かつて海だった!?世界遺産「中国南方カルスト」の過去を知ったら行きたくなった!

中国の雲南省、貴州省、重慶市を含む地域はかつては海底でしたが、数億年の年月をかけて、海洋生物の化石などが堆積し続けて石灰岩となり地殻変動により隆起しました。その後、地上に現れた石灰質の大地が風雨にさらされ、浸食されて出来上がったのがカルストと呼ばれる地形です。ここでは、雲南省の石林の風景を紹介します。

観光客がたくさん訪れる石林

観光客がたくさん訪れる石林

image by iStockphoto / 95506703

雲南省は南部でベトナム、ラオスと国境を接し、昆明からは80kmほど東に位置しています。
中国には55の民族が暮らしていますが、そのうち25の民族が雲南省に暮らしています。
民族ごとに衣食住、祭事、文字などに特徴があります。

緑とのコントラストも美しい風景

緑とのコントラストも美しい風景

image by iStockphoto / 95503325

石林は、大石林景区、小石林景区、歩哨山景区、李子園箐景区、万年霊芝景区の5つの区域に分かれています。
敷地は広く、全部見ようと思ったら1日がかりですが、大石林と小石林を巡り歩くだけでも十分満足いく景観が楽しめます。

石林が映る池の風景

石林が映る池の風景

image by iStockphoto / 19425289

石林はサニ族の女性の運転する電動カートで観光することもできます。
途中で、奇岩の中を散策したり記念写真を撮ったりしながら、自然の造形を楽しめます。

積み上げたような石

積み上げたような石

image by iStockphoto / 89490053

昆明の市内から石林までバスで1時間半で行くことができます。
石林内には、桜や桃の木もあり満開の時期に行くと美しい景観をながめることができます。
民族衣装をレンタルして記念写真を撮ることもできます。






石の林のような風景

石の林のような風景

image by iStockphoto / 92180201

夜も観光できるようにライトアップされるので、日中とは違った風景を楽しむことができます。

自然にできたとは思えない風景

自然にできたとは思えない風景

image by iStockphoto / 75789211

高さ30m以上の石柱もあります。
石の形はさまざまで、キノコ型や、高い塔のようなもの、剣のようなものもあります。

波打つような美しい石の形

波打つような美しい石の形

image by iStockphoto / 63931869

空の青さと木々の緑とのコントラストも美しく、無数の石柱が天に伸びている姿は圧巻です。
次のページでは『不思議な形の石』を掲載!
次のページを読む >>