多宗教・多民族の独特な魅力溢れるクアラルンプールの絶景

イギリスの植民地であったマレーシアは経済発展の順調な国。マレー系、中国系、インド系など多くの民族が混じって暮らしています。現地のマレー語以外にも英語や中国語が広く使われいてコスモポリタンな雰囲気です。今回は首都クアラルンプール周辺の観光スポットをご紹介します。

夜空と一緒に見上げたい、ペトロナスツインタワー

1998年に完成した88階建て全長452mのペトロナスツインタワー。
イスラム建築の尖塔を取り入れた近代クアラルンプールの象徴として夜空に輝いています。
タワー1の建設を担当したのは嬉しいことに日本の建設会社なのです。
86階の展望フロアからはクアラルンプールの街が見下ろせますよ。
タワー下の巨大モール、スリアKLCC(クアラルンプール・シティ・センター)はフードコートやお買い物のスポットとして若者を中心に人気を集めています。
お買い物をし終えたら外の公園で休みつつ、タワーを見上げてみてください。

Petronas Twin Towersの住所・アクセスや営業時間など

名称 Petronas Twin Towers
住所 Kuala Lumpur City Centre, 50088 Kuala Lumpur, Federal Territory of Kuala Lumpur
営業時間・開場時間 9:00-21:00
利用料金や入場料 80リンギット
参考サイト http://www.petronastwintowers.com.my/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Petronas Twin Towersのスポットページ

ムーア建築が美しい、スルタン・アブドゥル・サマドビル

スルタン・アブドゥル・サマドビルは1897年にイギリス人が設計した旧連邦事務局ビル。
ロンドンのビッグ・ベンを思わせる時計台に、イスラムのモスクで用いられるドームを取り入れたムーア様式が特徴となっています。
夜のライトアップは明るくするだけでなく、建築の素晴らしさを際立たせてくれるのですね。

Sultan Abdul Samad Buildingの住所・アクセスや営業時間など

名称 Sultan Abdul Samad Building
住所 Bangunan Sultan Abdul Samad Jalan Raja Laut 50350 Kuala Lumpur, Kuala Lumpur Wilayah Persekutuan, Malaysia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/asia/malaysia/kuala_lumpur/kankospot/10008282/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Sultan Abdul Samad Buildingのスポットページ

独立宣言の場所、ムルテガ広場

サマドビル向かいのムルテガ広場は、1957年8月31日にマレーシアがイギリスから独立宣言をした場所です。
それまでイギリス国旗が掲げられていた広場にはマレーシア国旗が掲げられるようになり、新生マレーシアが誕生しました。

遠く左に見えるタワーはKL(クアラルンプール)タワー。
ペトロナスツインタワーとともによく知られるクアラルンプールの象徴です。







Merdeka Square (ムルテガ広場)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Merdeka Square (ムルテガ広場)
住所 Dataran Merdeka, 57000 Kuala Lumpur, Malaysia
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A0%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%AB%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%82%A8%E3%82%A2_(%E3%83%9E%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%82%A2)
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Merdeka Square (ムルテガ広場)のスポットページ

食べ歩きに持ってこいの、チャイナタウン

チャイナタウンと聞くと横浜の中華街のイメージを持つ人も多いかもしれません。
しかし、クアラルンプールのチャイナタウンはひと味違ったアジアの雑多な空気が味わえる場所。
露天や食堂が立ち並び、夜になると屋台が出店して縁日のような雰囲気です。
東南アジア名物の海南チキンライスや肉骨茶(パクテー)など食べ歩きしながら夜の繁華街を楽しみたいですね。

Chinatown(Kuala Lumpur)の住所・アクセスや営業時間など

名称 Chinatown(Kuala Lumpur)
住所 Jalan Petaling, Kuala Lumpur, Malaysia
営業時間・開場時間 現地時間11:00-24:00
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.junmas.com/classic/dining/chinatown/chinatown.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Chinatown(Kuala Lumpur)のスポットページ

市内最大のヒンドゥー教寺院、スリ・マハマリアマン寺院

チャイナタウンの一画にあるスリ・マハマリアマン寺院。
ここは1873年に建てられたクアラルンプール市内最大のヒンドゥー教寺院です。
22mのゴープラム(楼門)はヒンドゥーの神々や従者の彫刻でカラフルに埋め尽くされています。
寺院には入り口で靴を脱いでから入るのがマナー。
祭壇奥にはヒンドゥー教の女神マハ・マリアマンが祀られています。
ヒンドゥー教の寺院は四方八方から溢れる色彩に圧倒されますね。
ちなみにこの寺院はヒンドゥー教徒が行なうタイプーサム祭りのスタート地点となっています。
次のページでは『ヒンドゥー教の聖地、バトゥ洞窟』を掲載!
次のページを読む >>
Eileen

Writer:

ギターを弾いて唄ったり踊ったりするのが好きです。 初めて訪れる場所、見知らぬ土地。けれど住む人々とひとたび心を交わせば、次は自分の帰る場所、故郷になっている。そんな旅行が好きです。

この記事のカテゴリ

アジア
マレーシア
建築
絶景

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握