高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観!中国観光「広州(コウシュウ)」で見たい絶景10選

広州は中華人民共和国広東省にあり広東省人民政府があり人口1400万人を超える省都です。商業の中心として活気がある都市ですね。地理的に香港も近いので、戦略上の重要な港として扱われてきました。かつてはカントンと呼ばれていましたが、中華の広東料理はあまりにも有名です。レストランの数はとても多いですね。広州の絶景10選を紹介します。

高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観

高層ビルが立ち並ぶ広州の都市景観

image by iStockphoto

広州は中国で北京、上海市に次ぐ第3位の都市です。
中国南部の経済、教育、文化、交通などの中心都市として現在も発展し続けているのですね。
珠江新城商業地区では高層ビルが立ち並び都市化がますます進んでいます。
「食は広州にあり」と言われるように広東料理の中心で、ファーストフード店をはじめカフェや中華レストランが数多くありますね。
言語は広州方言が元々あって普通の中国語と違いますが、学校教育では失われないよう伝承に努力しています。

広州の住所・アクセスや営業時間など

名称 広州
住所 Guangzhou Shi, Guangdong Sheng, 中国
営業時間・開場時間
利用料金や入場料
参考サイト http://www.gz.gov.cn/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

広州のスポットページ

まるでかつての東京を思わせるショッピング街

まるでかつての東京を思わせるショッピング街

image by iStockphoto

日本で言うと少し前の銀座か新宿といった繁華街ですね。
ファーストフードの店やコーヒーショップ、旅行会社や薬局、レストラン、回転寿司店、映画館、電気店やそれらの雑居ビルが立ち並んでいます。
自動車宣伝の看板に見れるように商業的な目的を持った通りは人々が行き交うことで潤い、市内の流通や生産活動を高めていくことにつながっているのですね。
日本人観光客がぶらりとラフなスタイルで歩いていても溶け込んでしまって区別がつきません。

上下九步行街の住所・アクセスや営業時間など

名称 上下九步行街
住所 Shang Xia Jiu Bu Xing Jie, ShangXiaJiu, Liwan Qu, Guangzhou Shi, Guangdong Sheng
営業時間・開場時間 店舗による
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://baike.baidu.com/item/%E4%B8%8A%E4%B8%8B%E4%B9%9D%E6%AD%A5%E8%A1%8C%E8%A1%97
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

上下九步行街のスポットページ

夜間の照明が美しい広東タワー

夜間の照明が美しい広東タワー

image by iStockphoto

2009年に竣工し、2010年9月から一般に公開を始め、夜間は七色の照明によって輝いている広州タワーです。
全長600mありますので、スカイツリーに次ぐ世界第2位の高さの電波塔ですね。
チケットが4種類あって登れる高さが違っています。
一番安価なチケットでも400mまで上がれますから眺望を楽しむにはそれでも充分です。
最高部屋上にはポッドライドという楕円のレールに沿って移動する世界最高度の観覧車があり、とても人気ですよ。

広東タワーの住所・アクセスや営業時間など

名称 広東タワー
住所 Guangdong Sheng, Guangzhou Shi, Haizhu Qu, Yiyuan Rd, 阅江中路222号
営業時間・開場時間 9:30−22:00
利用料金や入場料 大人150元 子供75元
参考サイト http://www.cantontower.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

広東タワーのスポットページ

道教寺院本山広州三元宮の老子像

道教寺院本山広州三元宮の老子像

image by iStockphoto

中国の三大宗教と言われるものに儒教、仏教、道教があります。
道教は恒常不変の道を自分で探求していく修行を求め、拳法を通して気を整え、瞑想することで心を落ち着かせて長生きするといった教えを広めていくのです。
不老長寿の力を持っているとされる老子の姿が一つの本尊となっているのですね。
広州には西暦319年に建てられた道教寺院本山広州三元宮があります。
地下鉄2号線紀念堂駅から北へ向かうと行けますよ。







道教寺院本山広州三元宮の住所・アクセスや営業時間など

名称 道教寺院本山広州三元宮
住所 11 Yingyuan Rd, Yuexiu Qu, Guangzhou Shi, Guangdong Sheng
営業時間・開場時間 8:00−17:00
利用料金や入場料 1元
参考サイト http://baike.baidu.com/item/%E4%B8%89%E5%85%83%E5%AE%AB/13032396
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

道教寺院本山広州三元宮のスポットページ

照明を受けて珠江にかかるモダンな吊り橋の猟徳橋

照明を受けて珠江にかかるモダンな吊り橋の猟徳橋

image by iStockphoto

広州の洙江川地区の入り口にかかる猟徳橋です。
主脚が勾玉のようなモダンなデザインの造りになっていてどちらの方向から見ても記憶に残る美しい橋ですね。
メインケーブルが両側に2本ずつ張られていますが斜張橋となっています。
橋を渡ると同時に空間の境を通過するイメージ、世界を渡る意味がこめられているのですね。

猟徳橋の住所・アクセスや営業時間など

名称 猟徳橋
住所 Guangdong Sheng, Guangzhou Shi, Haizhu Qu, 猎德大桥
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://baike.baidu.com/item/%E7%8C%8E%E5%BE%B7%E5%A4%A7%E6%A1%A5
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

猟徳橋のスポットページ

記念碑を前に中山陵記念館

記念碑を前に中山陵記念館

image by iStockphoto / 16536878

孫文、毛沢東、周恩来、蒋介石、林彪、魯迅と言ったら近代の中国の偉人となりますが、広州ではどの偉人ともいわくがあるのですね。
日本で孫文と呼ぶのは中国では孫中山と呼びます。
つまりここは孫文の御霊を祀りながら功績を讃え資料を公開する博物館でもあるのです。
建物の前には立派な記念碑があり、孫文の面影が偲ばれます。

中山陵記念館の住所・アクセスや営業時間など

名称 中山陵記念館
住所 259 Dongfeng Middle Rd, Yuexiu Qu, Guangzhou Shi, Guangdong Sheng
営業時間・開場時間 8:00−18:00
利用料金や入場料 10元
参考サイト http://www.zs-hall.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

中山陵記念館のスポットページ

新幹線が停車しているプラットホーム

広州から深セン市を経由して香港の西九龍総駅に通じている中国の新幹線ともいうべき広深港高速鉄道です。
先頭車両がプラットホームに入っていますが、日本の新幹線ととても似通っていますね。
2005年に起工し2017年開通です。
広州~九龍間を60分ほどで走る予定になっています。
開通のための諸技術は日本からのものが多く取り入れられていますね。
ただし、車両は発車直前までホームに入れないので乗客はいつも駆け足で乗り込む習慣がありますよ。
次のページでは『ランタン祭りを彩る中華ランタンの光景』を掲載!
次のページを読む >>