トライベッカ観光でニューヨークを100%楽しもう!治安は?おすすめレストラン・バーは?

トライベッカはロウアーマンハッタン(マンハッタン島の最南端に位置する地区)にあり、スタイリッシュでとても芸術的な街として知られています。トライベッカという地名はTriangle Below Canal(キャナルストリートの下の三角地帯)の文字をとってつけられました。元々は倉庫街で、何もないようなところでしたが、アーティストがここに移り始めてから、次第におしゃれなエリアとして注目されるようになってきました。歩いているだけで刺激を受ける街、トライベッカをご案内いたします。

トライベッカを散策して見ましょう

トライベッカを散策して見ましょう

image by iStockphoto / 77266347

今ではニューヨークの中でもトップクラスの高級住宅地となったトライベッカ。
マンハッタンに位置しながら、不思議と穏やかな雰囲気を感じるエリアです。
ストリートを歩けば、おしゃれな雑貨屋さんや、ギャラリーが点在し、見ているだけで芸術思考が刺激されるような街並みです。

ここが以前は倉庫街だったなんて想像ができないほど。
アーティストが集まる街としてソーホーもよく知られていますが、ソーホーの地価の高騰により、多くのアーティストたちがここトライベッカに移り住んできたのがこの街の始まりです。
(しかしここも高級住宅街が並ぶ高級住宅地と変化してきたので、現在はブルックリンに移りつつあるとまで言われています)

開発が進むと、進化してより良くなることは嬉しいですが、一方でこのようなことにもなっています。
でもトライベッカは今なおそのスタイリッシュで閑静な住みやすくもあり、ニューヨーカーや世界中に芸術を発信している街であることは変わりありません。
トライベッカへ行くには、地下鉄1線、フランクリンストリート駅で降りるといいでしょう。

トライベッカの住所・アクセスや営業時間など

名称 トライベッカ
名称(英語) Tribeca
住所 アメリカ、ニューヨーク、マンハッタン
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/トライベッカ_(マンハッタン)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トライベッカのスポットページ

景色も美しいエリアがたくさんあるトライベッカ

景色も美しいエリアがたくさんあるトライベッカ

image by iStockphoto / 54801900

西の端はハドソン川という立地のトライベッカ。
ハドソン川はグリニッギストリートからすぐそこです。
ちょっとお散歩しながら足をのばしてみるとこんな風景が目に入ってきます。
このハドソン川沿いは、地元の人のいいお散歩コースになっていて、ジョッギングをする人、犬のお散歩をする人などリラックスしに、あるいはアクティブに活動しにやってきます。

週末も子供達でいっぱいです。
はニュージャージー側の景色や、ワールドトレードセンター跡地も見える、のんびりするにはいい景色が広がっています。
夕暮れ時もとても素敵です。

ハドソン川の住所・アクセスや営業時間など

名称 ハドソン川
名称(英語) Hudson River
住所 アメリカ、ニューヨーク州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ハドソン川
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハドソン川のスポットページ

素敵な街並みのグリニッジストリートでお散歩

素敵な街並みのグリニッジストリートでお散歩

image by iStockphoto / 32709538

グリニッジストリートには、おしゃれなカフェやレストランがたくさん並んでいます。
このエリアにはロバートデニーロが共同経営者として話題になっているレストラン、トライベッカ・グリルがあります。
そのほかおすすめグルメスポットがたくさんです。
この辺でお散歩しながら、ランチをするのもいいですね。

素敵なお店がたくさんで、夏にはオープンカフェになっているところもありとても開放的です。
そして、意外と静かで落ち着いた雰囲気はトライベッカ全体に感じられる印象かと思います。
トライベッカにも、ワシントンマーケットパークという公園があり、毎週土曜日にグリーンマーケットが行われています。
公園まで歩いてみるとしましょう。

グリニッジストリートの住所・アクセスや営業時間など

名称 グリニッジストリート
名称(英語) Greenwich Street
住所 アメリカ、ニューヨーク市マンハッタン区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/グリニッジ・ストリート
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

グリニッジストリートのスポットページ

ワシントンマーケット公園のグリーンマーケットに行ってみる

ワシントンマーケット公園のグリーンマーケットに行ってみる

image by iStockphoto / 93941193

ニューヨークには大小様々な公園があるということを、マンハッタンを散策していると感じると思います。
ここワシントンマーケット公園は緑豊かで、よく手入れされた木々やたくさんの花を見ることができます。
地元の人の憩いの場のような場所です。

そしてここで毎週土曜日に行われているグリーンマーケットでは、色鮮やかな野菜やフルーツ、植物などが売られています。
色美しい、綺麗に並べられた野菜たちを見ているだけでも楽しくなります。
トライベッカのお散歩コースに、そして休憩場所としてオススメです。








ワシントンマーケット公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 ワシントンマーケット公園
名称(英語) Washington Market Park
住所 Chambers St, New York, NY 10007 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 7:00-24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.travelportland.com/lang/japanese/activities-attractions/parks-gardens/washington-park/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ワシントンマーケット公園のスポットページ

ブランチやミッドディナーを楽しむならここ

ロバート・デ・ニーロが共同経営者となっているレストラントライベッカ・グリルがここにあります。
デ・ニーロはこのほかにも、同じくこの地区にある、ノブなどのレストランチェーンや、ホテルの経営でも知られています。
オープン以来、ここはダウンタウンの代表的なレストランとしていつも賑わっています。
中に入ると、ロフト風の店内になっていて、とても広く天井が高くゆったりとしたスペースです。
ちょっと懐かしいような、いい感じの古めかしさがあるおしゃれな店内で、センスの良さを感じられます。

お料理はアメリカンを土台にしたステーキ・パスタなど様々。
ワインのセレクションも豊富なので、ワイン好きにも満足の品揃えです。
料金は30-50ぐらいの予算感を目安に。
ブランチやミッドディナーを楽しむ感じで言って見るのをおすすめします。
11:30から22:30の営業時間ですが、曜日によって若干変わります。
曜日、時間によっては混み合うのであらかじめ確認してから行って見るといいと思います。

トライベッカ・グリルの住所・アクセスや営業時間など

名称 トライベッカ・グリル
名称(英語) Tribeca Grill
住所 375 Greenwich St, New York, NY 10012 アメリカ合衆国
営業時間・開場時間 11:30-23:30
利用料金や入場料 30-50ドル
参考サイト http://www.myriadrestaurantgroup.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

トライベッカ・グリルのスポットページ

可愛らしいカフェでゆったりコーヒーブレイク

次は可愛らしい癒されるカフェをご紹介します。
カフェ1968です。
入り口に入ってすぐに可愛い羊のオブジェがあり、木を基本にした温かみのある店内にも羊のぬいぐるみがいっぱい。
このカフェはススウェーデン出身の双子の兄弟がオープンしたカフェで、ニューヨーク市内にも何件か店舗を持っています。
ニューヨークらしからぬ、スカンジナビアのテイストを感じる店内です。

大きなコーヒーチェーンのような賑やかな雰囲気とは違って、木のぬくもりを感じる落ち着いた店内なので、ゆったり、くつろぎながらお茶したいときにいかがでしょうか?

もちろんコーヒーの味にも定評があり、紅茶などお茶の種類も充実しています。
またスイーツも甘すぎず、日本人の好みにも合いそうな優しい甘さで、コーヒーとのコンビネーションはバッチリです。
可愛らしい羊に会いに行ってみてください。

カフェ1668の住所・アクセスや営業時間など

名称 カフェ1668
名称(英語) Kaffe 1668
住所 275 Greenwich Street (Cross streets: Warren Street, Murray Street) New York, NY 10007
営業時間・開場時間 Mon-Fri 6:30-22:00 Sat-Sun 7:00-21:00
利用料金や入場料 2.99ドル-
参考サイト http://www.kaffe1668.com
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

カフェ1668のスポットページ

目を惹く赤いエントランスはおもちゃ屋さん

なんのお店だろう、と見た瞬間に思わず入ってしまいたくなるこのお店、プレイング・マンティスはおもちゃ屋さんです。
フィリピン出身の子のお店のオーナーが、ヨーロッパなどを中心に世界中から集めた手作りのおもちゃが店中に並べられています。

子供達に、温もりを感じるおもちゃに出会って欲しいと言うコンセプトから始まったお店だそうです。
この店一番の人気商品は、ハンガリー産の木製の動物。
プラスチックにはない木の良さが伝わる商品です。
そのほかセーターをリサイクルして作られたぬいぐるみなど、どれも可愛らしいものばかりです。

また赤ちゃん用のおもちゃはオーガニック染料を使用しているので、口にしても大丈夫なように配慮されて作っています。
プレゼントにしたり、家族にはもちろんのこと、可愛いのでインテリアとして飾ってもいいかもしれません。

次のページでは『アートギャラリー立ち寄る』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

宮城県仙台市在住。生まれ育った仙台、宮城のおすすめ観光スポット、グルメなど、見たら行って見たくなるような、進化し続ける仙台の魅力をご紹介いたします。そして、ニューヨークはアメリカの文化、ファッション、アート、ライフスタイルなどに興味がある私にとって昔から憧れの街。トロント在住中や今でも何度も訪れ、刺激を受けています。そんなニューヨークの奥深く素敵なスポットもたくさん紹介いたします。

この記事のカテゴリ

アジア
アメリカ
タイ王国
北米

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握