連携と敵対を繰り返した?朝鮮に高句麗・百済・新羅の3国が成立した歴史

お隣の国・韓国にあった高句麗・百済・新羅という国の名前は皆さん日本史の授業で聞いたことがあるんじゃないかと思います。

では、その3国はどのようにでき、どのような人物に導かれ、どのように関係し合って残っていったのか?

また、高句麗の広開土大王とは?百済は日本に何を伝えた?新羅の発展の元となった精神とは?

ということについて見ていきたいと思います。

高句麗・百済・新羅はそれぞれどのようにできた?

高句麗を建国した朱蒙とは?

高句麗を建国した朱蒙とは?

image by iStockphoto

紀元前108年に衛満朝鮮(うぃまんちょうせん)が漢に滅ぼされ、漢はその領土に楽浪郡(らくろうぐん)を置いて直轄地に。
しかし、朝鮮半島北部から中国東北部にかけての広い地域には土着の部族が支配地域を持ち、その中で特に有力だったのが扶余(ブヨ)。

勇敢で慎み深く、歌舞飲酒を好んだ扶余の人々の中から生まれたのが、後に高句麗を建国した朱蒙(チュモン)。

朱蒙の誕生は神話に彩られています。
扶余の王だった解夫婁(ヘブル)には子供がおらず、祭祀を何度も行い、子の誕生を願っていました。
ある日、解夫婁は不思議な魔力を持つ石を見つけ、蛙にそっくりな金色に輝く赤ん坊が現れました。

「天が私の願いを叶えてくれたのだ!」と喜んだ解夫婁はその赤ん坊を「金蛙」(クムワ)と名付け、大切に育てて後継にし、その後解夫婁は配下の宰相の進言もあり都を移し、国の名を「東扶余」に改めました。

朱蒙が高句麗を建国した経緯は?

朱蒙が高句麗を建国した経緯は?

image by PIXTA / 574828

解夫婁がこの世を去り、金蛙が王に。
ある日金蛙は川のほとりで女性を見つけ、わけを尋ねると女性は柳花(ユファ)と名乗り、「北扶余で「天帝の子」を自称する解慕漱に家を追い出されました」と。
哀れに思い金蛙は柳花を保護。

すると、柳花は大きな卵を産み、やがて出てきたのは男の子。
この子は立派に成長し、体格もよく、弓の名手となったので、弓の名手に名付けられる名前「朱蒙」と名付けられました。

しかし、金蛙が朱蒙を重用したため、金蛙王の7人の子供たちが朱蒙を殺そうとし、母の柳花は朱蒙に東扶余を出ることを提案。
朱蒙はその通りにし、精力的に各地を訪ねました。

そして、22歳のとき、ついに肥沃な大地を見つけ、そこに都を作って高句麗を建国。
都は当時「卒本」(チャルポン)と呼ばれており、今の鴨緑江の中流域の北側辺りになります。

22歳で国を建てるというのはすごいですね。
割とたくさんのお金を持って東扶余を出たのでしょうか?

百済は高句麗と同じ扶余国の流れを持つ国?

百済は高句麗と同じ扶余国の流れを持つ国?

image by PIXTA / 23874350

朱蒙は卓越した才能で領土を拡大し、高句麗を大いに発展させました。
すると紀元前19年、朱蒙が東扶余を出た後に生まれたという長男の瑠璃(ユリ)が朱蒙を訪ね、朱蒙は喜びましたが、一方朱蒙は高句麗でも結婚していて沸流(ビリュ)と温祚(オンジョ)の2人の息子がいて内紛の種になりそう。
王位に就けるのはもちろん1人だけなので「これはマズい!」と思いました。

結局朱蒙が皇太子(後継者)に指名したのは瑠璃。
沸流・温祚は高句麗を去り、家臣と共に南に下っていき、また多くの農民たちが2人に慕っていきました。

一行は住みやすい土地を目指して旅を続けましたが、沸流は海浜に住み着こうとし、家臣が「もっと良い土地があるはず!」と反対。
しかし、沸流は意見を聞かず、その海浜を拠点としてついてきた民と一緒に住み、それが今の仁川(いんちょん)の辺りです。

温祚は蔚礼城(うぃれそん、今でいうソウル郊外)が気に入り、国号を十済(しぷちぇ)と決め、これが紀元前18年のこと。

蔚礼城は大いに発展、十済はどんどん大きくなりました。
逆に沸流は痩せた土地に苦労が絶えませんでした。
彼は温祚の成功を見て心から恥じ、苦悶の中で息を引き取りました。

沸流に従っていた者たちも温祚の配下として合流、十済はさらに大きな国に。
それを機会に国号も「百済」に改めたのです。

さらに大きな国になったので、十から百に国の数字を増やしたということでしょうか。
それはともかく、つまり百済は扶余国の流れをくむ国家で、その点では高句麗と同じ。
両国は兄弟の関係にありました。

新羅の建国神話は?

新羅の建国神話は?

image by PIXTA / 31166148

高句麗と百済に独自の建国神話があるように、新羅にも興味深い建国神話が。

現在の慶州(きょんじゅ)はかつて徐羅伐(そらぼる)と呼ばれていました。
ここは元々大地が肥沃で農業に適し、6つの氏族がそれぞれ村を作って平和に暮らしていました。

その内の1つ、高墟(コホ)の村長がある日、林の中で馬がひざまづいているのを見つけ、近づいてみると、いつのまにか馬はいなくなり、そこには大きな卵が。

高句麗も百済も卵から人が生まれる話でしたが、新羅もなのですね。

村長は不思議に思いつつも卵を割ってみると、中から赤ん坊が。
村長はとても喜び、赤ん坊を大事に育てました。
そして、その子が13歳になる頃には誰もが認める大人物に成長。

そこで6つの村では彼を王にして統治を任せることに。
それが新羅初代の王と呼ばれる朴赫居世(ぱくひょっこせ)。

また、神話には続きがあり、それは朴赫居世の妻のこと。
ある時、閼英(アリョン)という井戸のそばに竜が現れて人々を驚かせ、その竜はなんと女の子を産んで去っていきました。

それを見ていた老婆はその女の子があまりにもかわいかったので、育てることにし、井戸の名にあやかって、女の子を閼英と呼ぶことに。

閼英は成人すると、性格が優しくて美貌に恵まれた娘になり、その評判は朴赫居世の耳にも入り、彼は閼英を妻として迎え入れることに。

王と王妃は仲良く暮らし、行いも正しく、国も発展し、人々は王と王妃を「2人の聖人」と崇めたといいます。

韓国の歴史で最も広い領土を誇った高句麗

三韓から三国と伽耶の時代へ

三韓から三国と伽耶の時代へ

image by iStockphoto

紀元前から紀元後にかけての朝鮮半島北部から北東部にかけては漢が楽浪郡などの直轄地を置き、一方扶余国が力を伸ばし、そこから高句麗が建設されたのは前述の通り。

一方中央部から南部にはいわゆる三韓時代の馬漢(マハン)、弁韓(ビョナン)、辰韓(チナン)といった国家が存在しましたが、国家といっても部族が集まって緩やかな集合体を作っていたという状況。

そうした中で、強大化した部族が中心になって国家の再編成が行われ、馬韓が百済に発展、辰韓が勢力を増して新羅に代わり、弁韓でも再編成が行われて後の伽耶(かや)に。
農業用地を広げたり、鉄器の製造に成功したりして著しく勢力を伸ばした国家が生き残ったのです。

時代が紀元後になってから、朝鮮半島北部から東北部にかけて高句麗、南東部に新羅、南西部に百済が一定の領土を要するように。
しかし、高句麗は漢の影響力をなかなか排除できず、一本立ちするのに時間がかかりました。

また、新羅と百済に挟まれた伽耶は小さな連合国家ながらも、当初は3国に対抗できる力を持っていて、伝説の初代王と言われたのが金首露(キムスロ)。
その在位はなんと紀元後42年から199年までの157年。
180歳くらい生きたということになるんでしょうか?多分に神話も混じった人物だったそうです。

カワタツ

Writer:

子供の頃から坂本龍馬に憧れ、歴史小説を読み込んでいて司馬遼太郎が特に好きで、城を巡って旅行をするのも好きでいろいろと回っています。地元岡山の歴史についても本を読んで調べていて、過去の時代の岡山がそんな風景だったか想像するのが好きです。バンド「レキシ」も好き。 よろしければブログも読んでみてください。http://tatsuyakawakami.hatenablog.com

この記事のカテゴリ

アジア
歴史
韓国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

猛攻、謀略、虐殺、そして敗退へ「日中戦争」とは?
インド観光前に知りたい、世界遺産の全36件を徹底解説
そんな理由で独立?繁栄の都市〈シンガポールの歴史〉
中国4000年の歴史でたった一人の女帝「則天武后」の歴史
【ベトナムの歴史】ふだんのイメージと違う!?ベトナム苦難の歴史
混迷のはじまり。「満州事変」の歴史
格安留学の落とし穴!?フィリピンのスパルタ留学
【マカオの歴史】ヨーロピアンな香り漂うマカオの歴史は、やっぱり摩訶不思議!
アユタヤの観光完璧ガイド【タイをよく知る筆者が解説】
【タイの世界遺産】歴史的遺跡の数々が残された遺産を全部解説!
【今流行りのマレーシア留学】費用で決める留学の渡航先
台湾留学入門!台湾で学ぶ英語・中国語は?費用は?勉強できそう?