神はここにいたか・・・ラオスで見られる幻想的な絶景5選

ラオスは、タイとベトナムに接している日本の本州ほどの小さな国で、アジアではあまり目立っていません。しかし、周りの大国に負けないほどの大きな魅力を秘めているということから「アジアの秘境」とも呼ばれ、今では多くの旅行者に注目を浴びる国の1つとなっています。今回は厳選した幻想的なスポットを5選紹介していきます。

コバルトブルーの滝壺が美しい、クアンシーの滝

コバルトブルーの滝壺が美しい、クアンシーの滝

image by iStockphoto

3つの層から50メートル下にあるコバルトブルーの滝壺へと流れるクアンシーの滝は、ルアンパバーン地域で最も大きな滝です。
また、この美しい滝壺は、観光客や地元の人に人気の遊泳スポットとしても賑わっています。

滝の上まで登り、そこから滝を見下ろすこともできますが、道は滑りやすいので歩きやすい靴を履いてくる必要があります。
ルアンパバーンからモーターバイクを借りて、途中の村に寄りながらクアンシーの滝に来るのも楽しいでしょう。

image by iStockphoto

Kuang Si Fallsの住所・アクセスや営業時間など

名称 Kuang Si Falls
住所 Outside Luang Prabang 27km, Luang Prabang, Laos
営業時間・開場時間 現地時間9:00-18:00
利用料金や入場料 20000kip
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Kuang_Si_Falls
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Kuang Si Fallsのスポットページ

美しい景色を見下ろせる、プーシーの丘

美しい景色を見下ろせる、プーシーの丘

image by iStockphoto

丘の頂上からは、ルアンパバーンの街並みやそこにある寺院、または遠くに見える山々を360度の景色で楽しむことができます。
頂上までの道のりはそれほど険しくはなく、健康な方であれば登れるでしょう。

また、プーシーの丘から見る日の出・メコン川に沈む景色は絶景です。
1日中行くことは可能ですが、日没の景色を見られる夕方頃が1番人気です。
しかし、かなり混雑していますので、混雑を避けたい方には早朝の日の出も良いでしょう。

image by iStockphoto








プーシーの丘の住所・アクセスや営業時間など

名称 プーシーの丘
住所 Luang Prabang, Laos
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lao.jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

プーシーの丘のスポットページ

4000以上の仏像が安置される、パクウー洞窟

4000以上の仏像が安置される、パクウー洞窟

image by iStockphoto

ウー川とメコン川の合流地点に、「タム・ティン洞窟」と「タム・プン洞窟」があり、この2つの洞窟を総称して「パクウー」洞窟と呼ばれています。
ルアンパバーンからメコン川をボートで1時間半ほど渡った場所にあります。

タム・ティン洞窟の中には、大小さまざまな仏像が4000体以上も安置されており、その光景は人々を惹きつけ、まさに神秘的です。
長きに渡ってラオスの最も神聖な場所の1つとして大切にされてきました。

image by iStockphoto

次のページでは『迫力満点、タートニュアンの滝』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握