中国西部ってどこか男のロマンに溢れてる…オアシス都市「敦煌(とんこう)」がわくわくする!

中国西部のオアシス都市、敦煌(とんこう)はシルクロードで有名です。シルクロードと聞くと、月の砂漠をキャラバンが進んでいく平山郁夫の絵を思い浮かべる人も多いかもしれません。今回はそのようなエキゾチックで悠久の時を感じられる観光スポット6選をご紹介します。

仏教美術の歴史が体感出来る!莫高窟

仏教美術の歴史が体感出来る!莫高窟
莫高窟(ばっこうくつ)は5世紀から15世紀までの壁画や教典、仏像が収められた石窟で世界遺産に指定されています。
今現在の石窟の数は735窟にのぼり、壁画の総面積は4万5千㎡にもなります。
有名になったきっかけは1900年に石窟の封じ込められた空間から多数の教典や写本(敦煌文書)が発見されたことです。
それにしても約1000年もの間、支配する国が変わる中で石窟が作り続けられたのは驚きですね。

莫高窟の住所・アクセスや営業時間など

名称 莫高窟
住所 甘粛省敦煌市敦煌研究院
営業時間・開場時間 現地時間8:00-17:00(冬期9:00-16:00)
利用料金や入場料 180元
参考サイト http://www.mogaoku.net/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

莫高窟のスポットページ

砂漠のオアシス月牙泉と鳴沙山

砂漠のオアシス月牙泉と鳴沙山
敦煌市から南へ5kmの場所にある三日月形をした湖、月牙泉。
この砂漠のオアシスはいまだかつて枯れたことがないといわれており、錦鯉が名物です。
ほとりには楼閣が復元されていて登って見学することも可能です。






月牙泉のまわりを取り囲んでいる砂山が鳴沙山。
砂は赤、黄、緑、白、黒の五色で構成されていて、晴れた日に風が吹くと音を立てることから鳴沙山と呼ばれています。

月牙泉鳴沙山の住所・アクセスや営業時間など

名称 月牙泉鳴沙山
住所 甘肃省敦煌市城南5公里处月牙泉鳴沙山风景名胜区
営業時間・開場時間 現地時間 7:00-19:00
利用料金や入場料 120元
参考サイト http://www.mssyyq.com/Html/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

月牙泉鳴沙山のスポットページ

魔鬼城の異名を持つヤルダン地質公園

敦煌市から西へ約180km向かった先のヤルダン地質公園では、東西25km、南北2kmにわたってユニークな形をした岩々が不思議な光景を形作っています。
それらはヤルダン地形と呼ばれており、乾燥した地域で雨風を受けて浸食される部分と浸食されずに残った固い部分によるものです。
古代の人々はこの景色を「悪魔が住む城」と恐れたようで「魔鬼城」との異名を持ちます。
奇岩はその特徴から「孔雀」「スフィンクス」「艦隊出海」など名前が付けられています。
まさに自然が作った芸術作品ですね。
次のページでは『らくだに乗ってキャラバン気分』を掲載!
次のページを読む >>