中国|おすすめおでかけ&観光スポット

中国の記事一覧です。おすすめ観光スポットやおでかけスポット、絶景・世界遺産の情報が集まる旅行情報サイトwondertrip[ワンダートリップ]。
総面積約960平方kmという日本の約25倍の国土を、黄河と長江の二つの大河が潤す中国。 その広大な国土ゆえ、変化に富んだ地形、気候は山紫水明の風景美を生み出します。 西方に広がる砂漠から、渓谷沿いに澄み切った湖沼が100以上も点在する九寨溝、標高5000mの高地に石灰棚が広がる黄龍、そしてシルクロードの要所として栄えた敦煌等の様々な街と遺産…、そして、世界三大料理の一つとされる中華も重要な観光要素の一つです。

漫画キングダムのその先は…?秦の始皇帝の歴史

漫画キングダムのその先は…?秦の始皇帝の歴史

中国は春秋戦国時代。紀元前770年~紀元前221年ごろの話です。その春秋戦国時代の終わりごろに誕生したのが「始皇帝(しこうてい)」。彼は当時中国に存在していた「秦」国の王でした。彼はかつて誰も成し遂げられなかった中華統一を果たし、王では満足せず、皇帝という称号を始めて名乗った人物です。しかしそのような彼も、順風満帆に中華統一できた訳ではなく、誕生の時から苦難の連続でした。彼がどのような人物であり...

観光ガイド概要

  • 死と隣り合わせであった幼少期
  • 奇貨居くべし
  • 「始皇帝」は誰の子?
  • 「始皇帝」命の危機
  • 「子楚」即位
  • 「始皇帝」と「呂不韋」
  • 「呂不韋」の傀儡
  • 「呂不韋」の転落
  • 「呂不韋」の末路
  • 「始皇帝」による中華統一
  • 「始皇帝」の眼力
  • 中華統一への道
  • 「燕」国の抵抗
  • 中華統一 「始皇帝」の誕生
  • 中華統一後の「始皇帝」
  • 思想などの統一、大規模工事
  • 死を恐れたのか?
  • 「始皇帝」による巡幸
  • 「始皇帝」最後の巡幸
  • 稀代の改革者であった「始皇帝」

「漫画キングダムのその先は…?秦の始皇帝の歴史」の続きを読む

中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!

中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!

マカオのイメージといえば、やはりカジノでしょうか。香港に通じる、ゴージャスなイメージをお持ちではありませんか?しかし、マカオには30もの世界遺産があるんですよ。そしてそのほとんどがヨーロッパ風の美しい建物だということをご存知でしょうか。その理由は、マカオがかつてポルトガルの植民地だったことに由来します。今回は、マカオにある30の世界遺産すべてについてそれぞれご紹介していきますので、お付き合いくださ...

観光ガイド概要

  • マカオという都市について
  • 世界遺産「マカオ歴史地区」とは?
  • 1. 媽閣廟(マーコミュウ)
  • 2. バラ広場
  • 3. 港務局(こうむきょく)
  • 4. リラウ広場
  • 5. 鄭家屋敷(ていけやしき)
  • 鄭観応とは?
  • 6. 聖ローレンス教会
  • 7. 聖ヨゼフ修道院及び聖堂
  • 8. ドン・ペドロ5世劇場
  • 9. 聖オーガスティン教会
  • 10. ロバート・ホー・トン図書館
  • 11. 聖オーガスティン広場
  • 12. 三街会館(関帝廟)
  • 13. 民政総署(みんせいそうしょ)
  • 14. 仁慈堂(じんじどう)
  • 15. セナド広場
  • 16. 聖ドミニコ教会 17. 聖ドミニコ広場
  • 18. 大堂(カテドラル) 19. 大堂広場
  • 20. 盧家屋敷(ろけやしき)
  • 21. イエズス会記念広場
  • 22. 聖ポール天主堂跡
  • 23. ナーチャ廟 24. 旧城壁
  • 25. モンテの砦
  • 26. 聖アントニオ教会
  • 27. カモンエス広場
  • 28. カーザ庭園
  • 29. プロテスタント墓地
  • 30. ギア要塞
  • ポルトガルと中国、両方の文化が息づく街

「中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!」の続きを読む

高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選

高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選

広州は中華人民共和国広東省にあり広東省人民政府があり人口1400万人を超える省都です。商業の中心として活気がある都市ですね。地理的に香港も近いので、戦略上の重要な港として扱われてきました。かつてはカントンと呼ばれていましたが、中華の広東料理はあまりにも有名です。レストランの数はとても多いですね。広州の絶景10選を紹介します。...

観光ガイド概要

  • 高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観
  • まるでかつての東京を思わせるショッピング街
  • 夜間の照明が美しい広東タワー
  • 道教寺院本山広州三元宮の老子像
  • 照明を受けて珠江にかかるモダンな吊り橋の猟徳橋
  • 記念碑を前に中山陵記念館
  • 新幹線が停車しているプラットホーム
  • ランタン祭りを彩る中華ランタンの光景
  • 美しい六榕寺の六榕花パゴダ
  • 広州エキシビジョンセンターのモダンな天蓋
  • 中国南部の最大都市広州を後にして

「高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選」の続きを読む

台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ

台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ

「故宮博物院」は台北を代表する観光地の1つです。中国の歴史を感じられるコレクションが非常に多く収蔵されており、常設や企画展など面白い展示がたくさん!今回は故宮博物院のおすすめ展示と行き方をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • 中国歴代王朝のコレクションが展示されている「故宮博物院」
  • もともとは北京にあった「故宮博物院」
  • 人で賑わう故宮博物院、ゆったり見られる時間は夕方!
  • 2大至宝その1・白菜の形をした翠玉「翠玉白菜」
  • 2大至宝その2・肉の形の石「肉形石」
  • 休憩スペースは全部で2つ
  • 敷地内には美しい中国庭園も
  • ありがたいサービスもたくさん
  • 故宮博物院の行き方
  • 台湾観光なら「故宮博物院」

「台北観光の代表格!「故宮博物院」のおすすめ展示&行き方まとめ」の続きを読む

群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介

群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介

日本に戦国時代があったように、中国にも戦国時代と呼ばれる時代がありました。しかし、大抵の場合は「春秋戦国時代」と呼ばれます。春秋時代と戦国時代が合わさっているわけですね。春秋時代の中国は、約200もの諸侯がひしめき合い、覇権をかけて争った激動の時代なんですよ。秦の始皇帝が登場するよりもはるか昔のことです。今回は春秋時代の流れをご紹介すると共に、ここで生まれた多くの故事成語についても少しずつ触れてい...

観光ガイド概要

  • 春秋時代の前に:周(しゅう)について
  • 春秋時代・戦国時代の分岐点
  • 春秋時代の都市国家
  • どうして春秋時代というのか
  • 春秋時代初期:覇者の登場
  • 春秋時代初期の大国・斉
  • 覇者とは?
  • 覇者の代表:春秋五覇(しゅんじゅうごは)
  • 斉の没落、宋の台頭
  • 彼こそ本当の覇者、晋の文公
  • もう一人の覇者・秦の穆公
  • 南方の覇者・楚の荘王
  • 「鳴かず飛ばず」の語源
  • 「鼎(かなえ)の軽重を問う」の語源
  • 春秋時代中期:実力主義社会へ
  • 春秋時代後期:呉と越の登場と死闘
  • 父子2代にわたる復讐心
  • 越王・勾践、屈辱をばねに呉を打ち破る
  • 覇者となった越王・勾践のその後
  • 「臥薪嘗胆」と「呉越同舟」
  • 春秋末期の国々の動向
  • 諸子百家(しょしひゃっか)の登場
  • 儒教の祖・孔子
  • 道教の祖・老子(ろうし)
  • もしかすると三国志よりも面白いかも?

「群雄割拠ハンパなし!中国の春秋時代の激動ぶりをご紹介」の続きを読む

歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま

歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま

いまから2000年以上も前に、中国の一役人である司馬遷(しばせん)が書き上げた『史記』は史上最高の歴史物語といわれています。また「完璧」「怒髪天を衝く」「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」「四面楚歌」「鳴かず飛ばず」「臥薪嘗胆」「満を持す」などのことばも、『史記』の記述に由来します。ここではそんな『史記』の魅力と、作者・司馬遷の生涯に迫ります。...

観光ガイド概要

  • 司馬遷ってどんな人?『史記』ってなに?
  • 司馬遷ってどんな人?
  • 『史記』ってなに?
  • 『史記』を読んでみよう!廉頗・藺相如(列伝)その1
  • 「完璧」の語源は藺相如のことばから
  • 「怒髪天を衝く」
  • 『史記』を読んでみよう!廉頗・藺相如(列伝)その2
  • 趙と秦の和睦会談
  • 「刎頸の交わり」となった二人
  • 『史記』を読んでみよう!陳勝・呉広(世家)
  • 「燕雀いずくんぞ鴻鵠の志を知らんや」
  • 「王侯将相いずくんぞ種あらんや」
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その1
  • 項羽と劉邦の性格のちがい
  • 項羽の大勝と非道、劉邦の「法三章」
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その2
  • 「鴻門の会」前半
  • 「鴻門の会」後半
  • 『史記』を読んでみよう!項羽と劉邦(本紀)その3
  • 「四面楚歌」
  • 「虞や虞やなんじを奈何せん」
  • 司馬遷の生い立ち
  • 司馬遷の生まれ育った韓城市
  • 伝説上の皇帝ゆかりの地や、孔子の生まれ故郷を旅する
  • 司馬遷が『史記』を書いた理由と、とつぜんの不幸
  • 司馬遷が『史記』を書いたワケ
  • 李陵の禍
  • 司馬遷のすさまじい生きざま、そして『史記』が完成した
  • 恥辱を昇華させて完成した『史記』
  • そして『史記』は歴史書の最高傑作となる
  • 『史記』を旅しよう

「歴史物語の最高傑作『史記』!その魅力と作者・司馬遷の生きざま」の続きを読む

『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る

『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る

中国の読み物の代表は?と聞かれたら、『三国志』『西遊記』『水滸伝(すいこでん)』の3つ挙げる人が多いのではないでしょうか。いずれも小説やコミック、ゲーム、TVドラマなど、様々な形で愛され続けている、不動の人気を誇る傑作活劇です。特に『水滸伝』は近年人気が増しているようで、2011年に中国で巨額の制作費を投じたテレビドラマが放送され、大いに話題となりました。この物語の舞台は今から約1000年ほど前の...

観光ガイド概要

  • 悪政を正す英傑たちの熱き物語
  • 愉快痛快!『水滸伝』とは?
  • 作者不明?謎に包まれた長編小説
  • ”水滸”とは?「水のほとりの物語」
  • 天命に導かれし108人の英傑たち
  • <水滸伝・あらすじ1>百八の魔星と蹴鞠の達人
  • <水滸伝・あらすじ2>激闘の梁山泊・百八星は天に帰す
  • 史実?虚構?宋江は実在した?
  • なぜ荒れた?北宋王朝の政治とは
  • 北宋時代の幕開け
  • 文治主義と中国統一
  • 軍事力の低下と北方民族の勢力
  • 財政難と王安石の改革
  • 徽宗時代と北宋王朝の末期
  • 新法・旧法の争い
  • 8代皇帝徽宗
  • 金の建国と北宋の終わり
  • 芸術家としてなら超一流!徽宗皇帝が残したもの
  • 『水滸伝』の魅力を語る
  • 庶民に愛された長編小説
  • 『三国志』との違いは?
  • 108人で誰が最強?最も人気のある好漢は?
  • 不動の人気!『水滸伝』を読むならこれだ!
  • なぜ今、『水滸伝』なのか?

「『水滸伝』の舞台となっている北宋時代をざっくり知る」の続きを読む

飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人

飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人

聖徳太子が、当時の中国だった「隋」の国に「日が出る国の天子より日が没っする国の天子へ」という隋の国の皇帝「煬帝(ようだい、ようてい)」を激怒させたという有名な手紙を「遣隋使(けんずいし)」として持って行ったのが「小野妹子(おののいもこ)」です。彼はどういう人だったのでしょうか? 当時の外交官の条件として「美男子」であることが重要視されていたという話からイケメンだった可能性が高いですね。 ...

観光ガイド概要

  • 小野妹子とはどんな人?
  • 小野妹子は男性? 女性?
  • 小野氏の家系
  • 小野妹子の出自は謎ばかり
  • 推古天皇の時代
  • 推古天皇誕生
  • 皇太子・聖徳太子
  • 聖徳太子が隋を意識します
  • 小野妹子との出逢い
  • 遣隋使
  • 遣隋使出航!
  • 聖徳太子の手紙
  • 皇帝はなぜ怒ったか?
  • 小野妹子の大事件
  • 事件は闇の中?
  • 隋からの正式な返書
  • そして妹子はどうなった?
  • 小野妹子のその後
  • 妹子と華道池坊
  • 妹子の子・孫
  • 妹子の子孫
  • 小野篁は平安時代の変わり者
  • 小野篁の不思議な伝説
  • 武士化する子孫
  • 小野妹子はすごい

「飛鳥時代の外交官・小野妹子はすごい人」の続きを読む

愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる

愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる

日本史と中国史のはざまで大きく揺れ動いた人物がいます。愛新覚羅溥儀――「あいしんかくらふぎ」と読みます。清朝最後の皇帝としてわずか2歳で即位、6歳で退位。〈辛亥革命〉やたびかさなる戦争、内戦。日本の傀儡国家たる〈満州国〉の皇帝に27歳で即位。最後には一北京市民として亡くなります。皇帝という身分の重荷を背負い続け、不可思議な人生を送った、大国・中国のラストエンペラー・溥儀。生まれてから亡くなるまで、...

観光ガイド概要

  • わずか2歳での皇帝即位――〈宣統帝〉時代
  • 清王朝はカオス状態!
  • 第12代皇帝〈宣統帝〉――西太后の指名によって
  • 辛亥革命――〈中華民国〉の誕生、最初の退位
  • 最初の退位――清朝が倒れたそのとき
  • 革命政治家〈袁世凱〉――「皇帝」の座についた男
  • 溥儀、少年時代のプライベート
  • 心を交わした帝師・レジナルド・ジョンストン
  • 最初の2人の妻・正妻〈婉容〉、側室〈文繡〉
  • クーデター、ついに紫禁城の外へ
  • 溥儀、日本の〈租界〉へ
  • 大日本帝国軍、満州担当部隊〈関東軍〉
  • 〈満州事変〉――ついに〈満州国〉建国へ
  • 〈張作霖爆殺事件〉そして〈満州事変〉へ
  • 暗躍する清王朝最後の皇女〈川島芳子〉
  • 満州国皇帝〈康徳帝〉、誕生
  • 〈満州国〉建国の理由って?
  • 孤独な溥儀と新たな2人の妻
  • 戦後〈中華人民共和国〉の中で
  • 文化大革命の荒波
  • 模範囚としての日々、そして
  • 愛新覚羅溥儀、一北京市民としての最期
  • 5人目の妻・李淑賢との日々、そして病……
  • 最後に食べたかった「チキンラーメン」
  • 歴史の激動、苛烈な運命を生きぬいた皇帝

「愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる」の続きを読む

清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?

清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?

乾隆帝と西太合が造った、中国に現存する最大規模の庭園です。この壮大で美しい庭園がどうやって造られていったのかって気になりませんか?今回は、中国王朝の権力の象徴ともいえる巨大な皇族の庭園「頤和園」の歴史に少しだけ触れてみたいと思います。...

観光ガイド概要

  • 頤和園とは?
  • 頤和園の始まり
  • 清漪園から頤和園へ
  • 荒廃と再建を繰り返す頤和園
  • 頤和園の再建が清朝を傾かせた
  • 頤和園の正殿と長廊
  • 中国の皇帝たちが、自らの権力の象徴として雅なものと造り上げていった頤和園に訪れてみませんか?

「清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?」の続きを読む

歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!

歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!

今から2500年以上も昔、紀元前の中国大陸は戦乱の時代でした。大陸には多くの国が存在していて、食うか食われるかの激しい争いを繰り返していました。その時代を人は「春秋時代」と呼びます。今人気の歴史漫画『キングダム』の舞台となる戦国時代へと続く、戦乱の幕開けの時代。戦いは数百年に渡って続けられていきました。いったいなぜ?その謎を紐解くべく、前王朝の崩壊から戦国時代に至るまでの諸国の動きにスポットをあて...

観光ガイド概要

  • 神話と伝説の時代と聖王・暴君の誕生
  • 神話・伝説の時代の帝
  • 夏王朝と世襲統治
  • 殷王朝と暴政の果て
  • 周王朝の没落と東周の誕生
  • 春秋時代の幕開け
  • 東周と諸侯の台頭
  • 諸子百家と民衆
  • 鄭と周の対立
  • 覇者の時代
  • 斉・楚の争い
  • 晋・楚の争い
  • 秦と晋
  • 春秋末期から戦国時代へ
  • 晋の滅亡と三晋の誕生
  • 呉越の争い
  • 春秋の五覇
  • 戦国七雄
  • 歴史をもっと身近に

「歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!」の続きを読む

【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット

【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット

およそ1800年前の中国大陸。魏(ぎ)、蜀(しょく)、呉(ご)という三つの国がしのぎを削る戦乱の時代がありました。後漢王朝という巨大な国が傾き始めた頃から次の統一王朝が誕生するまでのおよそ100年間。大陸は大きく揺らぎ、多くの英傑が知力を尽くして大陸を駆け巡りました。その興亡の記録が『三国志』。戦国武将たちの活躍は後の世まで長きに渡って語り継がれ、現代でも、小説や漫画や映画、ロールプレイングゲーム...

観光ガイド概要

  • 三国志・人気の秘密
  • 三国志とは?
  • 『三国志』と『三国志演義』
  • 「桃園の誓い」は創作?
  • 三人の武将と三つの山場
  • 三国時代・前夜
  • 悪政の世と黄巾の乱
  • 暴君・董卓
  • 悲劇の武将・呂布
  • このころの曹操と劉備
  • 乱世の奸雄・曹操との戦い
  • 曹操、華北を平定する
  • 三顧の礼と天下三分の計
  • 長坂の戦い
  • 赤壁の戦い
  • 三国争覇~次の時代へ
  • 三国鼎立と争い再び
  • 劉備の死
  • 諸葛亮の想いと三国のゆくえ
  • 3人の英雄と三国志
  • 一度は訪れてみたい「赤壁」

「【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット」の続きを読む

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ

中国の四川省北部の山中にある九寨溝(きゅうさいこう)。その神秘的な景観から、世界自然遺産に登録され、また近年では中国西部随一の観光スポットとしておおくの観光客がおとずれています。「こんな景色は見たことがない」「生きているうちに見れてよかった」と、満足度もたかい景勝地です。今回はこの九寨溝の成り立ちと見どころ、そしてそこに暮らすチベットの人々の歴史を紹介しましょう。...

観光ガイド概要

  • 九寨溝ってどんなところ?
  • 九寨溝ってなに?どこにあるの?
  • 九寨溝の見どころは?
  • 九寨溝の自然はどうやってつくられた?
  • かつて九寨溝は海の底だった
  • 透明度が高いのは炭酸カルシウムのおかげ
  • 九寨溝の歴史はチベットと中国のまざりあい
  • 九寨溝周辺のチベット部族、羌と氐
  • 古代中国の歴史に深くかかわった羌と氐
  • 中世・近代の九寨溝の歴史は……
  • チベット仏教がおこり、浸透していく
  • 中国の「内地」となった九寨溝
  • 現代になってやっと九寨溝が「発見」される
  • 中国のチベット支配と九寨溝の「発見」
  • 九寨溝の自然保護と観光地化
  • 世界でここだけ?トリプルスリーの栄冠をもつ九寨溝
  • 「世界自然遺産」と「生物圏保全区域」に登録される
  • 「グリーングローブ21」にも認定される
  • 九寨溝のおススメの見どころ
  • 撮影スポット「諾日朗瀑布」、九寨溝一絶の「五花海」
  • 広大な「長海」、あざやかな「五彩池」、盆栽のような「盆景灘」
  • 九寨溝に行くなら動植物や近くの見どころも堪能しよう
  • 九寨溝のめずらしい動植物
  • 黄龍や松州古城にも足をのばそう
  • 九寨溝へのアクセスと宿泊
  • 九寨溝へのアクセスは成都経由がおススメ
  • 九寨溝にはホテルがいっぱい
  • 九寨溝を観光するときに気をつけること
  • いちばん混雑するのは10月初め
  • 気になる高山病は……
  • 一生にいちどは九寨溝の絶景を見なくっちゃ!

「一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ」の続きを読む

遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?

遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?

ラーメンを愛する皆様方への朗報! 2016年12月19日、中国上海市中心部の大型複合施設「上海大悦城ショッピングモール」内に、日本のラーメンのフードテーマパーク「ラーメンアリーナ」(中国語名「拉麺競技館」)の1号店がオープンしました。海外での常設展は初の取り組みで大きな注目が集まっています。 「日本のラーメンを食べたい。けどわざわざラーメンを食べるためだけに日本には行けない(帰れない)...

観光ガイド概要

  • 様々な味をもつ洗練された日本の『ラーメン』
  • 日本各地のラーメンパーク
  • ラーメンアリーナに出店しているラーメン店は?
  • ラーメンアリーナを手掛ける”KLab Food&Culture株式会社”
  • ラーメンアリーナの詳細
  • 極上の一杯を中国で

「遂に世界へ!ラーメンのテーマパーク「ラーメンアリーナ」とは?」の続きを読む

観光前に知っておきたい!たぶんこれでわかるインドの歴史

観光前に知っておきたい!たぶんこれでわかるインドの歴史

「古代インダス文明」を生み、中国からローマに続く「シルクロード」の中間にあり、西洋文化と東洋文化に多大な影響を与える神秘の国インド。ここは母なる川であるガンジス川を中心にたくさんの民族が集まり、哲学と宗教を育んできました。皆さん知っていますか? 数字の「0」を生み出したのはインド人です。「0がどうした? そんなの当たり前でしょ?」と思われるかもしれませんが、この「なにもない」というインド哲学から生...

観光ガイド概要

  • まずインドという国を知りましょう
  • 国旗の深〜い話
  • そこに住む人達ってどんな人?
  • インドの宗教は多種多様です
  • まずは基本のバラモン教
  • その他の宗教
  • 外国から入ってきた宗教もあります
  • 壮大なる歴史
  • 四大文明のひとつインダス文明
  • インド・アーリア人がやってきた
  • 初めての統一国家とガンジス文明
  • 混乱期のインド
  • 玄奘三蔵が来た!
  • 北のイスラム南のヒンドゥー
  • 大国ができるまでの北と南
  • デリー・スルターン朝
  • ムガール帝国がインドを統一しました
  • ムガール帝国の誕生と興隆
  • ムガール帝国の衰退
  • インドの植民地時代
  • ヨーロッパ諸国の新天地インド
  • イギリス東インド会社の野望
  • イギリス統治時代
  • イギリスの支配下でのインド
  • ふたつの世界大戦と独立運動
  • インド独立から現在まで
  • インド連邦
  • インド国民会議政権
  • インド人民党政権とインド国民会議政権
  • 歴史と最先端の技術を誇るインド

「観光前に知っておきたい!たぶんこれでわかるインドの歴史」の続きを読む

「万里の長城」は誰が?なぜ?いつ作ったの?歴史の成り立ちから世界遺産になるまで

「万里の長城」は誰が?なぜ?いつ作ったの?歴史の成り立ちから世界遺産になるまで

総延長20000キロメートル以上。2000年以上の時をかけて造り上げられた、世界最大・最長の建造物といえば、答えはもちろん、万里の長城です。広大な中国大陸に横たわる巨大龍のようなその姿は壮大で神秘的。誰が、どのような目的で、どうやって築き上げたのでしょうか。今なお多くの謎に包まれている万里の長城。その魅力をたっぷりとお話ししてまいります。...

観光ガイド概要

  • 万里の長城とは何か
  • 現存するものはおよそ3割?
  • 建造は誰が?理由は?
  • 国の防衛に役立ったのか?
  • 月から見ることはできない?
  • 長城の歴史(1)-戦国時代から中世へ
  • 周の没落から春秋・戦国時代へ
  • 北方騎馬民族の脅威
  • 城邑国家と領土国家
  • 長城=土塁?
  • 長城の歴史(2)-秦・漢から中世へ
  • 秦時代の長城
  • 漢から唐へ
  • チンギス・ハンとモンゴル帝国
  • 長城の歴史(3)-中世から近代へ
  • 明王朝時代の長城
  • 明から清へ
  • 世界遺産登録そして現在へ
  • 世界的観光地としての万里の長城
  • 終わりに
  • まるで大地を駆け抜ける巨大龍の背中

「「万里の長城」は誰が?なぜ?いつ作ったの?歴史の成り立ちから世界遺産になるまで」の続きを読む

沖縄のルーツはここ!海上に花開いた貿易国家、琉球王国の歴史

沖縄のルーツはここ!海上に花開いた貿易国家、琉球王国の歴史

陽気で、開放的で、おおらか。沖縄って、とても暖かくて素敵なイメージがありますよね! 有名な「なんくるないさー(なんとかなるさ)」という言葉は、私たちの心を大きく包みこんでくれるマジックワード。その穏やかで前向きな言葉は、沖縄の風土が持つ明るさと相まってより魅力的に聞こえます。 ですが、沖縄は果たして本当にただ「明るい」だけなのでしょうか?沖縄のルーツ・琉球王国の歴史を紐解くと、そこには大きな国...

観光ガイド概要

  • 海は広いな大きいな、本当は大きな沖縄県!
  • 海のこと忘れてない?陸地だけがすべてじゃない
  • 海の道を束ねる海洋国家・琉球王国
  • 海洋国家の原点!人の交流が国の基となる
  • 日本と東南アジアが交わる場所、南西諸島
  • 商売人は、いつの時代もフットワークが大事!
  • 貿易が勝利の鍵!?群雄割拠のグスク時代
  • 農業の発達が、グスク時代を到来させた
  • 按司たちの戦国!乱世の夜明けが見えてくる
  • 沖縄版三国志、三山時代!そして統一王朝へ
  • 思わぬ幸運、富を運んでくる海の道
  • 戦の天才・尚巴志が琉球を統一!琉球王国のはじまり
  • 育ての親!?琉球王国と中国の蜜月関係
  • ところで、琉球王国ってどんな国?
  • 持ちつ持たれつ?琉球を育てる中国の悩み
  • 尚さんの王国、琉球王国
  • 最初の尚さん、第一尚氏王統
  • 二人目の尚さんは尚さんじゃない?第二尚氏王統の成立
  • 琉球の最盛期を築く、第二尚氏王統
  • 世はまさに大航海時代!つまづいてる場合じゃない
  • 超こわもてのお隣さん、島津家の台頭
  • 日本と中国の板挟み…琉球王国、服属の歴史
  • なんでこうなった…秀吉の暴走に震撼するアジア
  • 家康もやっぱり怖い、島津家の琉球侵攻
  • 今の沖縄の第一歩?帰ってきた二人の天才
  • 骨太のサトウキビ、羽地朝秀の経済改革
  • 蔡温が作った、今に見える沖縄の伝統
  • 時代の波と、大国に翻弄され続けた琉球王国
  • 変わる時代に、対応していく余力を失った琉球王国
  • 日本による併合、琉球から沖縄へ
  • 「なんくるないさー」の精神とは…?

「沖縄のルーツはここ!海上に花開いた貿易国家、琉球王国の歴史」の続きを読む

世界の七不思議に選ばれている建造物7選

世界の七不思議に選ばれている建造物7選

世界の七不思議、知っていますか?一度は聞いたことがあるかもしれないですが、7個全部言える人ってなかなか少ないのではないでしょうか。しかも「世界の七不思議」っていくつか定義があるのです。今回は、2007年に選出された「新・世界七不思議」から7つの建築物をご紹介します。...

観光ガイド概要

  • そもそも世界七不思議って何??
  • 現代の世界の七不思議
  • 万里の長城/中国
  • インドの廟堂タージマハル
  • イタリア・ローマの古代競技場コロッセオ
  • ヨルダンの古代都市遺跡群ペトラ
  • ブラジル・リオ・デ・ジャネイロのコルコバードのキリスト像
  • ペルーのインカ帝国遺跡マチュ・ピチュ
  • メキシコのマヤ遺跡チチェン・イッツァ
  • 世界七不思議を旅しよう

「世界の七不思議に選ばれている建造物7選」の続きを読む

倉敷のおすすめラーメン店ならここ。観光で絶対行きたい!

倉敷のおすすめラーメン店ならここ。観光で絶対行きたい!

中国地方の瀬戸内海沿いに面する岡山県において、観光面を支える倉敷市。歴史情緒漂う倉敷市には、観光客や地元の人の舌を唸らせる珠玉のラーメンが揃っており、今回はその中から厳選したお店をいくつか紹介します。...

観光ガイド概要

  • 和洋折衷の街「倉敷」
  • 行列のできる駅前ラーメン「にぼし家」
  • 甘い醤油と煮干しのダブルパンチ「升屋」
  • 更にがっつり食べたい方には「ベトコンラーメン」
  • トロトロなチャーシューが自慢の二郎系「らーめん食楽」
  • 〆までスパイシーなラーメン「華麺」
  • 観光名所からほど近い名店「莢」
  • ネギ好きならたまらない逸品「ごんべえ」
  • 常連が集う古き良き中華そば「あずま」
  • 畳の上で繊細な味を「月のうつわ」
  • 大人の為のラーメン屋「ラーメン&food’s bar Saika」
  • ちょっと変わった倉敷のラーメン界

おすすめ観光スポット

にぼし家(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市新倉敷駅前5丁目252−1

升屋(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市阿知2丁目22−3

ベトコンラーメン 新京(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市帯高507−2

らーめん食楽(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市 吉岡412−5

華麺(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市下庄372−8 ラスペーユⅡ 1F

(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市白楽町300−10

ごんべえ(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市真備町川辺1913−1

あずま(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市阿知3丁目13−2

月のうつわ(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市日ノ出町2丁目2−46

ラーメン&food’s bar Saika(外部サイト)
住所:岡山県倉敷市八軒屋159−3

「倉敷のおすすめラーメン店ならここ。観光で絶対行きたい!」の続きを読む

中国の世界遺産「福建土楼」の絶景

中国の世界遺産「福建土楼」の絶景

福建土楼(ふっけんどろう)は福建省の南西120キロに位置する、巨大な要塞のような建物群。多くの客家の屋敷や城があり、そうした家は庇の付いたタイル張りの屋根で、背の高い土壁はまるで要塞か古城か。土楼は15世紀から20世紀に渡って客家によって建築が行われましたが、その大きさは同時代からすると例外的だそうです。 その外見から内部に迫った貴重な写真が届きましたので、ご覧ください。...

  • 観光ガイド概要

    • 外敵から村ごと身を守る秀逸な手段

    「中国の世界遺産「福建土楼」の絶景」の続きを読む

    福岡の高級ホテルならここ!おすすめホテルランキングTOP10

    福岡の高級ホテルならここ!おすすめホテルランキングTOP10

    日本の中でも有数のグルメの宝庫として、またアジアの玄関口としても知られる福岡。近年では中国や韓国からの観光客が増加し、おもてなしについて大きく発展してきた街でもあります。今回は、そんな福岡でセレブな生活を味わえる高級ホテルをいくつか紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 福岡の基本情報
    • 福岡で最も知られているホテル「ヒルトン福岡シーホーク」
    • まるで海外リゾートにいるような気分「ザ・ルイガンズ」
    • 海辺で憧れの結婚式を「ホテルマリノアリゾート福岡」
    • 都心に隠れる極上の癒し「ウィズ・ザ・スタイル福岡」
    • ショッピングが目当ての方にはおすすめ「グランド・ハイアット・福岡」
    • 宿泊客を大満足させる朝食「ホテル日航福岡」
    • レトロな港の一等地「プレミアホテル門司港」
    • 燦々と輝く夜景「リーガロイヤルホテル小倉」
    • 和の空間でくつろぎたいなら「ふかほり邸」
    • ラグジュアリーな空間と接客「ホテルオークラ福岡」
    • 景色を求めるか癒しを求めるか

    おすすめ観光スポット

    ヒルトン福岡シーホーク(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市中央区地行浜2丁目2−3

    ザ・ルイガンズ(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市東区西戸崎18-25

    ホテルマリノアリゾート福岡(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市西区小戸2−12−43

    ウィズ・ザ・スタイル福岡(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市博多区博多駅南1丁目9−18

    グランド・ハイアット・福岡(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市博多区住吉1-2-82

    ホテル日航福岡(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市博多区博多駅前2丁目18−25

    プレミアホテル門司港(外部サイト)
    住所:福岡県北九州市門司区港町9-11

    リーガロイヤルホテル小倉(外部サイト)
    住所:福岡県北九州市 小倉北区浅野2−14−2

    ふかほり邸(外部サイト)
    住所:福岡県久留米市三潴町西牟田6552

    ホテルオークラ福岡(外部サイト)
    住所:福岡県福岡市博多区下川端町3-2

    「福岡の高級ホテルならここ!おすすめホテルランキングTOP10」の続きを読む

    洛陽観光で見たい、中国の歴史を感じる絶景10選

    洛陽観光で見たい、中国の歴史を感じる絶景10選

    中華人民共和国の江南省西部にある都市、洛陽に行ってみませんか。古来、日本でも京都を洛陽とよび、上京することを「洛上すると」言い、「洛中洛外図」が残っています。三国志で有名な曹操がここに都を置きました。洛陽はまさに古代の中国王朝の首都だったのです。洛陽で絶対に見逃せないのが、龍門石窟です。同じ仏教文化を受け継いだ国民として、そのルーツの一端を見ることは大いに意義があると思います。牡丹園と少林寺も紹介...

    観光ガイド概要

    • 龍門石窟廬舎那仏を含む4体
    • 中央にどっしりと座る廬舎那仏像
    • 伊川東岸から見た石窟遠景
    • 彫った人々の歴史がうかがえる龍門石窟アパート
    • 日本にももたらされた仏陀像の横顔
    • ジャイアントストーンの睨み
    • 達磨によってもたらされた禅宗と武術の少林寺
    • 洛陽牡丹園美しいシャクヤクの花
    • 驚嘆をあげて訪れる人達
    • アジア最大の音楽噴水ショー
    • 歴史的洛陽を観光して

    おすすめ観光スポット

    龍門洞窟(外部サイト)
    住所:河南省洛陽市龍門文化旅游園区龍門村

    嵩山少林寺(外部サイト)
    住所:河南省鄭州市登封

    洛陽国際牡丹園(外部サイト)
    住所:22 Airport Rd, Laocheng, Luoyang, Henan, 中国 471000

    音楽噴水(外部サイト)
    住所:洛陽市政府正面

    「洛陽観光で見たい、中国の歴史を感じる絶景10選」の続きを読む

    ロシア(ソ連)vs中国の領土・国境争いは壮絶だった…ダマンスキー島事件から紛争解決まで

    ロシア(ソ連)vs中国の領土・国境争いは壮絶だった…ダマンスキー島事件から紛争解決まで

    wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「ロシアVS中国の国境争いの歴史」をご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 国境争いが顕在化する前の両国
    • ヨーロッパとアジアの国境争いはこうやって始まった
    • ネルチンスク条約の締結
    • ロシアに新たな条約を突きつけられる中国
    • 国境紛争が深刻化したダマンスキー島事件
    • 核戦争の危機を招いたダマンスキー島事件
    • その後も続く両者のにらみ合い
    • 関係修復へと向かうロシアと中国
    • ヨーロッパとアジアの国境を巡り、長きにわたり壮絶な争いを続けたロシアと中国

    「ロシア(ソ連)vs中国の領土・国境争いは壮絶だった…ダマンスキー島事件から紛争解決まで」の続きを読む

    霊隠寺、曲院風荷、西湖…中国「杭州(コウシュウ)」観光で見たい観光スポット6選

    霊隠寺、曲院風荷、西湖…中国「杭州(コウシュウ)」観光で見たい観光スポット6選

    上海より少し南、近代的なビルが立ち並ぶオフィス街と、歴史的建築物や寺院などが残り歴史や伝統と近代発展が感じられる街「杭州」。中国六大古都の一つでもある杭州には、中国らしい絵に描いたような景勝地もあります。今回は中でも訪ねやすい絶景ポイントをご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 杭州観光で外せない「西湖」
    • 夏が特におすすめ 「曲院風荷」
    • ゆっくりと散歩ができる「柳浪聞鶯」
    • 大きな仏像や菩薩をめぐる「霊隠寺」
    • 大河を見下ろす眺めがおすすめ 「六和塔」
    • 中国銘茶を知る、味わえる「茶博物館」
    • 雄大な自然と中国の伝統の調和

    おすすめ観光スポット

    西湖 (杭州市)(外部サイト)
    住所:Hangzhou, China

    曲院風荷(外部サイト)
    住所:浙江省杭州市西湖区北山街

    柳浪聞鶯(外部サイト)
    住所:浙江省杭州市西湖区南山路清波橋河下6号

    霊隠寺(外部サイト)
    住所:中国浙江省杭州市霊隠路法雲弄1号

    六和塔(外部サイト)
    住所:浙江省杭州市西湖区之江路16号

    中国茶葉博物館(外部サイト)
    住所:浙江省杭州市西湖区龍井路88号双峰

    「霊隠寺、曲院風荷、西湖…中国「杭州(コウシュウ)」観光で見たい観光スポット6選」の続きを読む

    鳥専門の動物園に、蝶専門の公園!?マレーシアの「ペナン島」で行きたい観光スポットまとめ

    鳥専門の動物園に、蝶専門の公園!?マレーシアの「ペナン島」で行きたい観光スポットまとめ

    ペナン島は、平均気温は24~32℃と変化が少なく、雨季にはスコールや1日中雨が降り続けることもありますが、1年を通じてTシャツ&短パンで過ごせる快適な気候です。西洋、中国、イスラム、ヒンドゥー文化が融合し、独特の雰囲気があるペナン島は見どころが多彩です。...

    観光ガイド概要

    • ペナン島最大のモスク カピタン・クリン・モスク
    • マレーシア最大の仏教寺院 極楽寺
    • ペナン島最古の中国寺院 観音寺
    • ヒンドゥー教の美しい彫刻が見られる マハ・マリアマン寺院
    • ペナン島で最も美しい中国寺院 クー・コンシー
    • 鳥類専門の動物園 ペナン・バード・パーク
    • 数千匹の蝶が舞う バタフライ・ファーム
    • 散策に最適 トロピカル・フルーツ・ファーム
    • 熱帯ならではの自然 ペナン植物園
    • 食い倒れの町 ペナン
    • ペナン島へのアクセス

    おすすめ観光スポット

    カピタン・クリン・モスク(外部サイト)
    住所:Chulia St., Georgetown, Penang Island

    ケッロクシ(外部サイト)
    住所:Kek Lok Si Temple ,11500 Ayer Itam, Penang

    マハ・マリアマン寺院(外部サイト)
    住所:48-66 Lebuh Queen Georgetown, 10200 Penang, Pulau Penang, Malaysia

    クー・コンシー(外部サイト)
    住所:18 Cannon Square, 10200 Penang, Malaysia Pulau Pinang, 10200, Malaysia

    ペナン・バード・パーク(外部サイト)
    住所:Taman Burung Seberang Jaya, Jalan Todak, Seberang Jaya, 13700, Perai, Pulau Pinang, 13700, Malaysia

    ペナンバタフライファーム(外部サイト)
    住所:No 830, Jalan Teluk Bahang, 11050 Penang, Malaysia

    トロピカル・フルーツ・ファーム(外部サイト)
    住所:Jalan Kelawei Road, Teluk Bahang, 10250 Tanjong Bunga, Pinang, Pulau Pinang, Malaysia

    ペナン植物園(外部サイト)
    住所:10470 Jalan Waterfall Georgetown, 10350 Pinang, Plau Pinang, Malaysia

    「鳥専門の動物園に、蝶専門の公園!?マレーシアの「ペナン島」で行きたい観光スポットまとめ」の続きを読む

    上海に行ったら体験したいアートだらけの世界

    上海に行ったら体験したいアートだらけの世界

    上海はアートの世界に浸れる場所が多くあります。おしゃれで楽しめるアートの世界を見てアートの好きな方もアートに興味がない方も行って見たくなるアートスポットをご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • M50ギャラリー街ははずせないアートスポット
    • 西岸文化走廊が人気
    • 建物たち自体がアートのような紅坊
    • 上海外灘美術館
    • おしゃれなスポットといえば1933老場坊
    • アートに興味津々になれる

    おすすめ観光スポット

    M50ギャラリー街(外部サイト)
    住所:上海市莫干山路50号

    西岸文化走廊(外部サイト)
    住所:上海市龍騰大道

    紅坊(外部サイト)
    住所:570 Huaihai W Rd, Changning, Shanghai, 中国

    上海外灘美術館(外部サイト)
    住所: 20 Huqiu Rd, Huangpu, Shanghai, 中国 200085

    1933老場坊(外部サイト)
    住所:10 Shajing Rd, Hongkou, Shanghai, 中国

    「上海に行ったら体験したいアートだらけの世界」の続きを読む

    オランダといえばやっぱりこの風景!「キンデルダイク」で見れる絶景10選

    オランダといえばやっぱりこの風景!「キンデルダイク」で見れる絶景10選

    中国なら万里の長城、アメリカなら自由の女神像など各国にはそれぞれ固有の風景が存在していますがオランダの場合は、やはり風車なのではないでしょうか。今回はそんな風車の風景が見れる世界遺産「キンデルダイク」での絶景をいくつか紹介します。...

    観光ガイド概要

    • オランダ=風車の理由
    • のんびりとした時間に身を任せて
    • オランダの潮風浴びながらサイクリング
    • 朝霧による幻想的な世界
    • ヨーロッパ中を虜にした花
    • 哀愁漂う夕焼けの風景
    • ライトアップされる夜もおすすめ
    • ボートに乗って眺めるのもあり
    • 運河が発達している国だからこそ
    • もう1つの風車群
    • 一番好きな風車の景色を探してみよう

    おすすめ観光スポット

    キンデルダイクの風車(外部サイト)
    住所:Overwaard 2 2961AT Kinderdijk Holland

    キンデルダイク(外部サイト)
    住所:Nederwaard 1, 2961 AS Kinderdijk, Holland

    「オランダといえばやっぱりこの風景!「キンデルダイク」で見れる絶景10選」の続きを読む

    見たら絶対行きたくなる!中国・武夷山の絶景・魅力

    見たら絶対行きたくなる!中国・武夷山の絶景・魅力

    1999年に世界遺産にも登録されている武夷山は絶景が広がる名所になっており毎年沢山の観光客が訪れています。武夷山を知っている方も知らない方も、更に武夷山へ行きたくなるような魅力をご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 武夷山とは?
    • 1番人気の絶景!
    • 産地の烏龍茶は飲むべし
    • せっかく来たからにはハイキングもしてみる
    • 日本から武夷山までの道のり
    • 水墨画で見たことがある風景

    おすすめ観光スポット

    九曲渓のいかだ下り(外部サイト)
    住所:South of Wuyishan, Wuyi Shan 354300, China

    「見たら絶対行きたくなる!中国・武夷山の絶景・魅力」の続きを読む

    中国・海南に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

    中国・海南に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。中国・海南での観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。...

    観光ガイド概要

    • 中国最南端の地、海南
    • 南国情緒たっぷりの五つ星ホテル
    • 国際色豊かなビーチ
    • トロピカルフルーツを贅沢に楽しむ!
    • 海南産のコーヒーを味わう
    • ジューシーな文昌鶏を味わう
    • 美しいスパで最高のリラックス
    • 効能豊かな温泉
    • 眩しい日差しの中ゴルフを楽しむ
    • 南山寺で観音様に会う
    • さあ、旅に出よう

    「中国・海南に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選」の続きを読む

    アバターの世界広がる神秘の絶景!中国「武陵源」で見る凄い「橋」に「エレベーター」

    アバターの世界広がる神秘の絶景!中国「武陵源」で見る凄い「橋」に「エレベーター」

    中国の湖南省、張家界市にある世界遺産「武陵源」。総面積は約264平方km、高さ200m以上の岩の柱が3100本以上も林立する「武陵源」は、映画『アバター』の舞台になったことから有名になり、今では年間約2000万人もの観光客が訪れる大人気の絶景スポットです。そんな見所溢れる武陵源の見所をご紹介します!...

    観光ガイド概要

    • 大自然が作り上げた絶景「武陵源」とは
    • 映画『アバター』の舞台となった「袁家界風景区」
    • 幻想的な景観を仰ぎ見ながら贅沢な森林浴が楽しめる「金鞭渓景区」
    • 迫力溢れる景色が楽しめる武陵源のメイン「黄石寨風景区」
    • “天国への階段”が掛かる天門洞を有する「天門山風景区」
    • 表情豊かな絶景広がる「天子山自然保護区」
    • 多彩な見どころ集まる「索渓峪自然保護区」
    • さあ、旅へでかけよう

    おすすめ観光スポット

    武陵源(外部サイト)
    住所:Wulingyuan, Zhangjiajie, Hunan, China

    袁家界風景区(外部サイト)
    住所:中国湖南省張家界市武陵源区

    金鞭渓景区(外部サイト)
    住所:中国湖南省張家界市

    天門山風景区(外部サイト)
    住所:Yongding, Zhangjiajie, Hunan, China

    天子山自然保護区(外部サイト)
    住所:Wulingyuan, Zhangjiajie, Hunan, China

    索渓峪自然保護区(外部サイト)
    住所:Suoxiyu, Wulingyuan, Zhangjiajie, Hunan, China

    「アバターの世界広がる神秘の絶景!中国「武陵源」で見る凄い「橋」に「エレベーター」」の続きを読む

    北京にあった悲しい絶景…儚き中国の西洋建築「円明園」

    北京にあった悲しい絶景…儚き中国の西洋建築「円明園」

    近年急激な成長を果たし、世界の注目を浴びる中国。多くのビルが立ち並ぶようになった首都北京ですが、長く守られ続けた自然溢れる公園も今なお市民の憩いの場として残っています。今回は、北京の自然の中でも悲しい歴史を持つ円明園についてご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 円明園の基本情報
    • オレンジに染まる池
    • 舟に乗って公園を楽しむ
    • 元々は離宮の敷地
    • アジアのヴェルサイユ宮殿
    • 戦争による儚き最期
    • 現在の円明園
    • 彷徨う12の首
    • 幻の離宮をさらに学びたいなら
    • 歩き回って疲れたときは
    • 王朝のオアシスから市民のオアシスへ

    おすすめ観光スポット

    円明園(外部サイト)
    住所:北京市海淀区円明園

    「北京にあった悲しい絶景…儚き中国の西洋建築「円明園」」の続きを読む

    中国・大連に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

    中国・大連に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選

    次の旅行先に、旅行のテーマ、いつも悩みますよね。憧れのホテル、美味しい現地グルメ、異文化との交流。旅行には非日常が溢れています。本日は、人気の都市のおすすめスポットや体験をまとめてみました。中国・大連での観光・旅行プランのアイディアを10選お届けします。次の旅のヒントが見つかりますように。...

    観光ガイド概要

    • 知られざる美しい港町大連
    • 市内を路面電車が走る街
    • ロシア人街のある街
    • 市内各所に海水浴場がある中国では珍しい街
    • 市民の憩いの場 労働公園は贅沢にも市内ど真ん中に 
    • 円形広場の多い街
    • 美味しい海産物の宝庫
    • 夜も魅力、星海広場からの眺め
    • 普通の人達が慎ましやかに暮らす街
    • 東伊豆の様な濱海路
    • さあ、旅に出よう

    「中国・大連に行くならここ!観光アイディアになるおすすめスポット10選」の続きを読む

    中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう

    中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう

    四川省と聞くとコショウが効いた麻婆豆腐を代表とする激辛料理、四川料理を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。そんな四川省には、誰もが知る中国を代表する観光地が数多く存在します。かつて蜀の都だった省都・成都で『三国志』の世界に思いを馳せたり、中国の国宝・パンダと触れ合ったり、世界中から観光客が集まる絶景・九寨溝、黄龍でその美しさに魅了されたり、実に様々な魅力溢れる四川省。そんな見所満載の四川省で...

    観光ガイド概要

    • 世界中から観光客が集まる魅惑の秘境「九寨溝」
    • 石灰華の美しい層が織り成す絶景「黄龍」
    • 4大仏教名山の1つ「峨眉山」
    • 世界最大の磨崖仏「楽山大仏」
    • 紀元前の高度な灌漑技術を知ることができる「都江堰」
    • 中国の国宝パンダを保護する「成都パンダ繁殖センター」
    • 中国最大の三国遺跡博物館「成都武候祠」
    • さあ、旅へでかけよう

    おすすめ観光スポット

    九寨溝(外部サイト)
    住所:Jiuzhaigou, Sichuan, China

    黄龍風景区(外部サイト)
    住所:Pingsong Rd, Songpan, Aba, Sichuan, China

    峨眉山(外部サイト)
    住所:Emei Mountain, Emeishan, Leshan, China

    楽山大仏(外部サイト)
    住所:Leshan, Sichuan, China

    成都パンダ繁殖研究基地(外部サイト)
    住所:中国四川省成都外北熊猫大道1375号

    成都武候祠(外部サイト)
    住所:WuHouCi, Wuhou Qu, Chengdu Shi, Sichuan Sheng, China, 610000

    「中国を代表する観光地が集まる魅惑の「四川省」へ出かけましょう」の続きを読む

    かつて海だった!?世界遺産「中国南方カルスト」の過去を知ったら行きたくなった!

    かつて海だった!?世界遺産「中国南方カルスト」の過去を知ったら行きたくなった!

    中国の雲南省、貴州省、重慶市を含む地域はかつては海底でしたが、数億年の年月をかけて、海洋生物の化石などが堆積し続けて石灰岩となり地殻変動により隆起しました。その後、地上に現れた石灰質の大地が風雨にさらされ、浸食されて出来上がったのがカルストと呼ばれる地形です。ここでは、雲南省の石林の風景を紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 観光客がたくさん訪れる石林
    • 緑とのコントラストも美しい風景
    • 石林が映る池の風景
    • 積み上げたような石
    • 石の林のような風景
    • 自然にできたとは思えない風景
    • 波打つような美しい石の形
    • 不思議な形の石
    • 遠くまで広がる石柱の景観
    • 美しい湖と石柱
    • そびえ立つ石の美しさ

    「かつて海だった!?世界遺産「中国南方カルスト」の過去を知ったら行きたくなった!」の続きを読む

    中国にある世界一長い城壁!月から見える唯一の建造物?万里の長城の歴史

    中国にある世界一長い城壁!月から見える唯一の建造物?万里の長城の歴史

    wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光を楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「万里の長城」をご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 世界最長の古代建造物万里の長城とは?
    • 人類が生んだ万里の長城の始まり
    • 始皇帝による中国統一時の万里の長城
    • 漢の時代の万里の長城
    • 明の時代の万里の長城
    • 明時代に新しい万里の長城が造られた理由
    • 明代の万里の長城の活躍
    • 万里の長城の退役
    • 世界7大奇跡といわれる万里の長城の現在
    • 果てしなく続く雄大な中国の世界遺産!万里の長城を旅してみませんか?

    「中国にある世界一長い城壁!月から見える唯一の建造物?万里の長城の歴史」の続きを読む

    【旅行体験記】ノスタルジックな景色は、運河とともに歴史を語るin中国、蘇州

    【旅行体験記】ノスタルジックな景色は、運河とともに歴史を語るin中国、蘇州

    wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 中国の蘇州に渡航したjblkさんから、お話を伺いました。...

  • 観光ガイド概要

    • 今回の旅程
    • 街を貫く運河のある「山塘街」、運河とともに中国の歴史をたどって
    • 「山塘街」に向けて夜の散策ができるホテル
    • インパクトがあった蘇州料理
    • 残したい景色
    • さあ、旅にでよう

    「【旅行体験記】ノスタルジックな景色は、運河とともに歴史を語るin中国、蘇州」の続きを読む

    中国の素朴で雅な美しさをもつナシ族の都、麗江旧市街の歴史

    中国の素朴で雅な美しさをもつナシ族の都、麗江旧市街の歴史

    wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光を楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は中国の「麗江旧市街」をご紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 麗江旧市街地ってどんなところ?
    • 世界遺産に登録された風光明媚な麗江市
    • 古い歴史をもつ麗江の始まり
    • 水路が街全体に広がる水の都、麗江
    • 中国の美しい街、麗江の旧市街地の成り立ち
    • 周辺民族との良好な関係により生き残るナシ族
    • 麗江に繁栄をもたらせた交易
    • ナシ族が世界に誇るトンパ教
    • 大地震で壊滅し、復活を遂げた麗江旧市街
    • 人気観光地となった麗江旧市街
    • 800年も平和な街を造ったナシ族の都!麗江を旅してみませんか?

    「中国の素朴で雅な美しさをもつナシ族の都、麗江旧市街の歴史」の続きを読む

    美しい装飾と歴史。世界の美しい本3選

    美しい装飾と歴史。世界の美しい本3選

    最も身近なメディアの一つである本。文明の最初期には粘土板に木片などで刻みつけるのみでしたが、文明が発展するに連れて徐々に発展していき、中国の竹を割った「竹札」や古代エジプトではナイル川に自生するパピルスを用いることによって徐々に現在の「本」としての形に近づいていきました。中世になると獣の皮を伸ばした羊皮紙が用いられるようになります。その後15世紀半ばにドイツのグーテンベルクが印刷術を発明するまで本...

    観光ガイド概要

    • 世界の美しい本①ケルズの書
    • 世界の美しい本②ベリー公のいとも豪華なる時祷書
    • 世界の美しい本③ロスチャイルド祈祷書

    「美しい装飾と歴史。世界の美しい本3選」の続きを読む

    行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、中国「黄果樹(コウカジュ)」の魅力

    行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、中国「黄果樹(コウカジュ)」の魅力

    貴州省に旅行に訪れる人が 必ずと言ってよいほど訪れる場所が安順です。ここにある最も有名なアジア最大の瀑布である「黄果樹瀑布」を見に訪れるためです。高さは74m、幅は81mもあり大迫力。またその周りにもカルスト地形の景色を楽しめる天星橋景区や 龍宮などの鍾乳洞など見所がたくさんあります。名前は聞いたことがあるけど、訪れる機会はなさそう、と思っている方は、ぜひこれを見てここの魅力発見してみてください。...

    観光ガイド概要

    • 上海から安順へ向かう旅から始めましょう
    • ここが貴州省 いよいよ安順、黄果樹へ向かいます
    • のどかな住民の生活の様子を垣間見る
    • 黄果樹瀑布の美しい滝
    • 大迫力の水の勢い
    • 滝の中に入ることも
    • 龍宮風景区の鍾乳洞
    • 石頭寨で石でできた家々を見てみる
    • ろうけつ染めが有名な石頭寨
    • 地元の人々の生活の様子
    • 黄果樹の旅へ出てみましょう

    おすすめ観光スポット

    龍宮風景区鍾乳洞(外部サイト)
    住所:貴州省安順市西秀区龍宮鎮

    「行くチャンスは無さそうだけどひと目みたい世界の町、中国「黄果樹(コウカジュ)」の魅力」の続きを読む

    氷と雪で作られた彫刻の数々…とても信じられない光景です。

    氷と雪で作られた彫刻の数々…とても信じられない光景です。

    この30年間、中国の都市であるハルピンは、「氷と雪の彫刻フェスティバル」 を行ってきました。有名な建物が世界中から集ったアーティストによって彫刻されています。このフェスティバルは毎年1万人もの人々が訪れる人気のイベントです。 この氷のフェスティバルのための材料は、松花江から調達されています。550ポンドもの氷がこのフェスティバルのために運び込まれます。 このフェスティバルは毎年1月上旬...

  • 観光ガイド概要

    • 中国ハルビンで楽しむ氷の祭典

    「氷と雪で作られた彫刻の数々…とても信じられない光景です。」の続きを読む

    中国の世界遺産「雲崗石窟」の特徴や歴史、観光見どころまとめ

    中国の世界遺産「雲崗石窟」の特徴や歴史、観光見どころまとめ

    中国にある雲崗石窟は5世紀から6世紀にかけてつくられた石窟寺院です。雲崗石窟には大小合わせて252の洞窟、51,000以上の仏像が残っており、それぞれの石窟で歴史を感じることができます。雲崗石窟の歴史を知り、旅行を楽しみましょう。...

    観光ガイド概要

    • 51,000体以上の仏像が残る!雲崗石窟とは?
    • 仏教文化を広めるために造られた雲崗石窟
    • 雲崗石窟の最盛期に造られた第二期石窟
    • 龍門石窟にも造形様式が継承された第三期石窟
    • 雲崗石窟に行きたい!日本からのアクセス方法
    • 歴史ある雲崗石窟を訪れよう!

    おすすめ観光スポット

    雲岡石窟寺院群(外部サイト)
    住所:山西省大同市礦区市西16公里的武周山麓

    「中国の世界遺産「雲崗石窟」の特徴や歴史、観光見どころまとめ」の続きを読む

    【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ

    【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ

    wondertripでは特集「旅行体験談」の連載を始めました。それぞれの機会や理由で旅にでる日本人たちの、旅行体験記をお楽しみください。本日は、 マカオに渡航したうめさんから、お話を伺いました。...

  • 観光ガイド概要

    • 今回の旅程
    • まさに他にはない独特な雰囲気のマカオの街並
    • ホテルにも様々なタイプが
    • 3つのパターンの料理を堪能の贅沢
    • 今回の旅で感じた事
    • さあ、旅にでよう

    「【旅行体験記】中国とポルトガルの2つの文化が交錯する興味深い街、マカオ」の続きを読む

    ふむふむ…世界遺産「清東陵」の過去を知ったら行きたくなった!

    ふむふむ…世界遺産「清東陵」の過去を知ったら行きたくなった!

    中国の歴史の長さと、その広大さはみなさんご存知かと思います。たくさんの歴史的建造物や、美しい自然など、たくさんの観光客が世界中から訪れて、その壮大な歴史のロマンに触れています。ここでご案内する清東陵は、中国の河北省遵化(じゅんか)市にある、清朝の皇室の陵墓群です。清朝三大皇族墓地の一つで、世界遺産に指定されています。清東陵の工事は、1661年の孝陵から始まり、1908年の西太后の慈禧陵まで約2世紀...

    観光ガイド概要

    • 旅の始まりは北京から
    • 気分はラストエンペラー
    • 入り口だけでもこの大きさ
    • 清第3代、順治帝の陵墓。
    • 地下に埋まる乾隆帝の墓室
    • 定東陵 9代皇帝、咸豊帝の皇后のお墓
    • 西太后の碑亭の中の碑
    • 菩陀峪定東陵の隆恩殿
    • とにかく大きく歴史を感じられる場所

    おすすめ観光スポット

    清東陵(外部サイト)
    住所:河北省遵化市清東陵 

    清東陵(外部サイト)
    住所:中国河北省遵化市

    清東陵(Qingdongling)(外部サイト)
    住所:河北省遵化市清東陵 

    清東陵(外部サイト)
    住所:河北省遵化市北西郊外

    清東陵 (Qingdongling)(外部サイト)
    住所:河北省遵化市清東陵 

    「ふむふむ…世界遺産「清東陵」の過去を知ったら行きたくなった!」の続きを読む

    壮大さと繊細さを兼ね備える「中国三大石窟」の魅力

    壮大さと繊細さを兼ね備える「中国三大石窟」の魅力

    広大な大地と歴史を持つアジアの大国である中国には、大きな石や崖に多くの仏像を彫った石窟が数多く残されています。その中でも、今回は中国の石窟を代表する3つのスポットについて紹介します。...

    観光ガイド概要

    • 敦煌莫高窟
    • 膨大な壁画と仏像
    • 莫高窟をさらに楽しめる本
    • 雲崗石窟
    • 禁止と復活を繰り返した仏教
    • 仏教美術が始まった地
    • 龍門石窟
    • 400年間にもわたる建設期間
    • 革命と破壊
    • 石窟で学ぶ仏教の歴史

    おすすめ観光スポット

    莫高窟(外部サイト)
    住所:甘粛省敦煌市莫高窟

    莫高窟(外部サイト)
    住所:甘粛省敦煌市莫高窟

    「壮大さと繊細さを兼ね備える「中国三大石窟」の魅力」の続きを読む

    世界の詐欺27選…観光客を狙った犯行に気をつけて!

    世界の詐欺27選…観光客を狙った犯行に気をつけて!

    中国で、英語圏出身者とみられる人をターゲットに起こる「ティーハウス詐欺」はご存知ですか? 中国人の学生が、英語の練習をしたいと声をかけ、カフェへと誘ってきます。そしてお茶を大量に注文させると、すぐにどこかへ消えてしまうんだとか。結局は少なくとも普通の値段の20倍以上もするような支払いを求められてしまいます。もちろん学生たちはお店とグルで、後で手数料を回収に戻ってきます。(標的となった人はホテ...

    観光ガイド概要

    • この40事例を掲載したインフォグラフィックから、27個をセレクト
    • フレンドシップ・ブレスレット詐欺
    • 彼女にバラを詐欺
    • 指輪ですか詐欺
    • 赤ちゃん詐欺
    • 路上パフォーマンス詐欺
    • 捨てられた財布詐欺
    • ジャケットのシミ詐欺
    • 靴磨き詐欺
    • ローズマリー詐欺
    • カメラ詐欺
    • ミュージシャン詐欺
    • ドラッグ詐欺
    • タクシーの中で
    • 夜行バス詐欺
    • おつり詐欺
    • レンタカー詐欺
    • 混雑した電車で
    • タクシーの運転手
    • レジでの詐欺
    • おつり詐欺
    • 宝石店で
    • 保険会社詐欺
    • 偽の警察
    • チケットの列
    • あなたの母国語を話す男性
    • 地図を使ったすり
    • 物乞い
    • 詐欺に気をつけて旅をしよう

    「世界の詐欺27選…観光客を狙った犯行に気をつけて!」の続きを読む

    中国の歴史が詰まった地、西安に今すぐ行きたい10の理由

    中国の歴史が詰まった地、西安に今すぐ行きたい10の理由

    その昔、東野都があったと言われる中国の西安。中国の歴史が詰まった地と言っても過言ではありません。観光スポットとしても整備された西安に今すぐ行きたい理由をまとめてみました。...

    観光ガイド概要

    • 歴史を感じる建物がたくさん
    • 可愛いパンダに会える
    • 万里の長城に行ける
    • 世界一危険と言われる登山にチャレンジできる
    • 絶対に下を見てはいけません
    • 山頂の景色は格別
    • サイクリングで観光地巡りをすることも
    • 中国の歴史に触れられる
    • 美味しい中華料理に舌鼓
    • 夜景が楽しめる
    • さあ、旅に出かけよう

    おすすめ観光スポット

    西安秦嶺野生動物園(外部サイト)
    住所:西安长安区秦岭北麓环山生态旅游带

    西安市(外部サイト)
    住所:陝西省西安市

    西岳華山(外部サイト)
    住所:陝西省華陰市

    「中国の歴史が詰まった地、西安に今すぐ行きたい10の理由」の続きを読む

    中国の危険なトレッキングコース…頂上で楽しめるものとは?

    中国の危険なトレッキングコース…頂上で楽しめるものとは?

    中国、西安の東に華山の頂上があります。たどり着くためにはかなり危険なトレッキングルートを通らなくてはなりませんが、神聖な場所を訪問できるという代えがたい価値があります。...

    観光ガイド概要

    • 山の麓は「天への階段」と言われています。
    • 頂上にある寺院をサポートする小さな村がここ数年で出来上がりました。
    • ゴンドラに乗って南部の頂上に移動します。
    • ゴンドラから降りると、板の小道を通っていきます。下を見てはいけません!
    • 山壁に打ち込まれている金属杭やチェーンを頼りに進んでいきます。
    • 山を降りてくる人とすれ違うこともあるので、その時は戻って人が通れるスペースを作らなくてはなりません。
    • 小道には目印の旗が立っています。
    • しばらくした後、山はより直線的になります。
    • 最後にはつま先を引っ掛けるほどの足場しかありません。
    • 着きました!標高2160メートルの高さの茶室です。お茶を楽しむ気持ちになれそうですか?
    • 標高2160キロの茶室でお茶を楽しもう

    「中国の危険なトレッキングコース…頂上で楽しめるものとは?」の続きを読む

    新疆ウイグル自治区「カシュガル」で味わう中央アジアの絶景

    新疆ウイグル自治区「カシュガル」で味わう中央アジアの絶景

    中華人民共和国のウイグル自治区に位置するカシュガル。人口の80%は土着のウイグル族などの少数民族が占めているそう。そんなカシュガルは今なお民族的な生活、昔ながらの建物、大自然が数多く残されています。今回はカシュガルでやってみたいことをまとめてみました。...

    観光ガイド概要

    • 市場でフルーツ食べ歩き
    • ウィグル人の主食、窯焼きナンを食べる
    • ラクダに乗って砂漠を移動
    • 大自然の中で走り回る
    • 昔ながらのモスク巡り
    • 立派な門構えのクリーム色のモスク
    • 季節ごとに表情を変える自然の姿を見たい
    • 昔ながらの街中を歩いてみたい
    • 湖のほとりでのんびり
    • 幻想的な絶景を見に行きたい
    • さあ、旅に出かけよう

    「新疆ウイグル自治区「カシュガル」で味わう中央アジアの絶景」の続きを読む

    ふむふむ…世界遺産「天壇公園」の過去を知ったら行きたくなった!

    ふむふむ…世界遺産「天壇公園」の過去を知ったら行きたくなった!

    広大な国土を有する中国には、さまざまなジャンルの世界遺産が点在しています。雄大な自然を湛える世界遺産ももちろん多いのですが、4000年もの長い歴史を持つ中国のこと。万里の長城に代表されるように、歴史的建築物や名所も多く残されています。今回はそのなかのひとつである「天壇公園」の魅力に迫っていきます。...

    観光ガイド概要

    • 北京最大と謳われるの檀廟建築
    • 東西南北どの壇よりも重要だった「天壇」
    • 明の時代に生まれた祈りの場
    • 園内最大の見どころ「祈年殿」
    • 古代中国の宇宙観を巧みに表現
    • 悠久の北京のシンボル・天壇公園へ

    おすすめ観光スポット

    天壇公園(外部サイト)
    住所:中国北京市崇文区天壇内東路7号

    「ふむふむ…世界遺産「天壇公園」の過去を知ったら行きたくなった!」の続きを読む

    歴史と革新が交わる都市へ。上海で行きたい人気スポット5選

    歴史と革新が交わる都市へ。上海で行きたい人気スポット5選

    今回はお隣・中国最大の都市・上海についてご紹介していきたいと思います。世界有数の国際都市であり、商業・金融・工業・交通などの中心地のひとつでもあります。2010年には上海万博も開かれ、ますます活気にあふれた発展をしている上海。歴史ある上海の魅力を残しつつも、未来的なデザインの街並みを有する上海は、まだまだたくさんの魅力にあふれています。今回はそんな上海の魅力を今一度、写真とともに振り返ってみましょ...

    観光ガイド概要

    • 豪華絢爛な明代庭園!豫園(よえん)
    • 中国の朝・上海のサンライズ
    • 中国三大博物館のひとつ!上海博物館
    • 三国時代から受け継がれる朱家角水郷
    • 新しい街並みと古い町並みが混在する・上海旧市街
    • まだまだ魅力あふれる都市

    おすすめ観光スポット

    豫園(よえん)(外部サイト)
    住所:218 Anren St, Huangpu, Shanghai, 中国

    「歴史と革新が交わる都市へ。上海で行きたい人気スポット5選」の続きを読む