巨大な石窟に、断崖絶壁に建つ懸空寺…大同に今すぐ行きたい10の理由

北京の西約300㎞、山西省の北部に位置する大同には歴史を感じる建造物が点在しています。また、大同では中国の古き良き姿が見られ、グルメを楽しむこともできます。今回は大同に行きたくなる10個の魅力をご紹介いたします。


世界遺産の雲崗石窟

世界遺産の雲崗石窟

image by iStockphoto / 60043154

大同の主要観光スポットの一つである雲崗石窟は大同西部にある世界遺産の石窟です。
敦煌莫高窟、洛陽龍門石窟と並んで中国三大石窟の一つである雲崗石窟は東西一キロにわたって彫られた石窟群であり、石窟数は252窟、仏像数は大小合わせて5万1千体以上を誇ります。
5世紀から6世紀に造られた1500年の歴史を持つ雲崗石窟を訪れ、さまざまな仏像を目にすると当時の技術と信仰心の高さを感じられるでしょう。

雲崗石窟 Yungang Grottoesの住所・アクセスや営業時間など

名称 雲崗石窟 Yungang Grottoes
住所 中国山西省大同市雲岡観光地
営業時間・開場時間 ピークシーズン:8時10分-17時 オフシーズン:8時30分-16時30分
利用料金や入場料 125元
参考サイト http://tour.yungang.org/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

雲崗石窟 Yungang Grottoesのスポットページ

断崖絶壁に建つ懸空寺

断崖絶壁に建つ懸空寺

image by iStockphoto / 54679238

大同南東部に位置する懸空寺は5世紀に造られた仏教、道教、儒教の三つを融合した宗教の寺院です。
名前の通り、空に懸って見えるこの寺院は地上75mの崖に建てられた外観と釈迦、老子、孔子の像が並ぶ三教殿の珍しさで世界中の観光客から注目されており、大同の人気観光地の一つとなっています。
観光客も懸空寺の内部へ入ることができるため、三教殿に入って宗教に触れ、崖を見下ろし1500年の歴史を感じてみましょう。

懸空寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 懸空寺
住所 中華人民共和国山西省大同市渾源県金龍峡西側
営業時間・開場時間 4 – 10月 8:00 – 18:00、11 – 3月 8:00 – 17:00
利用料金や入場料 4 – 10月=130元、11 – 3月=125元
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/懸空寺
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

懸空寺のスポットページ

道教の聖地、恒山

道教の聖地、恒山

image by iStockphoto / 34096782

恒山は道教の聖地である五岳の一つであり、北岳と呼ばれています。
標高2016mの山頂へはロープウェイで上ることができ、山頂から見下ろす絶景が人気となっています。
山頂へは出家した道士が住む道観や廟(びょう)という宗教施設を見学しながら歩いて登ることもでき、途中で引くおみくじはよく当たると評判です。

恒山のふもとには懸空寺もあり、多くの観光客でにぎわっています。
恒山で道教の文化を学んでみてはいかがでしょうか。

中国最古で最大の九龍壁

中国最古で最大の九龍壁

image by iStockphoto / 57341630

1392年、明の初代皇帝朱元璋の第13子朱桂の屋敷に造られた九龍壁は幅45.5m、高さ8m、厚さ2mで中国一の大きさを誇ります。
この九龍壁は北京にある二つの九龍壁と並んで中国三大九龍壁の一つであり、現存する最古の九龍壁です。
大同の九龍壁は426枚の彩色瑠璃タイルを組み合わせて作られたものであり、その精巧な造りで最も美しい九龍壁と称されています。

九龍壁を見上げるとその美しさと迫力に息を飲むでしょう。


中国最古の木塔、応県木塔

中国最古の木塔、応県木塔

image by iStockphoto / 58033332

11世紀に造られた応県木塔は中国最古の木塔として知られています。
外観5層、内部9層の高さ67m、径30mを誇る仏塔には高さ11mの釈迦如来像が安置されており、木塔の内部に入って像を見学できます。
木塔を訪れると伝統的な外観と大地震でも影響を受けなかった建築技術に圧倒されるでしょう。

応県木塔は山西省朔州市応県にあり、大同からバスに乗って約1時間程度で行くことができます。

北方防衛の拠点、大同にある万里の長城

北方防衛の拠点、大同にある万里の長城

image by iStockphoto / 53345684

世界遺産に登録されている万里の長城は秦の時代に建設が開始された城壁であり、北方民族の侵入を防ぐ役割を果たしたものです。
大同は万里の長城から約50㎞の地点にあり、北方防衛の拠点とされました。
大同の近郊にある万里の長城は北京から行く八達嶺などと比べ観光地化が進んでおらず、ゆっくりと見学できます。

万里の長城でこの地の歴史に思いを馳せてみてはいかがですか。

中国仏教芸術の代表、華厳寺

中国仏教芸術の代表、華厳寺

image by iStockphoto / 59623988

華厳寺(げごんじ)は1038年に建てられた華厳宗の重要な寺院です。
元の時代に焼失し、現在あるものは明の時代に再建されたものです。
華厳寺は15世紀末、上華厳寺と下華厳寺に分けられ、現在は同じ場所にあるものの全く別のものとなっています。

上華厳寺と下華厳寺はともに中国仏教芸術を代表する逸品と言われ、多くの観光客を呼んでいます。
また、華厳寺には大同市博物館があり、歴史に関する展示や化石などを見学できます。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで