シンガポール旅行で必ず訪れたい「リトル・インディア」見どころ・観光情報まとめ

食べる・観光する・遊ぶと多彩な魅力溢れる国、シンガポール。多民族国家として知られ、色々な国の文化に触れることが出来るのもシンガポールの魅力のひとつです。今回は、インド人街「リトル・インディア」をご紹介します。美味しいインド料理に舌鼓を打ったり、インドならではのエキゾチックなアクセサリーやサリーが並ぶ小さなお店など、まさにインド独特の雰囲気を味わうことができます。近代的なマリーナ近辺とは雰囲気が全く違う、インド人の生活感あふれる町並みを体験してください。

「リトル・インディア」とは?

「リトル・インディア」とは?

image by iStockphoto / 91204025

「リトル・インディア」は、オーチャードから大統領官邸を挟んだ東側に位置してるインド人街です。
まっすぐに伸びるセラングーン・ロードを中心に広がっています。
主にインド南部から移住した人が築いた街で、通りを歩くと、民族衣装サリーを妖美にまとった女性の姿やタミール語が聞こえてきます。
また、スパイスの香りがふわりと漂ってきて、インドそのもの!

リトル・インディアの住所・アクセスや営業時間など

名称リトル・インディア
名称(英語)Little India
住所Serangoon Road, Singapore, Singapore
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.littleindia.com.sg
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

リトル・インディアのスポットページ

極彩色豊かな「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」

極彩色豊かな「スリ・ヴィラマカリアマン寺院」

image by iStockphoto / 66039493

「リトル・インディア」の中心を通るセラングーン・ロードの商店街の一角に建つ、ヒンドゥー寺院です。
ゴープラムと呼ばれる門の上には、インド神話の神々の彫刻が極彩色豊かに彫られています。
破滅を象徴するという女神カーリーを祀っている寺院です。
悪鬼を滅ぼす程の強さが信仰の対象となっていて、連日多くのヒンドウー教徒が祈りを捧げにこの寺院を訪れます。
無料で拝観できますが、神聖な場所なので信者の方のお祈りを妨げないよう注意を払うことをお忘れなく。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称スリ・ヴィラマカリアマン寺院
名称(英語)Sri Veeramakaliamman Temple
住所141 Serangoon Rd, Singapore 218042, Singapore
営業時間・開場時間5:30-12:15 16:00-21:00
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.sriveeramakaliamman.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スリ・ヴィラマカリアマン寺院のスポットページ

お土産物に困ったら「ムスタファセンター」へ

お土産物に困ったら「ムスタファセンター」へ

image by iStockphoto / 55551478

ファラーパークにある、24時間営業の巨大なショッピングセンターです。
安さと品揃えが自慢の「ムスタファセンター」には、食料品はもちろん、洋服、玩具や雑貨、ジュエリー、電化製品など様々なものが揃います。
両替所、薬局もあるので、観光客も多く訪れます。
所狭しと並ぶ商品を宝探しの気分で見て回るだけでも十分楽しいです。
MRTファラー・パーク駅からすぐの場所にあるので、アクセスしやすいのも魅力です。

ムスタファセンターの住所・アクセスや営業時間など

名称ムスタファセンター
名称(英語)Mustafa Centre
住所145 Syed Alwi Road Mustafa Centre, Singapore 207704, Singapore
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.mustafa.com.sg/mmsnew/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムスタファセンターのスポットページ

インドの日常が垣間見られる「テッカ・センター」

インドの日常が垣間見られる「テッカ・センター」

image by iStockphoto / 106708961

オレンジ色の2階建ての建物が「テッカ・センター」です。
最寄駅MRTリトルインディア駅から徒歩で5分ほどで到着します。
1階は食料品とホーカーズ、2階は衣料品が売られています。
ヨガのウエアを探している方はここを訪れると良いでしょう。
また、ホーカーズは日本でいうフードコートのような場所で、美味しいインド料理を手軽に楽しむことができます。


テッカ・センターの住所・アクセスや営業時間など

名称テッカ・センター
名称(英語)Tekka Centre
住所665 Serangoon Road
営業時間・開場時間店舗による
利用料金や入場料店舗による
参考サイトhttp://singapore.navi.com/shop/22/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

テッカ・センターのスポットページ

色彩鮮やかな建物が並ぶ「ケルバウ・ロード」

色彩鮮やかな建物が並ぶ「ケルバウ・ロード」

image by iStockphoto / 57190976

カラフルな建物が数十メートルにわたり並んでいます。
極彩色で彩られたこの目を引く建物は、レストランやカフェ、また医薬品やインド雑貨を販売する商店として実際に使われています。
この「ケルバウ・ロード」は、テッカ・センターから北へ1ブロック進んだ近い場所にあり、はしごして買い物することも可能です。

カラバオ・ロードの住所・アクセスや営業時間など

名称カラバオ・ロード
名称(英語)Kerbau Road
住所Kerbau Rd,Singapore
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://singapore.navi.com/miru/111/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カラバオ・ロードのスポットページ

名物「フィッシュヘッドカレー」

名物「フィッシュヘッドカレー」

image by iStockphoto / 61550540

「リトル・インディア」の名物の一つにフィッシュヘッドカレーがあります。
カレーの中にどん!と大きな魚の頭がそのまま入っていて、迫力満点です。
本場インドにはなく、ここ「リトル・インディア」でしか食べることができません。
辛さもきつくないので、是非挑戦してみてください。
スプーンも置いてありますが、右手の手指を使って現地の人と同じように食べてみるのも旅の思い出の一つになるでしょう。

ムトゥースカリーの住所・アクセスや営業時間など

名称ムトゥースカリー
名称(英語)Muthu’s Curry
住所138 Race Course Road #01-01 Singapore
営業時間・開場時間10:00-22:00
利用料金や入場料メニューによる
参考サイトhttp://www.muthuscurry.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ムトゥースカリーのスポットページ

人気のインドコスメ「アーユルベーダ石鹸」

人気のインドコスメ「アーユルベーダ石鹸」

image by iStockphoto / 74942429

インド伝承医学のアーユルベーダをベースにした石鹸は、「リトル・インディア」に来たら必ず手にして帰って欲しいアイテムです。
インド漢方が配合されており、肌のバランスをサポートするということで世界中の女性から今注目を集めています。
たくさんの種類があるので、パッケージを眺めるだけでも楽しくるはず。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【マカオの歴史】ヨーロピアンな香り漂うマカオの歴史は、やっぱり摩訶不思議!
アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】
【タイの世界遺産】歴史的遺跡の数々が残された遺産を全部解説!
【今流行りのマレーシア留学】費用で決める留学の渡航先
台湾留学入門!台湾で学ぶ英語・中国語は?費用は?勉強できそう?
日中戦争へのきっかけとなった「盧溝橋事件」前後の出来事とは?
【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介
乱世の奸雄と呼ばれた「曹操孟徳」(曹操/そうそう)とは?