仏教における最高の聖地ブッダガヤに、人生観変わるインド文化…「パトナ」の魅力5選

パトナはインドのビハール州の州都。紀元前5世紀頃はマガダ国の首都パータリプトラ、紀元前2世紀にはインド亜大陸の大半を統一したマウリヤ朝、そして紀元後も西暦4世紀に成立したグプタ朝の都が開かれるなど、古代インド世界の中心都市の1つとして栄えた歴史を持つ代表的な都市です。平均気温は30度前後で、年間通して気温は高め。6~9月の雨季に雨量の大半が集中しています。気候はもちろん、風土や文化も日本とは全く異なり、治安なども決して安全とは言えませんが、日本からも多くの観光客が訪れています。そんなインド・パトナのオススメの観光スポット5選を紹介します。

パトナってこんなところ

パトナの住所・アクセスや営業時間など

名称 パトナ
住所 インド,ビハール州
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/パトナ
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パトナのスポットページ

#1 仏教における最高の聖地、ブッダガヤ

ブッダガヤはネーランジャヤ―河のほとりにあり、中心にブッダガヤの大菩薩寺、その周りには各国各宗派の寺院(中国寺、日本寺、ネパール寺など)があります。
釈迦如来の悟りの地として有名な八大聖地の1つとされ、仏教では最高の聖地であり、ヒンドゥ教における聖地でもあるそうです。

ブッダガヤの住所・アクセスや営業時間など

名称 ブッダガヤ
住所 インドのビハール州ガヤー県
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/ブッダガヤ
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ブッダガヤのスポットページ

#2 大規模教育施設の面影あり?ナランダ

5世紀頃に創設された最大の仏教学園(現在の大学)があった場所が、ナランダ。
学生は1万人、教師は1000人在籍していたといい、もともとは9階建ての校舎、6つの寺院、7つの僧院があったという規模の大きなものでした。
図書館にはなんと500万冊もの蔵書があったとされ、当時の教育の高さがうかがえます。
12世紀、イスラム勢力のインド制服の際に破壊され、今に至ります。
釈迦が最後に旅をしたルートにあるともいわれており、パトナでは重要な地と言えます。







ナランダ大学遺跡 Nalanda University Ruinsの住所・アクセスや営業時間など

名称 ナランダ大学遺跡 Nalanda University Ruins
住所 Rajgir, Nalanda, Bihar 803116 インド
営業時間・開場時間 9:00 AM – 5:00 PM
利用料金や入場料 100INR
参考サイト http://www.nalandauniv.edu.in/about-nalanda/history-and-revival/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ナランダ大学遺跡 Nalanda University Ruinsのスポットページ

#3 パトナ中が見渡せる、ゴールガル

ゴールガルは、1770年に起き、約1000万人が餓死したと言われる大飢饉の際に作られた穀物貯蔵庫です。
当時のインド総督・英陸軍のキャプテン・ジョン・ガースティンが命じられ、東インド会社の協力を得て建築しました。
完成は1978年7月のこと。
高さは27m、直径125m、壁の厚さは3.6mで、140000トンの貯蔵能力があります。
半円形の建物には階段が設置され、最上部まで登ることができ、パトナ中を見渡せる絶景スポットにもなっています。
次のページでは『建物も美しい、パトナ州立美術館』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

インドの記事を見る

世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
インド観光なら次はここ!「バンガロール」で見たい絶景10選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
インド旅行なら「ファテープル・シークリー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!
インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」
象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ
像のタクシーに乗っていこう♪鏡の間が美しすぎるインドの世界遺産「アンベール城」
新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力
知ったら聖地に行きたくなる!ブッダの生涯とおすすめ観光スポット
観光前に知っておきたい!たぶんこれでわかるインドの歴史