大自然と人の手が作り上げた絶景の数々、中国・昆明(こんめい)

中国、雲南省の省都である昆明(こんめい)。地名としての昆明はあまり有名ではないかもしれませんが、治安も良い方で気候も快適、大自然に溢れたその絶景が見れることから中国の観光地としては人気のスポットとして知られています。今回はその中国・昆明のお勧めスポットについてご紹介していきたいと思います。






色鮮やかな赤と青が眩しい円通寺

色鮮やかな赤と青が眩しい円通寺
昆明を代表する寺院の一つである円通寺。
市内の円通山の麓に位置しており、1200年もの長い歴史を持っている、昆明で最も古い寺院です。

円通寺はその作りが少々特殊にできており、通常の寺院の作りとは全く逆の方法で建造されているのが特徴です。
昆明の人気の観光スポットとして知られており、その外観の美しさ、見事な庭園を一目見ようと訪れる参拝客が後を絶ちません。

中国ならではの色鮮やかな色彩、シンメトリーが印象的な建造物に思わず足が止まります。
周辺には公園に動物園と、のんびり散策がてら見て回ることができるのも魅力の一つです。

円通寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 円通寺
住所 雲南省昆明市五華区圓通街30号
営業時間・開場時間 8:00-17:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yunnaninfo.com/chinesebig5/yunnan/kunming/scenery_yuantongshi.htm
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

円通寺のスポットページ

圧倒的な存在感、荘厳な石の林

圧倒的な存在感、荘厳な石の林
昆明の観光スポットで、他では見られない絶景ポイントはこちらの石林。
昆明市から東南に位置するこちらの石林、正式名称は「石林イ族自治県」といい、中国の少数民族の自治県内にあります。
観光するには現地の方のガイドが同行しなければなりません。

かつてこの地は海の底に。
ヒマラヤ山脈の大陸の隆起によって陸地となり、長年雨風にさらされたことで現在の姿となりました。
そびえ立つ大小様々な石の柱は圧巻の一言。
中国ならではの大自然の姿を見ることができます。

まるで古代世界に迷い込んだよう

まるで古代世界に迷い込んだよう
途方も無い時間が作り上げた大自然の芸術。
この石林の周辺には、大昔の生き物の化石が眠っていると言われ、化石保護区に指定されているほどです。

所狭しと天井に向けて佇む石柱の中に太古の生物が静かに眠っていると思うと、ロマンに溢れていますね。
観光の途中、はるか昔からこの地に住む「イ族」の当時の生活を壁画を通して見ることもできます。

ガイドさんの中にはイ族の方もいらっしゃって、その美しい赤が印象的な民族衣装を見られる事も。

石林から見上げる空

石林から見上げる空
暗雲立ち込めるようなこちらの写真、とても雰囲気がありますね。
光の差し込まない石の林はどこかひんやりと冷たい印象があります。
長い長い年月を経てようやく完成された石柱。
人知の及ばない、何か大きな力が伝わってくるようです。

石林の中は、大石林、小石林、芝雲洞、奇風洞、長湖、月湖、大畳水、乃古石林と、幾つかにエリアが分けられています。
広大な敷地となっていますが、時間を忘れてのんびりと観光するのにはもってこいと言えるでしょう。







恐竜が歩いてきそうな大自然

恐竜が歩いてきそうな大自然
色あざやかな緑の色に、無機質な岩肌。
まだ人の手が及んでいない、太古の地球の姿がそのまま残っているようにも感じます。
辺りを見回しながら奥へ進んでいく途中に、恐竜が出てきてもおかしくないとすら感じられます。

石林の中を進んでいくと、全容を見渡せる展望台も設置されています。
360度のパソラマ全てに広がる石林の光景は息をのむ壮大さ。
ぜひカメラを片手に訪れていただきたスポットです。

美しい人工の湖、頤和園の昆明湖

美しい人工の湖、頤和園の昆明湖
こちらは北京の西北に位置する頤和園の昆明湖。
広大な敷地の広がるこの湖は、はるか昔に人の手によって作られたもの。
1750年、清朝第6皇帝である乾隆帝が、自身の母親の還暦の祝いとして作らせたものと言われています。
こちらの湖は、頤和園の3/4の面積を占めているほど巨大なものです。

湖の向こう側に水平に広がる木々が美しいですね。
広大な敷地と、高い建物がないからこそ見られる光景です。
ボートに乗って見る太陽と空はまた格別なものになりそう。

頤和園の昆明湖の住所・アクセスや営業時間など

名称 頤和園の昆明湖
住所 北京市海淀区頤和園(中華人民共和国)
営業時間・開場時間 April 1 to October 31:6:30-18:00 / November 1 to March 31: 7:00-17:00
利用料金や入場料 November 1 to March 31:RMB ¥20 / April 1 to October 31:RMB ¥30
参考サイト http://www.summerpalace-china.com/ywy/index.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

頤和園の昆明湖のスポットページ

緩やかな曲線が美しい石造りの橋、十七孔橋

緩やかな曲線が美しい石造りの橋、十七孔橋
頤和園の孔明湖と、南湖島と呼ばれる湖に浮かぶ島をつなぐ十七孔橋。
全長は150mほどで、そのアーチの数が17個存在することが名前の由来となっています。
橋の上には544匹にも登る獅子の像が立ち並んでおり、その表情は一匹一匹違っているのだとか。

橋の向こう側に見える華やかな色合いの建物は廓如亭と呼ばれています。
南湖島から見る湖の景色も格別。
ご自身の目で是非確かめてみてくださいね。

関連記事を見る

中国の記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
【諸葛亮孔明】赤壁の戦い、天下三分の計、数々の発明…天才軍師の歴史ざっくり復習
中国の世界遺産を全部解説!52件の世界遺産、あなたはどれが好み?
猛攻、謀略、虐殺、そして敗退へ「日中戦争」とは?
中国4000年の歴史でたった一人の女帝「則天武后」の歴史
混迷のはじまり。「満州事変」の歴史
日中戦争へのきっかけとなった「盧溝橋事件」前後の出来事とは?