スリランカ旅行なら「聖地ポロンナルワ」は外せない!観光情報まとめ

ポロンナルワは10~12世紀にシンハラ王朝の首都があった場所です。全盛期には、タイやビルマから僧が訪れるほど仏教都市として繁栄していました。また、12世紀にパラークラマ・バーフ1世はパラークラマ・サムドラと呼ばれる巨大な人口の貯水池を造り、今も人々の生活に欠かせないものとして利用されています。

ポロンナルワ最大のダーガバ ランコトゥ・ヴィハーラ

ポロンナルワ最大のダーガバ ランコトゥ・ヴィハーラ

image by iStockphoto / 87018891

12世紀に建てられたダーガバ(スリランカにおける、仏陀の遺骨をまつる仏塔)です。
高さ55m、直径55mで、周囲には仏像が納められた堂が複数あり、今も地元の人々が参拝に訪れています。
ランコトゥ・ビハーラは金の尖塔を意味し、かつては尖塔の部分が金で覆われていたといわれています。

ランコトゥ・ヴィハーラの住所・アクセスや営業時間など

名称 ランコトゥ・ヴィハーラ
名称(英語) Rankoth Vehera
住所 Polonnaruwa, Polonnaruwa 51000, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://worldstamp.hatenablog.com/entry/polonnaruwa
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ランコトゥ・ヴィハーラのスポットページ

一枚岩に彫られた石像 ガル・ヴィハーラ

一枚岩に彫られた石像 ガル・ヴィハーラ

image by iStockphoto / 84010895

ハスの台座の上で腕を交差している立像は、人生の辛さを哀れんでいる悟りを開いた仏陀とされていますが、仏陀が涅槃に入ったことで悲しみに暮れている一番弟子のアーナンダの姿だという説もあります。
なだらかな身体を横たえている涅槃物は、仏陀が涅槃に入ろうとしている姿です。

ガル・ヴィハーラの住所・アクセスや営業時間など

名称 ガル・ヴィハーラ
名称(英語) Gal Vihara
住所 Polonnaruwa 51000, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.srilankandriversguides.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ガル・ヴィハーラのスポットページ

仏歯を奉納していた アタダーゲ

仏歯を奉納していた アタダーゲ

image by iStockphoto / 72554395

11世紀に、仏歯寺(仏陀の歯が納められている寺)として建てられました。
ここには元々、3体の仏像が置かれていましたが、残っているのは1体のみです。
アタダーゲは8つの遺宝という意味で、仏歯を含む8つの遺宝を納めていたためとも、8日で完成したためともいわれています。
54の石柱で支えられた木造の2階部分は無くなっています。

アタダーゲの住所・アクセスや営業時間など

名称 アタダーゲ
名称(英語) Atadage
住所 Polonnaruwa, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://amazinglanka.com/wp/atadage/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アタダーゲのスポットページ

円形の仏塔 ワタダーゲ

円形の仏塔 ワタダーゲ

image by iStockphoto / 84008547

四方の入り口には、それぞれ、ムーン・ストーンとガード・ストーンがあります。
かつて、ワタダーゲを参拝した人々は、このムーン・ストーンの上で足を洗ってから仏塔内に入っていました。
ムーン・ストーンは仏教でいう輪廻を表すもので、ガード・ストーンは、入り口から悪魔が入るのを防ぐために建てられます。








ワタダーゲの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワタダーゲ
名称(英語) Vatadage
住所 Polonnaruwa, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://tourism-srilanka.net/destinations/quadrangle-polonnaruwa/203_photo_vatadage/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワタダーゲのスポットページ

ワタダーゲにある ムーン・ストーン

ワタダーゲにある ムーン・ストーン

image by iStockphoto / 58045064

アヌラーダプラにもムーン・ストーンがありますが、アヌラーダプラのムーン・ストーンに描かれている死を象徴するという意味の牡牛の姿が、ワタダーゲのムーン・ストーンにはありません。
これは、ポロンナルワの時代にはすでにヒンドゥー教がインドより伝わっており、牛はヒンドゥー教の神のひとつであるため、ムーン・ストーンから外されたと考えられます。

ワタダーゲの住所・アクセスや営業時間など

名称 ワタダーゲ
名称(英語) Vatadage
住所 Polonnaruwa, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://tourism-srilanka.net/destinations/quadrangle-polonnaruwa/203_photo_vatadage/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワタダーゲのスポットページ

碑文が残っている ハタダーゲ

碑文が残っている ハタダーゲ

image by iStockphoto / 34210036

ワタダーゲの向かいにある仏歯寺です。
門を入ると、右側の壁に威厳に満ちた雰囲気のサンスクリット文字で書かれた碑文が残っています。
これは、ニッサンカ・マーラ王を称える言葉です(ニッサンカ・マーラ王は、南インド出身でパラークラマ・バーフ1世の次に王位を継ぎました)。
碑文の周りには、ダンサーと音楽家たちの彫刻があります。

ハタダーゲの住所・アクセスや営業時間など

名称 ハタダーゲ
名称(英語) Hatadage
住所 Polonnaruwa, Sri Lanka
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://tourism-srilanka.net/destinations/quadrangle-polonnaruwa/203_photo_hatadage/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハタダーゲのスポットページ

石の本 ガルポタ

石の本 ガルポタ

image by iStockphoto / 28828218

ハタダーゲの東側にある本の形をした石碑です。
長さ約9m、幅1.5m、篤さ44~46cmという大きな石は、ニッサンカ・マーラ王の命で、約100kmも離れたミヒンタレーから運ばれ文字が彫られました。
碑文は、インドの侵略者のことや、周りの小国との関係、ニッサンカ・マーラ王への称賛の言葉が掘られています。
次のページでは『7階建ての塔 サトゥマハル・プラサーダ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握