ラオス観光なら次はここ!「ヴィエンチャン」で見た絶景7選

東南アジア内陸に位置する穏やかな仏教国ラオス。農村が広がるラオスにおいて首都ヴィエンチャンは政治・経済の中心地であるだけでなく、仏教国ならではの多くの仏教建築を見ることができます。18世紀以降、フランスや日本の統治下に置かれるなど国土が荒れる時代を乗り越えて今に多くの歴史的絶景を残すヴィエンチャンの見所をご紹介していきます。


ラオスの凱旋門

ラオスの凱旋門

image by iStockphoto / 71220321

ベトナム戦争に端を発したラオス内戦、フランス統治下にありながら近隣含む諸外国の介入によりヴィエンチャンの街は荒廃してしまいました。
1962年、内戦が終結しその記念として建設されたのがアヌサーワリー・パトゥーサイ(勝利の記念碑)でした。
内戦後の財政難により未完成ではありますが、登ることのできる上部からはヴィエンチャンの街並みを一望することができます。

バトゥーサイの住所・アクセスや営業時間など

名称 バトゥーサイ
名称(英語) Patousay
住所 Lane Xang Ave
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 3000キップ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%8C%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%91%E3%83%88%E3%82%A5%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%A4
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バトゥーサイのスポットページ

国章に描かれる仏塔

国章に描かれる仏塔

image by iStockphoto / 86877829

内部に入ることを許されておらず、ブッダの遺物が隠されているとも言われているヴィエンチャンの名所タート・ルアン。
その姿はラオスの国章にも描かれているほどラオスでは有名です。
毎年11月には1週間にも及ぶ大規模なお祭りが行われており、夜にはライトアップされることもありこの期間は多くの参拝客で賑わっています。

image by iStockphoto / 459392

タート ルアン の住所・アクセスや営業時間など

名称 タート ルアン
名称(英語) That Luang
住所 That Luang Road
営業時間・開場時間 8:00-12:00、13:00-16:00
利用料金や入場料 5000キップ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%82%A2%E3%83%B3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タート ルアン のスポットページ

黄金の涅槃仏

黄金の涅槃仏

image by iStockphoto / 78410873

タート・ルアンのすぐ隣り、南寺院の境内には金色に輝く巨大な仏様が右手を頬に当てながら横たわっています。
そのお顔はとても穏やかでこちらまで心安らぐ気分になってしまうことでしょう。
黄金色が印象的なタートルアンに隣接していることもあり涅槃仏だけでなく台座や周囲の装飾にも金が多く使われておりなんとも贅沢な風景が広がっています。


ヴィエンチャンで最も古い寺院

ヴィエンチャンで最も古い寺院

image by iStockphoto / 92881487

18世紀以降、様々な争いにより荒廃してきたヴィエンチャンにおいてワット・シーサケットは建設当時の姿を今にとどめる貴重な寺院となっています。
この地に寺院が建立されたのが1551年、そしていまに残る建物は1818年に建てられたものと言われています。
本堂内には2000体をも超える仏像が供えられておりその並んだ絶景は圧巻です。

image by iStockphoto / 33234934

ワット シーサケットの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワット シーサケット
名称(英語) Wat See Sa Ket
住所 Ave Lane Xang、Vientiane
営業時間・開場時間 8:00-12:00、13:00-16:00
利用料金や入場料 5000キップ
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AF%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B5%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワット シーサケットのスポットページ

多くの仏陀が鎮座する公園

多くの仏陀が鎮座する公園

image by iStockphoto / 17559574

ワットシェンクアンは通称ブッダパークと呼ばれています。
公園内には様々な形の仏陀の石像が立ち並び、なんとも奇妙な光景が広がっています。
仏像の定番、涅槃仏はもちろん大きく口を開け仏様とは思えない怖い顔をしたもの、そして踊りに興じる仏陀など作られた意図がわかりにくい物も数多く見ることができます。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
【台湾の温泉5選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握