中国にヨーロッパが出現!?マカオの世界遺産全部解説!

マカオのイメージといえば、やはりカジノでしょうか。香港に通じる、ゴージャスなイメージをお持ちではありませんか?しかし、マカオには30もの世界遺産があるんですよ。そしてそのほとんどがヨーロッパ風の美しい建物だということをご存知でしょうか。その理由は、マカオがかつてポルトガルの植民地だったことに由来します。今回は、マカオにある30の世界遺産すべてについてそれぞれご紹介していきますので、お付き合いください。

マカオという都市について

マカオという都市について

image by iStockphoto

マカオは中国のマカオ特別行政区のことで、大陸の南部、珠江デルタにあります。
香港とは珠江の河口を挟んで西側がマカオ、東側が香港という位置になっていますよ。

特別行政区には大幅な自治権が認められており、独自の行政機構で運営されています。
香港も同様です。

人口は約64万人、公用語は広東語とポルトガル語となっています。

なぜポルトガル語かというと、それはマカオの持つ歴史に由来します。
そしてそれもまた、マカオが世界遺産を持つ街となったことに関係しているんですよ。
それは次の項目でご紹介しますね。

世界遺産「マカオ歴史地区」とは?

世界遺産「マカオ歴史地区」とは?

image by iStockphoto / 99445919

マカオには、1513年にポルトガル人が来航しました。
当時の王朝・明との貿易を目的としていたのです。
1557年には居留権を得ますが、この頃フランシスコ・ザビエルもやって来て東南アジアや日本で布教活動を行いました。
日本とは、鎖国になるまで長崎で貿易を続けたのです。

そして1849年から1999年までポルトガルの植民地となりました。

こうした背景があるため、マカオにはポルトガルやヨーロッパ、そして中国の影響の両方が見られるのです。

それがよく現れているのが、世界遺産「マカオ歴史地区」なんですよ。
ポルトガル植民地時代からある古跡の数々には、西洋と東洋の文化の融合や共存を感じることができるんです。

そしてそれらは、9.3㎢という決して広くはないマカオ半島内の、特に南西部付近に集中しています。
そのため、30もある世界遺産は割と簡単に回ることができるんですよ。

では、ここからマカオ歴史地区にある30のスポットをご紹介していきましょう。

1. 媽閣廟(マーコミュウ)


媽閣廟は、1488年に造られたマカオ最古の中国寺院です。
マカオの街が造られる前からあったために中国式の色合いが濃いんですよ。
媽閣廟(マーコミュウ)という名は、「マカオ」の語源になったとも言われています。

ここには「阿媽」という航海の女神が祀られています。
4つの廟があり、阿媽の他にも別の神様が祀られているんですが、1つの建築物の中で複数の神様を祭るというのは中国文化に特有なんです。
古くから儒教や仏教、道教など色々な信仰が共存・混在していた中国ならではの姿をみることができますよ。

参拝者が供える線香の形が、渦巻き型でユニークです。
日本ではありえない形なのでびっくりするかもしれませんが、これがここのスタイルなんですね。

2. バラ広場


バラ広場は、媽閣廟の前にある公園です。
波のような模様をした石畳が美しく、これはポルトガルで「カルサーダス」と呼ばれているんですよ。
他の広場でも見られます。

ところで、バラ広場の「バラ」は花の薔薇ではないそうです。
バラ広場は英語で「Barra Square」と表記するので(Rose Squareではないんです)、れっきとした地名のようですね。

媽閣廟とバラ広場がある場所は「バラ岬」といいますが、ここはポルトガル人が最初に植民した場所と言われています。

3. 港務局(こうむきょく)

3.	港務局(こうむきょく)

image by iStockphoto

イタリア人カッスートによって設計され、1874年に建設された港務局ですが、元々はムーア人の兵士の宿舎として使われていました。
彼らはマカオの警察の人員補充のため、当時ポルトガルの植民地だったインドのゴアから派遣されてマカオにやって来たのです。

ムーア人とは北西アフリカ付近に住むベルベル人のことで、イスラム教徒でした。
彼らの住まいということで、建物はイスラム教の祈りの場所・モスクに似た雰囲気もあり、その当時インドを支配していたムガル帝国の作風を取り入れてもいます。

また、高温多湿なマカオの気候に合わせ、風通しを良くするために回廊がもうけられています。
クリーム色と白の組み合わせがやわらかな雰囲気ですよ。

4. リラウ広場


リラウ広場は中国語名を「亜婆井戸(亜おばあさんの井戸)」といい、人々にとっての憩いの場所となっています。
樹齢数百年とも言われる大きなガジュマルの木が目印ですよ。

「リラウ」とはポルトガル語で「山の湧水」を意味しており、かつてここにあった井戸はマカオの重要な水源であり、入植してきたポルトガル人にとっても大切なものでした。
「リラウの水を飲んだ者は、マカオを決して忘れない」という言い伝えがあるほどです。

5. 鄭家屋敷(ていけやしき)


孫文や毛沢東など、中国の偉大な指導者たちに影響を与えたという思想家・鄭観応(ていかんおう)の住居が、鄭家屋敷です。
彼の父や兄弟によって建てられ、1869年頃にはすでに建てられていたとされています。
それ以後修復が重ねられ、今では4,000㎡を超える大邸宅となりました。
これは、マカオで最大の個人住宅となります。

大小60以上もの部屋があり、一時は300人強もの人々が住んでいました。

西洋風のアーチ型の装飾があったり、インドから輸入された真珠貝の建具に中国風の格子窓がはめこまれていたり、円形の入口があったりするなど、中国と西洋の建築様式が混ざり合っているのが特徴です。

修復に8年をかけ、2010年に再公開が始まっていますよ。
入場人数に制限があるので、見学の際は注意してくださいね。

鄭観応とは?

鄭観応とは清末期から中華民国時代の人で、広東省出身の思想家です。
上海にあったイギリス資本の会社で働き、そこで西洋の政治経済について学びました。
清末の重鎮・李鴻章(りこうしょう)に取り立てられましたが職を辞し、マカオに引っ込みます。
そこが鄭家屋敷なんですよ。

中華民国時代になると、教育者として若者の育成に力を注ぎました。

6. 聖ローレンス教会

6.	聖ローレンス教会

image by iStockphoto

マカオ三大古堂のひとつで、1558年から1600年にかけて建設されたカトリック教会です。
現在の建物は1846年に再建されました。

別名を「風順堂」と言いますが、かつてここからは海を見ることができ、船乗りの家族がここで良い風が吹くようにと祈りを捧げたことが由来です。
風は、航海の安全を左右する重要な要素でした。

金と白が基調の美しい教会の中には、聖ローレンスの生涯や聖母伝説を描いたステンドグラスが飾られ、豪華なシャンデリアがそれを照らしています。
フランシスコ・ザビエルの像もありますよ。

聖ローレンスは、3世紀にローマ皇帝の迫害によって殉教した聖人です。
この頃は、ローマ帝国によってキリスト教は迫害され、殉教した人は聖人に列せられる人もいたんですよ。

xiao

Writer:

世界と日本がどのように成り立ってきたのか、歴史についてはいつになっても興味が尽きません。切っても切り離せない旅と歴史の関係を、わかりやすくご紹介していけたらと思っています。

この記事のカテゴリ

アジア
マカオ
中国
香港

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【香港の歴史】4億年前から21世紀まで~できる限り調べてみました!
韓国の世界遺産を全部解説!一覧でわかる韓国の歴史
インドネシアの世界遺産一覧。世界最多の島嶼をもつ国の不思議な遺産の数々
”光り輝く島”との名を持つ「スリランカ」の世界遺産を全てご紹介
乱世の奸雄と呼ばれた「曹操孟徳」(曹操/そうそう)とは?
日本から飛行機で4時間に位置する群島国家、フィリピンの世界遺産を6件すべてご紹介
タイをよく知る筆者が教える、プーケットの観光完璧ガイド
バンコク観光の予算は?モデルコースや観光スポットは?タイに詳しい筆者が教える観光ガイド
年中パラダイス!常夏の国・シンガポール留学の魅力
今流行りのフィリピン留学。実際のところどうなの?
インド観光なら次はここ!「バンガロール」で見たい絶景10選
奇跡を起こさない聖人――東洋道徳の祖〈孔子〉の歴史