タイ・チェンマイの観光なら絶対行きたい見どころ・スポットまとめ

次の大型連休や旅行の機会がある方、行き先は決まっていますか?行き先が決まっている方も、そうでは無い方も。美しい景観とともにお届けする各スポットの「見どころ」をお楽しみください。タイ・チェンマイの観光スポットを、絶景写真と共に10つお届けします。

まるで神様の住まう宮殿のよう

まるで神様の住まう宮殿のよう

image by iStockphoto / 78711259

タイの北部に位置するムアンチエンマイ郡、通称チェンマイ。
古の王国の首都として作られたと言われています。
写真の建物は植物園なんだそうです。
きれいに整備された木々の姿、泉に鏡のように映し出された美しい光景に、静かに浮かぶ蓮の葉と花、建物の豪華絢爛さはまるで神様が住まう宮殿のような神々しさを感じます。
チェンマイには歴史的な建物の他にも豊かな自然がたくさん残されており、観光客を楽しませてくれます。
見所満載のスポットですよ。

命の輝き、緑色が目に眩しい茶畑

命の輝き、緑色が目に眩しい茶畑

image by iStockphoto / 71880519

山々に守られるように存在している広大な茶畑は壮大、そして壮観です。
タイのお茶には我々日本人もよくお世話になっていますよね。
生命の形が色濃く映し出されたような鮮やかな緑色には目を奪われるもの。
太陽の光に照らし出された木々や葉は、エメラルドの宝石のように燦々と輝いています。
遠くに霞む山々も自然の豊かさが伺えるものですね。
このような大地の恩恵を存分に受けたお茶から、私達は生命のおすそ分けをしてもらっているんですね。

日本の神社のよう

日本の神社のよう

image by iStockphoto / 28597926

神社のお社のようなこちらの建物はワット・プラシン=ウォーラマハーウィハーンと呼ばれるイェン枚の寺院の一つ。
その昔の王族が、自身の父親の骨を埋葬するために作らせたと言われています。
その後に、獅子の仏、という位のシヒン仏をお祭りするようになったことから、ワット・プラシン、獅子の寺と呼ばれるようになったんだそう。
日本の神社と似ている雰囲気なので、なんだか親近感が湧いてきますよね。
もう一つの世界を表すかのような、水鏡に映し出された建物の姿も美しいです。

ワット・プラシンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット・プラシン
名称(英語) Wat Phra Singh
住所 Mueang Chiang Mai District, 50200, Thailand
営業時間・開場時間 現地時間5:00-20:30
利用料金や入場料 無料 (本殿20バーツ)
参考サイト http://www.thailandtravel.or.jp/detail/sightseeing/?no=52
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワット・プラシンのスポットページ

白と黄金が基調とされた美しい建物

白と黄金が基調とされた美しい建物

image by iStockphoto / 88684301

白と黄金色の組み合わせは、最も神々しく感じさせられる配色。
真っ白な壁に、太陽のような輝きを持つ黄金色の屋根を持つ建物は古代の高貴な人々、または神様を祀り上げていた神聖な場所のように感じられますね。
バンコクに次いでタイの第二の都市とも言われているチェンマイは、その昔も文化と経済の中心地であったと言われています。
現在でもその奇跡が数多く残されていることでも有名。
時間をかけて、ゆったりと観光してみてはいかがでしょうか。








カラフルなランタンが美しいランタン祭り

カラフルなランタンが美しいランタン祭り

image by iStockphoto / 26718300

原色が美しく輝くランタン祭り。
街のいたるところに赤、黄色、緑、青といった主張の強い色合いの光が灯され、あたりを賑やかに彩ってくれています。
こういった配色はアジアならではの美しさがありますよね。
夜の闇の中で光り輝く色とりどりの光は沈んだ心もワクワクと上向きな気持ちにさせてくれます。
美味しいものもたくさん、屋台での食べ歩きも楽しむことができますよ。
チェンマイならではの郷土料理も楽しむことができるので、心の赴くままに探索してみては。

立派な庭園と、そびえ立つ仏塔

立派な庭園と、そびえ立つ仏塔

image by iStockphoto / 91443483

鮮やかなピンク色が美しいお庭に、静かにそびえ立つ二つの仏塔。
仏塔とはその名の通り仏様を祀っている塔のこと。
古くはお釈迦様の遺体や遺骨、そのかわりになるものを安置していた塔なんだとか。
神秘さと荘厳さを兼ね備えた仏塔はみるものの心を穏やかにしてくれるものの、その厳かな雰囲気からどこか緊張させられる空気感を持っています。
美しい庭園に守られたこちらの二つの塔は、遠くに見える空と雲の景色も相まって、まるで極楽浄土の血のようですね。

美しい日没

美しい日没

image by iStockphoto / 82560893

山々を照らし上げながら、静かに今日の終りを告げるべく地平の彼方へ沈む太陽。
昼間の太陽の輝きとはまた違った力強さに溢れた橙色の光に照らし出され、周囲の雄大な山々もその雄々しさをより一層引き出されていますね。
遠くに見える山の影がかすみ、雲海が広がっているようにも感じられます。
壮大な大自然が見せてくれる力強く広大な姿、山登りはなかなか体力を消耗しますが、頂上でこの光景が見れるのなら、頑張りがいがあるのでは。
次のページでは『夢のような幻想的な光景、コムローイ祭り』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握