー教の宗教改革者ヴィヴェーカーナンダの記念館が建てられた岩が見えますね。
この岬は、インド亜大陸の最南端であり、アラビア海・インド洋・ベンガル湾の3つの海が出会う所でもあります。
インドで唯一、太陽が海から昇り、海へ沈んでいきます。
沐浴するかどうかは別として、とても神秘的で特別な場所であるのがわかるような気がします。
神聖な場所ですね。

印象的な形の記念堂

印象的な形の記念堂

image by iStockphoto / 57655968

これが、ティルヴァッルヴァルの像の隣にある記念堂です。
ドーム型の赤茶の屋根が 印象的です。
ティルヴァッルヴァルが、ここで瞑想していたということです。
今は観光客がたくさん訪れ、島は大変賑やかですが、その当時は、ひっそりと静まり返って、波の音、風の音だけが鳴り響くような光景だったのでしょう。
変わらないのはきっと毎日顔を出しては消えるのを繰り返す太陽の美しい光だけかもしれません。
次のページでは『ラーマナータスワミ寺院の美しい佇まい』を掲載!
次のページを読む >>