ポルトガルっぽいビーチが楽しめるインド西海岸「ゴア」

インド亜大陸西海岸の真ん中に位置するインド・ゴア州。1510年からポルトガル統治下に置かれたこの街には今でもその頃の風景が残っていますが、近年はおしゃれなビーチ目当てにやってくる若い人が増えつつあります。そこで今回はゴア州の観光スポットの中で、その若い人たちを惹きつけるビーチを中心に紹介します。


南国気分を味わう・アンジュナビーチ

 南国気分を味わう・アンジュナビーチ
ゴア北部の街・マプサからバスで約20分ほどの場所にあるビーチ。
このビーチ周辺は岩礁地帯が多くあり、ビーチ沿いにはヤシの木も並んでいるため、南国に来たような気分になるかもしれません。
利用客はヨーロッパから来た長期滞在者が多くを占めており、インド人観光客はほとんどいないようです。

毎週水曜日に行われる大規模なフリーマーケットはこのビーチの名物となっており、訪れた長期滞在者が不要になった服や時計を出品していることもあります。
掘り出し物探しに覗いてみては。

ゴアでもっともトランスのパーティーが盛んに行われているパーティー最前線がここアンジュナビーチ。
毎週水曜日にはウェンズデーマーケットと呼ばれるマーケットが開催され、土産物屋やアーティストがデザインした服が並ぶ。
パーティーウェアで人気のコスモストライブやインディアンプロジェクトのショップもあります。
LET IT FLOWより

アンジュナビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 アンジュナビーチ
住所 Anjuna Beach Goa
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://imokennpi1989.blog.fc2.com/blog-entry-105.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アンジュナビーチのスポットページ

ショッピング街道も楽しい・アランボルビーチ

ショッピング街道も楽しい・アランボルビーチ
ゴア最北・ケリムビーチから南へ向かった場所にあるビーチ。
ビーチには500mほどの砂浜や教会が建っており、ゆったりした気分で海水浴を楽しめます。
行くためにはマプサから約1時間バスに乗って行くことになります
バスを降りたあとは約1.5㎞の道を歩きますが、その道中にはレストランやお土産屋が建っているので、時間の余裕があればグルメ、ショッピングをしてみても楽しいでしょう。

ノースゴアに来てビーチで過ごすことを主としているならここがおすすめ。
遠浅なビーチが見渡す限り続き、家族連れが多い落ち着いたビーチ。
夜になると旅人による楽器の持ち寄りでの演奏(ドラムサークル)や、アーティストが自作のアクセサリーを並べる小さなマーケットが始まる。
何か面白いものを売って稼ぐのもいいと思います。
LET IT FLOWより

Arambol Beach  アランボルビーチの住所・アクセスや営業時間など

名称 Arambol Beach  アランボルビーチ
住所 India – Goa, Arambol Beach
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.goabeaches.com/arambol-beach.php  https://www.expedia.co.jp/Arambol-Beach-Arambol.d6074924.Place-To-Visit
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Arambol Beach  アランボルビーチのスポットページ

ゴア州最高の美しさ・パロレムビーチ

ゴア州最高の美しさ・パロレムビーチ
ゴア州第2の都市、マルガオから南に20㎞ほど行った場所にあるビーチ。
ゴア州内にあるビーチでは最も美しいビーチと呼ばれており、1.5㎞ある弓状の砂浜も特徴的。
ビーチ内はあまり騒がしくなく落ち着いた雰囲気に包まれており、ゆったりビーチを楽しみたいならオススメと言えるでしょう。
またビーチ周辺にはコテージなどの宿泊施設もあり、機会があればチェックしてみても良いでしょう。

パロレムビーチは、そこまで派手な印象はなくのんびりしたビーチでした。
宿も掘立小屋みたいところでしたが、安かったので満足できました。
ゴアは、なかなかお酒を大っぴらに飲めないところの多いインドの中で、安心して飲める場所です。
さっそく昼間っからビールを飲みました。
ビーチを眺めながらビールを飲むのは最高でした。
あとは海に入って泳いだり、浜辺をジョギングしたりと意外と健康的な日々を過ごしました。
アラビア海に落ちる夕日などを眺めました。
バックパッカー海外旅行記 ふらっと一人旅ブログより

ゴアには20程のビーチがありますが、最も美しいと言われているのは南ゴアのパロレムビーチです。
北ゴアのビーチに比べて素朴で静寂に包まれているビーチです。
弓状の砂浜が約1.5キロ続きます。
静かなビーチでのんびりとしたい方にお薦めなのがこのパロレムビーチです。
パロレムビーチには、お手頃価格のホテルから少し高めのリゾートなど、多くのホテルがあります。
Mapionニュースより

次のページでは『思い切り泳ぐなら・カラングートビーチ』を掲載!
次のページを読む >>
Junya Higashi

Writer:

これまで旅行に行った土地は鹿児島・霧島や韓国・ソウルなど。世界の土地や風習のことなど、自分の知らない世界を調べて見るのが好きです。旅行経験やライター活動で得た知識が、これから旅行を楽しむ人の役に立てば大変嬉しく思います。どうぞよろしくお願いいたします!

この記事のカテゴリ

アジア
インド

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
【台湾の温泉5選】温泉愛好家がおすすめする温泉施設はここ!
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です