【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで

101506:

撮影/橋詰 真紀

お店のお母さんが笑顔で送ってくれました。
お母さんありがとう!なおチャンジャなど加工品の持込は飛行機で可能。
その際預入れ荷物となるため、もしもの時を考えてジッパーがついたビニールバッグなどを日本から持参して行くほうが無難です。
万が一スーツケースの中で溢れたりすると、想像したくない程悲惨なことになるのでご注意を。
102030:

撮影/橋詰 真紀

「チョッパル」(豚足)これも女子に嬉しい、コラーゲンいっぱいでおいしい。
下味が付いているので、日本の茹でただけの豚足よりも食べやすいかも?一度食べてみて!
102031:

撮影/橋詰 真紀

韓国でよく見かけるおやつ。
水分もっていかれる系。
これも地下街や街中で良く販売されています。
102032:

撮影/橋詰 真紀

アーモンドやナッツ類の量り売りも。
なんだか見てるだけで楽しい!

16-3.値段交渉が苦手な方には「農協ハナロマート」

101920:16-3.値段交渉が苦手な方には「農協ハナロマート」

撮影/橋詰 真紀

市場だとあんまり日本語が通じないし、値段交渉はやっぱり苦手という方には釜田市場脇にある「農協ハナロマート」がおススメ。
ここならば商品に値札がついているので安心です。
102033:

撮影/橋詰 真紀

1階は食料品。
2階はお菓子や加工品等。
3階は日用品。
101919:

撮影/橋詰 真紀

韓国といえば「ゆず茶」これからの寒い季節はお湯で割って飲むと体が温まります。
ゆず以外にもオレンジみたいなものもありました。
101918:

撮影/橋詰 真紀

マーケットオーのブラウニー。
こちらは以前から、日本でも販売されている人気の商品。
女子のばらまき土産として人気。
でも私的には日本でも買えるので、まあいいかなと。
101917:

撮影/橋詰 真紀

南浦洞(ナンポドン)のBIFF広場でも食べた「ホットクミックス」。
家でもあのおいしさが再現できるとあって、これは買いました。
101916:

撮影/橋詰 真紀

韓国で少し前に爆発的な人気となったのが、このハニーバター味。
甘くてしょっぱい感じがハマります。
本当はたくさん買って行きたかったのですが、少々かさばるのであまり買えず。
102041:

撮影/橋詰 真紀

このハニーバターナッツが今回購入した中で一番のアタリ!お値段は60,000ウォンとちょっとお高めでしたが、かさばらずしかも甘じょっぱくておいしい。
帰国してからあっという間に食べちゃいました。
もう少し買っておけばよかった。
102037:

撮影/橋詰 真紀

ん?どこかで見た事あるお菓子(笑)
101958:

撮影/橋詰 真紀

これもどこかで見た事あるお菓子。
しかもデカっ!そして重っ。
これはさすがに持ち帰りしにくい。
102038:

撮影/橋詰 真紀

さすが韓国。
コチュジャンの種類も豊富。
この他にも定番の韓国海苔や高麗人参など、ザ・韓国のお土産といったものも豊富に揃っています。

16-4.意外な穴場。お土産はコンビニエンスストアを要チェック!

102045:16-4.意外な穴場。お土産はコンビニエンスストアを要チェック!

撮影/橋詰 真紀

釜山のコンビニエンスストアには色々と可愛い物も揃っています。
こちらはミニオンズとコラボしたドリンク。
102040:

撮影/橋詰 真紀

ムーミンも。
あまり日本ではこういうコラボ商品見かけないのですが、韓国にはなぜかたくさんあります。
ドリンク系の飛行機への持込は預入れ荷物ならば可能です。
出国後にも空港内にコンビニエンスストアはありますので、最後の駆け込みでゲットして。
102043:

撮影/橋詰 真紀

韓国海苔のチップス。
これならかさばらないのでお土産に良さそう。






17.釜山金海国際空港へ向かう

102046:17.釜山金海国際空港へ向かう

撮影/橋詰 真紀

お土産もたくさん買った所で、タクシーで釜山金海国際空港へと向かいます。

17-1.空港内にはカフェが点在。人気のスイーツ「パッピンス」も

102057:17-1.空港内にはカフェが点在。人気のスイーツ「パッピンス」も

撮影/橋詰 真紀

出国手続き後、なんとなく小腹がすいてきたため空港内のカフェに。
今回の旅で唯一行きたかったのに行けなかった場所は「カフェ」。
釜山にはお洒落なカフェがたくさんあるにも関わらず、朝も昼もがっつり食べちゃいまして(汗)デザートが入る程お腹に余裕がなく、本当は韓国の人気スイーツ「パッピンス」(かき氷)食べたかったのです。
あ、ここにきなこの「パッピンスがある!」
102048:

撮影/橋詰 真紀

で、結局食べたのは「カツカレー」とかつ定食。
すみません。
結局がっつり系でした。
102049:

撮影/橋詰 真紀

102047:

撮影/橋詰 真紀

釜山にはスターバックスも多くありますが、この天使が目印の「Angel-in-us Coffee」も人気。
釜山市内でよく見かけるチェーン店です。
最後にやっとカフェ的な飲み物を頂きます。
今回の旅でもうちょっと女子力アップせねばと反省した瞬間です。

18.おまけ【釜山のおすすめ&最新NEWスポット】

今回の旅では行けませんでしたが、釜山にはまだまだおすすめスポットがいっぱい。
人気の観光スポットをご紹介します。

18-1.釜山のマチュピチュと呼ばれている「甘川洞文化村」

18-1.釜山のマチュピチュと呼ばれている「甘川洞文化村」

image by PIXTA / 29550818

ここは町全体がアートに包まれています。
もともとは町おこしのプロジェクトとして行われたもので、釜山の新しい観光名所となっています。
カラフルな町並みはまさにフォトジェニック。
以前に行った時の感想では「とにかく家と家が密集していて、路地も狭く迷路の様でびっくり。」アートなスペースの隣には実際に住んでいる民家の人々もいて「ここ本当に通って大丈夫?」と心配になるほど。
階段も多くアップダウンも激しいので、行くときは歩きやすい靴が無難。
たくさんのフォトジェニックなスポットがあるため、インスタ映えすること間違いなしです。

18-2.新スポット「松島スカイウォーク」&2017/6/20運行開始「釜山エアクルーズ」

18-2.新スポット「松島スカイウォーク」&2017/6/20運行開始「釜山エアクルーズ」

image by PIXTA / 33616101

南浦洞(ナンポドン)から車で約15分ほどのところに位置する松島(ソンド)ビーチには、今話題の新スポットが続々登場中。
「松島スカイウォーク」は全長365m。
透明な強化ガラスの遊歩道の上から、海の中を見ることができます。
まるで海の上に浮かんでいるよう。
また2017/6/20には海上ケーブルカー(ロープウエイ)が完成。
平均時速4~5m/秒、総延長1.62㎞を約6~8分で進みます。
夜になるとライトアップも行われ、カップルにも大人気です。

18-3.近代的な高層ビルが立ち並ぶ「センタムシティー」

18-3.近代的な高層ビルが立ち並ぶ「センタムシティー」

image by PIXTA / 14528224

ここには世界最大規模の「新世界百貨店」や「ロッテ百貨店」。
お土産にもなる食料品や日用品が揃う「ホームプラス」等。
他にも釜山国際映画祭のメインシアターとして2011年にオープンした「映画の殿堂」等、新しい観光地としても注目されているスポットです。

18-4.女子力アップにはここ!新世界百貨店にあるスパ「新世界スパランド」

18-4.女子力アップにはここ!新世界百貨店にあるスパ「新世界スパランド」

image by PIXTA / 33522919

「やっぱり女子は旅行中だってきれいになりたい!」そんな思いを叶えてくれるのがここ新世界百貨店にあるスパ「新世界スパランド」。
いわゆる韓国のチムジルバン。
広々としたラグジュアリーな空間で楽しむ、露天風呂や天然の温泉・サウナ・マッサージ等。
もちろん韓国のあかすりエステも。

他にもレストランやカフェ、ネイルサロンなども併設。
友達やカップルと一日楽しめちゃいますよ。
しかもお値段は平日大人15,000ウォン。
土日18,000ウォン。
今まで韓国で行ったスパの中では断トツにお洒落で清潔でした。
今回は時間が無くて行けず、残念。

19.大・大・大満足の【韓国釜山2泊3日の旅】はこれにて終了

101859:19.大・大・大満足の【韓国釜山2泊3日の旅】はこれにて終了

撮影/橋詰 真紀

あっという間の【韓国釜山2泊3日の旅】。
およそ1年半ぶりに訪れて感じたのは「街自体が以前よりもさらに発展していて、釜山の観光に力をさらに入れているなぁ。」といった印象でした。
ちなみに今回の交通費、食事代、お土産代を含めると二人で合計319,300ウォン。
一人159,650ウォンなので、日本円で大体16,000円。
少ないお小遣いでも充分に楽しめます。
(※アウトレットなどでのショッピング除く)

さあ、新しい旅に出かけよう!

101912:さあ、新しい旅に出かけよう!

撮影/橋詰 真紀

今回は初の海外でのレポートでしたがいかがでしたか?釜山でほぼ食い倒れツアーのようになってしまいましたが、次回はもっと女子旅っぽく行きたいなあと思っています。
そして飛行機の中では、次にどこに行こうか計画中。
やっぱり旅はいいですね.

『さああなたも、新しい旅に出かけてみてはいかがですか?』Have a nice trip!

photo by PIXTA