インドにある地下深くへと続く美しい階段。その正体とは?

私は何度もインドを訪れていますが、30年前に初めて訪れたとき、見たことのない建築様式を目にしました。“階段井戸”と呼ばれるものです。(しかし他にも“バブ”や“バオリ”など様々な呼び名で呼ばれていました。)石でできた低い壁を見ていると、床が視界から消えていくのを見つけておどろきました。地下6階まで続く人口の階段と、彫刻が施された柱は影の中に消えていくかのように見えます。

見上げるよりも見下ろすほうが怖く、方向感覚を失ってしまいそうになります。それまでに経験したことのない感覚でした。

建築とアートを勉強したのに、なぜ私は階段井戸のことを聞いたことがなかったのでしょう。インドでもほとんど知られていいことがわかり、結果としてこのユニークな地下の建物は歴史からほとんど消えてしまったのです。4年前、その時見たものが忘れられずに、階段井戸を探し初め、私はこんなにも魅力に憑りつかれていたのかとその時気が付きました。これまでに7つの県でおよそ120の階段井戸を見て回り、もうすぐ別の階段井戸を見に行く予定です。

階段井戸は“井戸”ですから、一年じゅういつでも水を供給できるようにするのが階段井戸の役割です。ですがインドの台地は乾燥しているので、地下水を掘り当てるには地下9階まで掘らなければいけませんし、水を使うときには長い階段を上り下りしなければいけません。モンスーン特有の激しい雨が数週間から数か月続くと、水位が階段の一番上とまでは行きませんが、かなり上の方まで上昇してしまいますが、徐々に自然に元の水位に戻り階段も再び現れます。

多くの階段井戸がある中でもクジャラート州のパタン最という町にある、最も大きく豪華で壮大な「ラーニ・キ・ヴァヴ」(王妃の階段井戸)が何年も世界遺産の候補に挙がっていたのですが、去年ついにユネスコにより世界遺産に登録されました。これから先もっと注目を集め、保護地区のリストに載るのではなくツアーの行き先リストに載るようになってほしいものです。

Reference : boredpanda.com

Mahila Bag Jhalra(ラージャスターン州、ジョードプル)

Mahila Bag Jhalra(ラージャスターン州、ジョードプル)

Agrasen ki Baoli(デリー、14世紀)

Agrasen ki Baoli(デリー、14世紀)

名称不明(ハリヤーナー州、ナルナウル)

名称不明(ハリヤーナー州、ナルナウル)

Dada Harir Vav(グジャラート州、アーメダバード、1499年 )

Dada Harir Vav(グジャラート州、アーメダバード、1499年 )

Mukundpura Baoli(ハリヤーナー州、ナルナウル)

Mukundpura Baoli(ハリヤーナー州、ナルナウル)

Raniji Ki Baoli(ラジャスターン州、ブンディ、1699年)

Raniji Ki Baoli(ラジャスターン州、ブンディ、1699年)

Ujala Baoli(マディヤ・プラデーシュ州、マーンドゥー、15世紀後半)

Ujala Baoli(マディヤ・プラデーシュ州、マーンドゥー、15世紀後半)

関連記事を見る

アジアの記事を見る

秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで