【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで

韓国第2の都市「港町釜山(プサン)」。日本からのアクセスも良く、日本人観光客も年間通して多く訪れます。グルメにショッピング、レジャーなど観光スポットも盛り沢山。今回は釜山の定番スポットから穴場、NEWスポットまで、実際に現地に行った様子をレポート。韓国リピーターだからこそ分かるおすすめスポットも盛りだくさんです!

1.【韓国釜山旅行2泊3日】の旅へ出発!

1.【韓国釜山旅行2泊3日】の旅へ出発!

写真/筆者

旅ライターの橋詰真紀です。
今回は成田空港から飛行機で2時間程のフライト、手軽に行ける『韓国釜山への旅』。
まずは成田空港の第1ターミナルから。
実は私、韓国はこれまでも何度か行っているリピーター。
今回の旅の目的は「とにかくお得に。
食べて飲んで、遊んでショッピング!」
と思いっきり楽しんじゃいますよ。

1-1.韓国釜山旅行 日程表

今回の旅行日程はこちら。

■旅行日程

観光・ショッピングに便利なスタイリッシュなホテルに泊まる エアプサンで行く 釜山3日間。
イビス釜山アンバサダーシティセンターに滞在。

スケジュール内容

1日目 成田(13:55)発 エアプサン(直行)空路、釜山へ。
釜山(16:15)着。
ホテル着。

2日目 終日:自由行動

3日目 出発まで自由行動。
釜山(14:35)発 エアプサン(直行)空路、帰国の途へ。
成田(16:35)着。


旅行代金は、25,740円のとってもお得なツアー。
今回は立地条件の良くて、女子旅でも人気の「イビス釜山アンバサダーシティセンター」をチョイスしました。
そして女子一人旅ではなく、夫婦二人旅です。

写真/筆者

という訳で行ってきまーす!

写真/筆者

こちらが搭乗するLCCのエアプサン。
通常LCC(ローコストキャリア)では、飲み物や食事が有料だったり予約が必要な場合が多いのですが、このエアプサンは簡単な食事とお茶やオレンジジュースなどは無料で提供してくれます。
実は去年(2016年)1月に乗った時はビールも無料だったのですが、今回は無くなっていました。
残念。

写真/筆者

飛行機の窓からは「おお富士山が良く見えます」。
出発日は8月末、まだまだ夏休み期間中という事もあり機内は満席。

写真/筆者

あっという間に「釜山金海国際空港」に到着。
フライト2時間はとっても楽ですね。

1-2.日本円⇒韓国ウオンへの両替は?

1-2.日本円⇒韓国ウオンへの両替は?

写真/筆者

日本円⇒韓国ウオンへの両替ですが、成田空港や金海国際空港到着口に銀行がありますのでこちらで可能。
ツアーなどでホテルまで送迎がある場合は、ここで特に急いで両替する必要はないかも。
空港からバス・タクシー利用の場合にはこちらで両替を。
空港の銀行よりも、釜山市内にある両替所の方がレートが断然良いです!ご参考までに。

2.「金海国際空港」から釜山市内までのアクセスは?

「金海国際空港」から釜山市内までのアクセス方法をご紹介します。

2-1.空港リムジンバスを利用する場合

2-1.空港リムジンバスを利用する場合

写真/筆者

空港から市内まで(金海空港-西面・釜山駅・南浦洞方面)「空港リムジンバス」が運行しています。
料金は6,000ウオン(小人4,000)。

空港国際線→空港国内線→白病院十字路→カヤホームプラス→カヤ現代アパート→ロッテホテル→西面ジュディス太和→現代百貨店→鎮市場→釜山鎮駅→釜山駅→ヨンジュ洞東横インホテル→中央洞→光復洞ロッテ百貨店→南浦洞→忠武洞

ただし色々な場所を経由するため、空港から市内までは90分程かかる場合もあるようです。
一緒に行く人数が多い場合や、ホテルの立地状況によってはタクシーの方が良いかもしれません。

2-1.タクシーを利用する場合

2-1.タクシーを利用する場合

写真/筆者

今回は送迎付きのプランではないので、空港から釜山市内のホテルまではタクシーで向かいます。
タクシーの種類は「一般タクシー」「模範タクシー」「灯台コール」の3種類。
黒いタクシーが「模範タクシー」と呼ばれていて、運転手さんが英語や日本語を話せたり模範的な運転をしてくれるタクシーです。
料金はちょっとお高め。
観光客の方には「模範タクシー」と「灯台コール」という車の上に黄色のライトみたいなのが付いている方がおススメと言われています。

といっても私自身はこれまで一般の普通のタクシーを利用していて、特にこれといって問題があったことはありません。
空港から釜山市内までは約30分で割と近いのと、料金は大体20,000ウオン弱と韓国は日本と違いタクシーの料金はお手頃価格です。
(日本円で2000円弱ぐらい※2017年9月現在)今回は18,800ウォンでした。

ちなみに一般タクシーの運転手さんは日本語が通じない場合が多いので、あらかじめホテル名をハングル語で提示するとすぐにわかってもらえますよ。
(海外ではこれ結構重要!)

3.女子旅におススメ!「イビス アンバサダー釜山シティセンター」

3.女子旅におススメ!「イビス アンバサダー釜山シティセンター」

写真/筆者

今回のホテルはここ。
おお~さすがスタイリッシュ!「イビス アンバサダー釜山シティセンター」です。
若者の街と呼ばれている「西面駅」から1駅。
地下鉄釜田駅まで徒歩1分。
西面にあるロッテホテルまで、歩いても5キロ圏。
ホテルの周辺には地元感満載の釜田市場がありと、非常にアクセスが良いホテルです。

写真/筆者

エレベーターホールもきれい。
この奥の扉を出た所にコンビニエンスストアもあってとっても便利。
海外旅行で近くにコンビニがあるのは、これかなり重要ポイント。
フロントは17階で、日本語もOK。
イケメンのフロントマンさんが丁寧に説明してくれましたよ。

写真/筆者

チェックインを済ませ、部屋のカードキーをもらいます。
このカードキーを持っていないと、エレベーターで宿泊階に行くことができません。
セキュリティーもばっちり!

写真/筆者

部屋はこんな感じ。
設備も新しくきれいで素敵なお部屋。
コンパクトに見えますが、二人で部屋の中にスーツケースをベッドサイドに開けてもスペースはしっかり取れます。
アメニティも充実。
ただシャワーブースだけで、バスタブはありませんでした。
まあ2泊3日だし、時間があればエステ等でもリラックスできるので問題なし。
設備・立地・コスパは◎

4.釜山市内は地下鉄を利用してみよう!

4.釜山市内は地下鉄を利用してみよう!

写真/筆者

まず向かったのは地下鉄1号線「釜田駅」ホテルから徒歩1分。
なんて便利!ここから釜山最大の観光地の「南浦洞(ナンポドン)」へ。
地下鉄の乗り方は日本と同じで改札入口付近に切符を販売しているタッチパネル式の券売機があり、行きたいところを選択すればOK。
タッチパネルは日本語表示もしてくれます。
何度も乗り換えりするのであれば一日乗り放題のチケットもあります。

写真/筆者

私は日本のSuicaのような交通カードを、普段利用しています。
何度か利用する機会があるのならば、こちらが便利でおススメ。
カードはコンビニエンスストアや改札口などで販売されています。

カードにも色々と種類があってハナロカード・マイbカード・キャッシュbee・ T-money。
チャージはコンビニエンスストアや券売機でできます。
なおT-moneyは主にソウル周辺でよく利用されていますが、釜山市でチャージができる場所が少ないですのでご注意を。

写真/筆者

地下鉄ではハングル文字の他にも漢字や英語表記がされています。
列車内のアナウンスも、日本語でしてくれるので乗り過ごしの心配もなく安心です。
西面から南浦洞(ナンポドン)までは地下鉄1号線に乗って約15分。
東京の地下鉄に比べると、路線図も複雑ではないので簡単です。

5. 釜山に来たらここは絶対外せない!人気観光スポット「南浦洞(ナンポドン)」

5. 釜山に来たらここは絶対外せない!人気観光スポット「南浦洞(ナンポドン)」

写真/筆者


写真/筆者

南浦洞(ナンポドン)へ到着。
このエリアは昔ながらの「国際市場」、世界中の人気ショップやお洒落なカフェなどが立ち並ぶ光復路(グァンボッロ)。
釜山の新鮮な魚介類が食べられる「ジャガルチ市場」、釜山港が一望できる龍頭山公園の釜山タワーや、映画の街釜山を象徴する「BIFF広場」など観光スポットで最も人気のエリアです。

写真/筆者

国際市場のちょっとガチャガチャした古い町並みと、新しいビルやショップが立ち並ぶ光復路通りを見ると「ああ、釜山に来たなあ~」という気分になります。

5-1.国際市場入口の両替所がレートが良くておススメ!

5-1.国際市場入口の両替所がレートが良くておススメ!

写真/筆者

まずは光復路通りを進み、国際市場の入口付近に位置する両替所に向かいます。
市内銀行やホテルでも両替はできますが、色々試した結果ここが一番レートがいいのでは?

6.釜山国際映画祭発祥の地。B級グルメが人気の「BIFF広場」

6.釜山国際映画祭発祥の地。B級グルメが人気の「BIFF広場」

写真/筆者

次に向かったのは「BIFF広場」。
ここは映画館と韓国の人気のB級グルメの屋台が立ち並びます。
日中も屋台はありますが営業していない所も多く、夕暮れ時からはたくさんのお店がオープンしてこのエリはとても賑やかになります。

写真/筆者

毎年10月には釜山国際映画祭が行われるため、釜山を訪れた映画監督や俳優さんの手形が広場にたくさんあります。
(会場はこちらではなく海雲台)有名なのがビートたけしさんの手形。
「これが世界のたけしさんだ~」とテンションが上がる瞬間です。

6-1.BIFF広場の屋台で食べ歩きたい「B級グルメ」

6-1.BIFF広場の屋台で食べ歩きたい「B級グルメ」

写真/筆者

釜山を訪れる外国人の皆さんも屋台に興味津々。
おでんにトッポギ、マンドゥ(餃子)などなど。
リーズナブルで手軽に食べられるのが屋台の醍醐味ですよね!

6-2.韓国海苔の香りと具だくさんの海苔巻き「キンパッ」

6-2.韓国海苔の香りと具だくさんの海苔巻き「キンパッ」

写真/筆者

韓国のB級グルメ。
「キンパッ」(キンパブともいう)日本の海苔巻きみたいな感じ。
韓国海苔はご存知の方も多いと思いますが、ごま油に塩が付いているタイプなのでまた日本の海苔巻きとは違う味わい。
中の具はお店によって違います。
手軽に食べられるキンパッは韓国で大人気!専門店があるほどです。

写真/筆者

手前はマンドゥ(餃子)、奥にはトッポギ。
日本の餃子よりちょっと大きめ、トッポギはちょい辛。
ここの屋台は立ち食いスタイルになっています。
屋台は色々なお店があるので、食べ歩きが楽しいんですよね。
日本語も通じるところも多いですよ。

6-3.BIFF広場にきたら、マストで食べたい!「ホットク」

6-3.BIFF広場にきたら、マストで食べたい!「ホットク」

写真/筆者

大好きな屋台グルメと言えばこれ。
「ホットク」!呼び名は「ホトク」だったり「ホトック」だったりちょっと良く分からないのですが、まあ日本でいう表面を軽く揚げたパンの中に、トロトロに溶けた砂糖とシナモン、さらに釜山ではピーナッツやヒマワリの種などのナッツ類が入っています。
特にBIFF広場にある「元祖」と書いてあるこちらのお店が一番人気!いつも行列ができるほど並んでいます。

写真/筆者

小麦粉やもち粉で作ったパンに、黒砂糖やシナモンを入れてお饅頭のように成形します。
油なのかな?バターっぽい香りもするんですけど、ここに置いて焼きながら右側にある型押しのような専用の器具で、平べったくします。

写真/筆者

出来上がったら、お隣のお母さんが沢山ナッツを入れてくれます。
韓国ソウルでは中身が入っていないものが多いのですが、釜山はナッツ入りがほとんど。

写真/筆者

出来立てアツアツのホットク使い捨てのカップに入れてもらいます。
今回はそんなに並んでいなかったので、ラッキーなんて思っていたら目の前のカップルが20個以上も購入してまして。
いつまでたっても私の番にならず、どんだけ買うんだとつっこみを入れたくなる程(笑)出来上がるまで、結構待ちました。

写真/筆者

外側カリカリ、中ふっくらナッツと黒糖の甘みがちょうどいい。
うん、やっぱり間違いなくおいしい!大好き。
熱いので一気に食べると中から、トロトロに溶けた黒糖があふれてくるのでご注意を。
1,200ウォンとお手頃、おやつとしても最適。

7.釜山と言えば海産物「ジャガルチ市場」へ行こう!

7.釜山と言えば海産物「ジャガルチ市場」へ行こう!

写真/筆者

釜山と言えばやはり韓国一の水揚げ量の「ジャガルチ市場」ここのビルは1階が魚市場。
2階が食堂になっています。
観光客も多く訪れるスポットの一つです。

写真/筆者

1階はこんな感じ。
中に入ると「おねーさん、安くするからどう?」と日本語で呼びかけられました。
新鮮な魚やエビやカニ、貝類などがいっぱいあって、魚好きにはたまらんです。

写真/筆者

アワビも。
たぶん奥のは1個20,000ウォンで、手前が30,000ウォンからってですね。
日本で食べるよりは安い。
1階で買って2階のお店で食べる事もできます。

写真/筆者

ロブスターも!調理の仕方もお店で聞かれるのでお好みでどうぞ。
おっと、ここで忘れちゃいけないのが値段交渉。
ここは思い切って値切ってみてください!値切りのコツは「1個いくら?」ではなくて「これとこれで全部でいくらにしてくれる?」という感じで、観光客だからと思わず頑張って交渉してみましょう。
交渉次第では安くて美味しい海産物が、お腹いっぱい食べられますよ。

橋詰 真紀

Writer:

生まれも育ちも長野県。趣味は、海外・国内旅行にビールと犬。これまではレポーター・ラジオ番組制作・イベントMC・司会等の仕事をフリーでやってきました。豊かな自然と長寿県、移住したい県NO.1の長野県には魅力がいっぱい!大好きな長野県周辺の情報をメインにお届けします。只今、喋って書けるフォトグラファー目指して修行中!「旅ライターmakiの大人女子ブログ」開設しました。 こちらもぜひご覧ください。 http://kimama-makitabi.upper.jp/

この記事のカテゴリ

アジア
韓国

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット
神様のパワーにあやかりたい!歴史と神秘に包まれた世界の聖地10選
【諸葛亮孔明】赤壁の戦い、天下三分の計、数々の発明…天才軍師の歴史ざっくり復習
静岡の温泉地やおすすめの温泉旅館はここ!これで決まる完璧ガイド
中国の世界遺産を全部解説!52件の世界遺産、あなたはどれが好み?
猛攻、謀略、虐殺、そして敗退へ「日中戦争」とは?