歴史と革新が交わる都市へ。上海で行きたい人気スポット5選

今回はお隣・中国最大の都市・上海についてご紹介していきたいと思います。世界有数の国際都市であり、商業・金融・工業・交通などの中心地のひとつでもあります。2010年には上海万博も開かれ、ますます活気にあふれた発展をしている上海。歴史ある上海の魅力を残しつつも、未来的なデザインの街並みを有する上海は、まだまだたくさんの魅力にあふれています。今回はそんな上海の魅力を今一度、写真とともに振り返ってみましょう!

豪華絢爛な明代庭園!豫園(よえん)

豪華絢爛な明代庭園!豫園(よえん)

image by iStockphoto / 70235713

上海市黄浦区安仁街に位置する明の時代に作られた庭園。
「楽しい園」という意味を持つのこの豫園。

この庭の面積は約2万平方メートルとても広く作られています。

なんと1559年から1577年の間、18年の歳月をかけて造園されました。
400年以上の歴史を持つ庭園で、中には明・清時代の中国南部の庭園建築芸術を代表した建築物が並んでいます。

上海随一の観光スポットとして毎年多くの観光客が訪れる場所です。

image by iStockphoto / 46620094

豫園(よえん)の住所・アクセスや営業時間など

名称 豫園(よえん)
住所 218 Anren St, Huangpu, Shanghai, 中国
営業時間・開場時間 8:30-16:45
利用料金や入場料 オンシーズン(4/1 6/30、9/1 11/30):40元 その他時期:30元
参考サイト http://www.yugarden.com.cn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

豫園(よえん)のスポットページ

中国の朝・上海のサンライズ

中国の朝・上海のサンライズ

image by iStockphoto / 20599549

未来的な表情を持つ上海の都心。
その中でも、朝の公園や広場では人々が太極拳を楽しんだり体操したりしています。

朝食を売る屋台からただよう香ばしい匂いや点心を買い求める人など、朝の風景はその国を象徴的に映し出すといわれています。
少し早起きすれば、大都会上海でも中国らしい朝の風景を目の当たりにすることができますよ。

image by iStockphoto / 59445350








中国三大博物館のひとつ!上海博物館

中国三大博物館のひとつ!上海博物館

image by iStockphoto / 24065034

上海博物館は中華人民共和国上海市黄浦区にある博物館で、北京の故宮博物館、南京博物館とともに中国三大博物館のひとつとされています。
中国4000年の歴史を総合的に展示する博物館で、青銅器や陶磁器、書や絵、工芸品などさまざまな展示物は膨大。

建物は4階建てで展示室は11室にものぼり、1日ではとてもまわりきれません。
限られた旅程の中で、見るポイントを絞って見学することをお勧めします。
土日はとても混雑し、入場まで行列ができることもあるみたいなので、平日に行くがお勧めです。

image by iStockphoto / 93357747

三国時代から受け継がれる朱家角水郷

三国時代から受け継がれる朱家角水郷

image by iStockphoto / 36183320

朱家角水郷は上海から少し離れた場所にある、朱家角。
1700年以上も前、三国時代から歴史があるといわれています。
水上の移動手段が主で、それにより商業の中継地点として栄えたところです。

昔ながらの江南の景色を楽しむことができ、上海のベニスともいわれている優雅な景色が楽しめる場所。
まるで過去にタイムスリップしてしまったかのような朱家角。
時間に余裕があればぜひ訪れてみてはいかがでしょう。

次のページでは『新しい街並みと古い町並みが混在する・上海旧市街』を掲載!
次のページを読む >>