夜空を埋め尽くす幻想的な灯火『コムローイ祭り』

ディズニー映画「塔の上のラプンツェル」でも最も印象的なシーンのひとつに登場したコムローイ。 漆黒の闇の中、幻想的に浮かび上がる灯りは見る者の心を不思議と癒してくれます。 今回は、そんなタイのコムローイ祭りについてご紹介いたしましょう。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

コムローイ祭りが開催されるのは、年に1度。
毎年11月の満月の夜に開催されるお祭りです。
場所はタイの北部に位置するチェンマイ。
毎年コムローイ祭りの日には世界中から多くの観光客が足を運びます。

コムローイ祭り

photo by blogimg.goo.ne.jp

祭りのクライマックスで一斉に夜空へと放たれるコムローイは、まさにこの世のものとは思えない美しさ。
カラフルなわけでも、大がかりな仕掛けがあるわけでもありませんが、心の底が静かに震える素朴な感動を味わうことができます。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

日々幸せに過ごせることを祈り、仏陀に感謝を捧げるという意味を込めて行われるコムローイ。
そのサイズは意外と大きく、大人が2~3人で円筒のフチを持ってちょうどよいくらいの大きさです。
筒の下部に取り付けられた炎の熱で内部が十分にあたたまると、手を離した瞬間にふわっと宙へと浮かび上がります。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

何千何万ものコムローイが夜空を埋め尽くす光景には、感動のあまり涙する人も多いのだとか。
参加者それぞれの願いや祈りを乗せて、コムローイはどこまでもどこまでも天高くのぼっていきます。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

例年、チェンマイの中でもサンサーイ地区にあるメージョー大学の敷地内で行われるこのお祭り。
コムローイの打ち上げの前には、僧侶たちによるお経を唱えるセレモニーがあり、場は厳粛なムードに包まれます。
お祭りとは言っても、まるで心洗われるようなひとときを過ごすことができそうですね。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

日本のお祭りと同じ感覚で参加すると、色々と不都合のあるコムローイ祭り。
あくまでも仏教のイベントであるということを覚えておくと、スムーズに参加することができるでしょう。
たとえば、ハーフパンツやスカートなど肌が見える服装での参加は禁止されています。
レギンスやタイツなど、肌が見えない場合でも体のラインが出てしまうとNGだったりもするので注意しましょう。

コムローイ祭り

photo by staticflickr.com

コムローイと、そのあとに打ち上げられる花火と、会場を満たす心地よい音楽と。
すべてが美しく、印象的な夜を過ごせること間違いなし。
大切な人と、そっと手を繋ぎながら鑑賞したくなるイベントです。

コムローイ祭りへの行き方


大きな地図で見る

日本からタイのチェンマイへは、途中バンコクで1回乗り継ぎおよそ9時間のフライト。
チェンマイからメージョー大学までは、タイの乗合タクシーであるソンテウやトゥクトゥクなどを利用して向かいましょう。
旅行会社によるツアーもたくさん組まれるので、現地での移動が心配な方は申し込んでみるのも良いでしょう。

wondertrip編集部

Writer:

wondertrip編集部です。世界の絶景や秘境、一度は見てみたい国、触れてみたい文化など綺麗な写真とともにお届けします。

この記事のカテゴリ

アジア
タイ王国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット