地球という星を実感…ラオスで見れる大自然の絶景8選

インドシナ半島の内陸にあるラオスは日本の本州ほどの広さの国土の7割ほどが山岳地帯で、タイとの国境にはメコン川が流れその両岸には山々が連なり原生林が広がる緑豊かな国です。その緑と美しい水の流れが生み出す風土と、さまざまな民族が育んだ独自の文化は世界の人々を魅了し、ニューヨークタイムズやイギリスの旅行雑誌で「最も行きたい国」「魅力的な観光地」第1位に選ばれたこともあります。そんな現在もっとも注目度の高いラオスの中でもとくにおすすめの絶景スポットを紹介します。

ラオスの恵みの大河「メコン川」

東南アジア6カ国を流れる大河、メコン川。
ラオスではタイとの国境線の3分の2におよび、古くから首都ヴィエンチャンや古都ルアンパバーンなどの多くの街が沿岸で栄え、人々に豊かな恵みをもたらしてきました。
現在は緑豊かな山々や田園の織りなす雄大な風景を眺めながらのクルーズが楽しめます。
メコン川に沈む鮮やかな夕日の眺めはラオスを象徴する風景と言えるでしょう。
雄大な自然の恵みと時の流れに浸ることができます。

Mekong Riverの住所・アクセスや営業時間など

名称 Mekong River
住所 river runs through China’s Yunnan Province, Myanmar, Laos, Thailand, Cambodia, and Vietnam
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Mekong
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Mekong Riverのスポットページ

メコンのほとりの古都を一望「プーシーの丘」

古都ルアンパバーンのメインストリート沿いにある高さ150メートルほどのプーシーの丘。
やや急な階段を上り頂上へたどり着くと、メコン川の流れとルアンパバーンの街並みを360度のパノラマで一望できます。

image by iStockphoto

こちらはナムカーン川の光景です。
ルアンパバーンはメコン川と支流のナムカーン川の間に挟まれて半島状になった天然の要塞でラーンサーン王国そしてルアンパバーン王国の首都として栄え、1975年までラオスの首都でした。








やはり夕暮れ時のメコン川の眺めは絶景の一言です。
ルアンパバーンの街はあまり開発が進んでいないため夜景は地味ですが、それだけに夕焼けの鮮やかさがより一層引き立っています。

プーシーの丘の住所・アクセスや営業時間など

名称 プーシーの丘
住所 Luang Prabang, Laos
営業時間・開場時間 6:00-18:00
利用料金や入場料 20,000kip
参考サイト http://www.hynostravel.com/attractions/mount-phousi-luang-prabang-laos/#_=_
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プーシーの丘のスポットページ

ラオスの癒やしスポットナンバーワン「クアンシーの滝」

ルアンプラバーン市街から南に約29km、トゥクトゥクで約一時間ほどの場所にある森林の中の遊歩道を行くとトルコ石の色をした清流があらわれ、さらに奥へ行くと高さ50mほどの美しい滝がしぶきを上げています。
このクアンシーの滝とその周辺の森は自然公園になっており、ラオスの中でも人気の憩いのスポットです。

滝の流れは地下水中から生じた石灰華(トラバーチン)で作られています。
下流の広く流れの穏やかな滝つぼでは水遊びを楽しめます。
次のページでは『メコン両岸の絶景を眺めながらクルーズ「パークウー洞窟」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握