マレーシアにある交通の要所、マラッカ海峡の歴史的都市群「ジョージタウン」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日は「マラッカ海峡の歴史的都市群」をご紹介します。

マラッカ海峡の歴史的都市群ってこんなところ

マラッカ海峡の歴史的都市群ってこんなところ

Muzium Pulau Pinangの住所・アクセスや営業時間など

名称 Muzium Pulau Pinang
住所 Lebuh Farquhar, George Town, Pulau Pinang, Malaysia‎
営業時間・開場時間 現地時間9:00-17:00
利用料金や入場料 1リンギット
参考サイト http://www.penangmuseum.gov.my/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Muzium Pulau Pinangのスポットページ

マラッカ海峡とジョージタウンの歴史

マラッカ海峡とジョージタウンの歴史
マラッカ海峡はマレー半島とスマトラ島と隔てる海峡で、太平洋とインド洋を結ぶ海上交通の要衝です。

ジョージタウンはマラッカ海峡に浮かぶ「東洋の真珠」ペナン島の中心都市で、マレーシアでは首都クアラルンプールに次ぐ第2の都市です。
島と半島はペナンブリッジで結ばれており、フェリーも往来していて交通に不便はありません。
クアラルンプールからも飛行機で1時間です。

200年前までジャングルだったこの地ですが、18世紀、イギリスの入植によりジョージタウンが建設されました。
街の名は当時の英国王にちなみます。
イギリスでは紅茶の大流行もあり、中国からの交易路を押さえたいという意図もあったそうです。






イギリス統治時代を感じさせる建造物

イギリス統治時代を感じさせる建造物
18世紀にイギリスの植民地となってから、ジョージタウンにはその影響を受けた建物が多く造られました。

街のシンボルとなっているシティーホールは、白亜のイギリス風コロニアル様式が美しい建物です。
イギリスが大英帝国だったころの威厳と風格を感じさせます。
現在は市議会議場となっているため中には入れませんが、外から見るだけでも素晴らしさがわかりますよ。

1786年、東インド会社総督フランシス・ライトが初めてこの地に上陸したという場所に造られたのが、コーンウォリス要塞です。
大砲が今も海に向かって設置されています。

また、この近くにはビクトリア女王即位60周年を記念して建てられた時計台もあります。

多文化!ジョージタウンの宗教施設

多文化!ジョージタウンの宗教施設
イギリス人以外にも、現地のマレー人、商人としてやってきた中国人やアラブ人など、ジョージタウンには多種多様な人々が住んでいました。
そのため、宗教施設も様々です。
次のページでは『ババニョニャたちが住むショップハウス』を掲載!
次のページを読む >>