象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ

ジャイプールは、インド北西部のラジャスタン州という州の州都で、別名「ピンク・シティ」とも呼ばれています。ピンク・シティの由来は、赤砂岩でできた建築物が多く街全体が赤みがかって見えることであるとか、ヴィクトリア女王の息子がこの街を訪れた際に建物をピンクに塗装したことがきっかけであるなどいくつか諸説があります。歴史が深いので、多くの歴史的建造物が残っていて、見所の多い街です。今回は「ジャイプール」の見所や観光情報をまとめてみました。

ゴールデントライアングルの一つ、ジャイプール

ゴールデントライアングルの一つ、ジャイプール

image by iStockphoto

インド観光の主要都市であるデリー、アーグラ、そしてジャイプールの3都市を結ぶ周遊ルートは、よく「ゴールデントライアングル」と呼ばれます。
首都であるデリー、あのタージ・マハルがあるアーグラに並んで、ここジャイプールも多くの歴史的建造物が残っています。

ジャイプールの住所・アクセスや営業時間など

名称ジャイプール
名称(英語)Jaipur
住所Jaipur, Rajasthan, India
営業時間・開場時間24時間
利用料金や入場料無料
参考サイトhttp://www.india.com/travel/jaipur/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャイプールのスポットページ

ジャイプールの歴史

ジャイプールの歴史

image by iStockphoto

ジャイプールは、1727年、この地を治めていたラージプートの有力氏族であったジャイ・シング2世によって建設が始められました。
初期の都は、アンベール城のある地域でしたが、人口の増加、そして深刻な水不足に襲われたことから、今のジャイプール中心部へと遷都しました。
ジャイプールのジャイはこのジャイ・シング2世からつけられたもので、「ジャイの街」という意味です。

マハラジャの末裔が住む、シティ・パレス

マハラジャの末裔が住む、シティ・パレス

image by iStockphoto

シティ・パレスは、ジャイ・シング2世がジャイプールの町の建設とともに建てられたもので、それ以来、およそ200年にわたって、ジャイプル藩王の住居となっていました。
いくつかの建物は、今は博物館となっており見学することができます。

シティ・パレスの住所・アクセスや営業時間など

名称シティ・パレス
名称(英語)Jaipur City Palace
住所Gangori Bazaar, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302007
営業時間・開場時間9:30−17:00
利用料金や入場料400インドルピー
参考サイトhttp://tourism.rajasthan.gov.in/jaipur/18/jaipur-city-palace
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シティ・パレスのスポットページ

「風の宮殿」、ハワー・マハル

「風の宮殿」、ハワー・マハル

image by iStockphoto

風の宮殿、ハワー・マハルは、1799年に宮中女性のために建てられた宮殿です。
宮中の女性たちは、外部から姿を見られることを禁じられていたため、ここの小部屋から街や祝祭の様子を眺めていました。
建物自体の奥行きは非常に狭く、横から見るとその薄さがわかります。
ジャイプールの中でも人気の観光地の一つです。


ハワー・マハルの住所・アクセスや営業時間など

名称ハワー・マハル
名称(英語)Hawa Mahal
住所Hawa Mahal Rd, Badi Choupad, J.D.A. Market, Pink City, Jaipur, Rajasthan 302002
営業時間・開場時間9:00−16:30
利用料金や入場料50インドルピー
参考サイトhttp://www.hawa-mahal.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ハワー・マハルのスポットページ

当時の天文学に触れられる、ジャンタル・マンタル

当時の天文学に触れられる、ジャンタル・マンタル

image by iStockphoto

ハワー・マハルから歩いて10分ほどの距離にあるのが、このジャンタル・マンタルです。
様々な形をした不思議な観測機のようなものが立ち並ぶこの場所は、以前観測所・天文台として使われていました。
天文学者でもあったジャイ・シング2世は全国に多くのこういった天文台を建造しましたが、ここはその中でも最大の規模です。
2秒単位で観測できる日時計に代表されるように、ここの観測機を見ていると当時のインドの天文学のレベルの高さが伺えます。

ジャンタル・マンタルの住所・アクセスや営業時間など

名称ジャンタル・マンタル
名称(英語)Jantar Mantar
住所Sansad Marg, Connaught Place, New Delhi, Delhi 110001
営業時間・開場時間9:00−16:30
利用料金や入場料200インドルピー
参考サイトhttp://www.delhitourism.gov.in/delhitourism/tourist_place/jantar_mantar.jsp
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ジャンタル・マンタルのスポットページ

象のタクシーが有名!アンベール城

象のタクシーが有名!アンベール城

image by iStockphoto

アンベール城は、1592年にラージャ・マーン・シングによって建設が始められ、その後約150年間にわたって増改築されてきた城塞です。
イスラム様式をベースとした美しい建築や装飾も見所ですが、ここでは、象のタクシーも名物の一つとなっています。
象の背中に揺られながらゆっくりと丘を登って行く体験は、他ではなかなかできません。
アンベール城は、2013年に「ラジャスタンの丘陵城塞群」としてユネスコの世界文化遺産にも登録されています。

アンベール城の住所・アクセスや営業時間など

名称アンベール城
名称(英語)Amber Fort
住所amer fort, amer road, Devisinghpura, Jaipur, Rajasthan 302028
営業時間・開場時間8:00−17:30
利用料金や入場料200インドルピー
参考サイトhttp://www.amberfort.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アンベール城のスポットページ

絶景を一望できる、ジャイガル要塞

絶景を一望できる、ジャイガル要塞

image by iStockphoto

ジャイガル要塞は、アンベール城の背後にある山に建っているかつて軍事拠点だった場所です。
アンベール城から徒歩で山を登ること、約30分でたどり着くことができます。
高い場所にあるので、遠くの村々までも眺めることのできる絶景スポットです。

アジアの記事を見る

愛新覚羅溥儀のまわりを見れば、日本史と中国史がわかる
清朝西太后の離宮として知られる名園「頤和園」の歴史ってどんなんだろう?
歴史漫画キングダムの前の話。「春秋時代」の歴史を簡単にチェック!
地元民が伝授!松島観光のモデルコースと春夏秋冬の見どころ
インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」
なぜ起きた?古代史上最大の内乱「壬申の乱」とは?
観光の前に知りたい!こんなにふかい台湾の歴史
【インド】300年以上時を刻み続ける巨大な天文台「ジャンタル・マンタル」
【初心者向き】ざっくりわかる三国志と、中国旅行での観光スポット
イギリスの港町「サウサンプトン」観光で見ておきたい絶景7選
シンガポールのお土産ならこれ!ぴったりのお土産が絶対見つかる10選
一生に一度はおとずれたい!絶景の秘境、九寨溝の歴史と見どころ