【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握

「赤壁の戦い」は、三国志におけるもっとも有名な戦ではないでしょうか。中国北部に勢力を張る「曹操(そうそう)」とそれと対峙する「孫権(そんけん)」「劉備(りゅうび)」連合軍による戦いです。中華統一のため連合軍の5倍とも10倍ともいわれる軍で侵攻した「曹操」でしたが、なんと「孫権」「劉備」連合軍に手痛い一撃を食らわされ、三国成立を導いてしまったのでした。「孫権」「劉備」連合軍が勝利を収めたのは、兵力差に負けない、さまざまな駆け引きがあったのです。それでは赤壁の戦いとはどのような戦いであったのか、簡単にまとめてみました。


赤壁の戦いに至るまで

「曹操」による荊州侵攻

「曹操」による荊州侵攻

image by iStockphoto

中国北部を統一し、北の憂いをなくした「曹操」は、中華統一に向け、次の矛先を南にある荊州に定めたのでした。
荊州で権力を握っていた「劉表(りゅうひょう)」は、この時重篤な病に臥し、後継者争いでお家騒動が起きていたのも「曹操」が目を付けた理由の一つでした。

208年7月に「曹操」が荊州に侵攻を開始。
その翌月「劉表」が亡くなり、跡を継いだ「劉琮(りゅうそう)」は、戦うことなく「曹操」に降伏したのでした。
「劉琮」が降伏したことにより、荊州で「曹操」に刃向う者は新野城にこもる「劉備」のみとなったのです。
そして「曹操」は「劉備」を滅ぼすべく、新野城に攻撃を仕掛けるのでした。

兵力が圧倒的に劣る「劉備」でしたが、「曹操」軍に対し善戦。
「諸葛亮(しょかつりょう)」の計略により、何度となく「曹操」軍を打ち破ることに成功したのです。
しかし「諸葛亮」は、新野城では後々やってくる「曹操」の大軍を防ぐことはできないと判断。
「劉琦(りゅうき)」がこもる江夏・江陵に行き、そこで力を合わせて「曹操」と戦うことにし、新野城を後にしたのでした。

長坂の戦い

長坂の戦い

image by PIXTA / 5013978

「劉琮」が戦うことなく降伏したことにより、無傷で襄陽城に入城できた「曹操」でしたが、一つ懸念がありました。
それは新野城を捨て、江夏に向かった「劉備」のことでした。
「劉備」には、新野城や以前から何度か手痛い敗戦を喫しているため、兵や兵糧が豊富にある江夏や江陵に入られると厄介だったのです。
「曹操」は休む間もなく、すぐさま「劉備」に対し、追手を差し向けたのでした。

長江沿いに南下を続ける「劉備」でしたが、兵だけでなく、民百姓を連れての逃避行であったため、行軍が非常に遅いものでした。

そして追いついた「曹操」軍の先鋒隊が、当陽県長坂で「劉備」軍の背後から、一斉攻撃を開始したのです。

行軍の疲れと民百姓の混ざる混成部隊である「劉備」軍では、「曹操」軍と戦える力はありませんでした。
大混乱をおこし誰がどこにいるのかわからない状態。
「劉備」の側近や二人の夫人、跡継ぎである息子は「曹操」軍に捕らわれてしまい、「劉備」自身命からがら逃げだすようなことになってしまったのです。

側近や夫人、息子は「趙雲(ちょううん)」の活躍により、取り戻すことに成功しましたが、夫人の一人は足手まといになることを懸念し、井戸に身を投げ自殺せざるを得ないほどの大惨敗でした。

その後「張飛(ちょうひ)」の活躍と「劉琦」の援軍が到着したことで、何とか「曹操」軍から逃げ切った「劉備」は夏口にたどり着き、そこでようやく一息をつくことができたのです。

「孫権」への脅し

「孫権」への脅し

image by PIXTA / 14755117

「曹操」は「劉備」を取り逃がしたことを大変悔やんだといいます。
しかし「逃げられたものは仕方がない」とばかり、次なる手を打つのです。

それは「孫権」に「劉備」を討たせることでした。

「曹操」は降伏した荊州の水軍を長江にずらっと並べた上で「孫権」に手紙を送ったのです。
その手紙は友好的な内容で書かれていましたが、実質は脅迫文のようなもので「曹操自身に80万もの兵が居ることをほのめかし、その気になればそちらに攻め込むぞ」といったことが書かれていたのでした。

この文面を見た「孫権」は今後の方針を決めるため、すぐに部下を集め、軍議を開いたのでした。

「曹操」にビビってしまっている部下たちの大半は、「降伏」を「孫権」に進言したのです。

しかしわずかながら「曹操」と敵対し、戦うことを望んでいた者たちも居て、「孫権」自身も「決戦」か「降伏」か、迷ってしまったのでした。

そのような時「決戦」派の「魯粛(ろしゅく)」が「孫権」に「「劉備」と手を結び、「曹操」と敵対すべし」と説いたのです。

その言葉を聞いた「孫権」は、手を結び「曹操」に勝てるだけの力が「劉備」にあるかどうか確かめるため「魯粛」を「劉備」の元に送り込んだのでした。

「孫権」の決断

「孫権」の決断

image by PIXTA / 27019548

「劉備」の元を訪れた「魯粛」は、「劉備」や「諸葛亮」と会談する中で、共同で「曹操」と戦い、勝利を得ることは可能と確信。
しかしこのことを「孫権」らにそのまま伝えても「降伏」派の人たちを説き伏せることは難しいと判断。
実際に「曹操」と戦ったことがある「諸葛亮」に説き伏せてもらおうと、「魯粛」は「諸葛亮」を連れ、「孫権」の元に戻ったのでした。

「魯粛」が戻った時、「曹操」による圧力はさらに強くなっており、「孫権」の周りは「降伏」の色が強くなっていました。

「降伏」派の主張は「「曹操」は80万もの大軍があり、後漢の皇帝を擁している。
このような人物に刃向っては逆賊になり、私たちはどのような扱いになるのでしょう。」と一致していたのです。

「降伏」派の意見は間違っておらず、「決戦」を望む者どもの主張は押し切られ、「孫権」自身も「降伏」に傾きつつありました。
しかし「孫権」が「降伏」してしまうと「曹操」に敵対できる勢力を失ってしまう「諸葛亮」は「孫権」に降伏されると非常に困るのです。

そうはさせじと「諸葛亮」は「降伏」派の者どもにこう言ったのでした。

「「曹操」の軍勢は大軍であるものの、水軍の戦いには不慣れであること。
「曹操」軍の大半は寄せ集めの兵であるため、統率がとれていないこと。
長旅の遠征で疲労していること。」

このようなことから「孫権」軍が十分勝ち目があることを説いたのです。

そして「孫権」にはダメ押しに「あなたが降伏すれば、部下は何らかの形で取り立てられるでしょう。
しかし王であったあなた様は王ではなくなる上、どのような処遇が待っているのでしょうか」とプライドを刺激したのでした。

「孫権」はこの「諸葛亮」の言葉に反応、そしてとうとう「劉備」と力を合わせて、「曹操」と敵対する道を選んだのです。

赤壁の戦いに至るまでの駆け引き

「劉備」・「諸葛亮」暗殺計画

「劉備」・「諸葛亮」暗殺計画

image by iStockphoto

「曹操」との戦いを決意した「孫権」は、自らの軍の大将に「周瑜(しゅうゆ)」を据えたのでした。
「周瑜」は「決戦」派の中心であり、非常に戦いにおける才能があふれる人物であったのです。
「周瑜」は「諸葛亮」と同じように「「曹操」軍には弱点が非常に多くあり、このような軍勢であれば、兵力が劣るわが軍でも十分に勝ち目がある。」と思っており、自らを奮い立たせたのでした。

さらに主君である「孫権」を説得した「諸葛亮」を非常に優秀な人物と判断し、「劉備」の元を離れ、「孫権」側に引き入れるよう説得工作もおこなっていくのです。

しかし「諸葛亮」の兄を使った説得工作をおこなうも、味方につけることはできなかったのでした。

「周瑜」は「諸葛亮」の才能を非常に評価しながらも警戒もしていたのです。
味方にできないのであれば、この戦いのさなかで殺してしまおうと計画するのでした。
しかしそのような「周瑜」の考えを感じていた「諸葛亮」は、上手くかわしていったのです。

さらに「諸葛亮」を味方にできない理由が主君である「劉備」にあるならば、その「劉備」を殺害しようと、「周瑜」は「劉備」に「戦いの打ち合わせをしたいので、こちらに来てほしい」と手紙を送ったのでした。
「劉備」は「周瑜」の頼みなので断ることもできず、「周瑜」の元を訪問したのですが、ここでも「諸葛亮」の策略により、無事に脱出することに成功。

「周瑜」による「劉備」・「諸葛亮」暗殺計画は失敗に終わったのでした。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選