韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史

韓国最大の島「済州の火山島・溶岩洞窟」

韓国最大の島「済州の火山島・溶岩洞窟」

image by iStockphoto / 36854198

2007年に韓国初の自然遺産として登録された「済州火山島と溶岩洞窟群」は韓国最大の島「済州(チェジュ)島」にある世界遺産で、漢拏山(ハルラサン)天然保護地域、城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)、拒文(コムン)オルム(岳)熔岩洞窟系の3地域に分類。

漢拏山天然保護地域は韓国・済州島の最高峰とされる山「漢拏山(ハルラサン)」があり、約360の側火山が分布する中に約1800種類の植物・野鳥などが生息することから多くの登山客が訪れます。
城山日出峰(ソンサンイルチュルボン)は360ある漢拏山の小火山のひとつで、約10万年前の海底噴火によって形成されたもの。
城塞のような火山からは1年中日の出を見られることで人気。

拒文(コムン)オルム熔岩洞窟系は、約10~30万年前に最大の噴火口である「拒文岳」から噴出した溶岩で形成されており、森林に覆われることから鳥の繁殖地になることも。
最大の洞窟である万丈窟(マンジャングル)は幅約5m、高さ約5~10m、全長約1万3422mの大きさを誇り、保存状態の良さから地質学的な価値が高いことでも有名。

国全体で大切にされる歴史

今回見てきた「韓国の世界遺産」は国最古の建築物、伝統的生活様式を残した村と種類が幅広く、かつての歴史を風化させず残してきたところを見ると、国全体で歴史を非常に大切にしてきたことがわかります。
近年登録された世界遺産は2015年と比較的新しく、この後旅行に行く際には別の世界遺産が誕生しているかもしれません。
photo by PIXTA and iStock