東南アジアの熱気感じるミャンマー「バガン」で見るべき観光スポット10選

ミャンマーの中心部に位置する都市バガンは世界三大仏教遺跡の一つとされ、2000あまりのパゴダ(仏塔)や寺院が遺されています。上座部仏教の信仰が9割を占めるこの国では、輪廻転生からの解脱を目的に功徳を積むことが重要とされており、仏教が人々の生活と共にある姿が見られます。今回は11~13世紀にバガン王朝の首都であったバガンを紹介します。

静けさの中で始まる、朝の托鉢

ミャンマーでは僧侶達が早朝に信者の家へ托鉢に向かう姿が見られます。
上座部仏教では出家した僧侶は一切の生産活動、炊事を禁じられ227の戒律を守らなくてはなりません。
正午を過ぎてから食事はとらない、異性に触れてはならない、金銭に触れてはならないなど厳しい掟があります。

ミャンマーの人々はそのような僧侶達に敬意を払い、托鉢のほかにも席を譲ったり寄進をして功徳を積みます。

黄金まばゆい、シュエズィーゴン・パゴダ

黄金に光り輝くシュエズィーゴン・パゴダはニャウンウー市近郊のエーヤワディー川沿いにあります。
ニャウンウー市は日本からヤンゴンを経由した飛行機の着場となっており、マーケットや宿泊施設も多いため旅の拠点となる街です。
シュエズィーゴン・パゴダはバガンに来て一番初めに観るパゴダとなるでしょう。

 

パゴダ(仏塔)はミャンマー語でパヤーと呼ばれ、仏像や壁画、釈迦の聖遺物が納められています。
シュエズィーゴン・パゴダでは仏陀の前世の行いを描いたジャータカと呼ばれる木彫りの装飾が有名です。

ミャンマーの人々はパゴダそのものを釈迦の象徴として崇めています。
拝観の際には露出度の高い服は避ける、履物は脱ぐなどマナーを守るようにしましょう。







シュエズィーゴン・パゴダの住所・アクセスや営業時間など

名称 シュエズィーゴン・パゴダ
住所 Shwezigon Pagoda Street, Nyaung-U, ミャンマー
営業時間・開場時間 4:00~22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Shwezigon_Pagoda
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シュエズィーゴン・パゴダのスポットページ

オールドバガンの入り口、タラバー門

タラバー門は9世紀に築かれた東方の城門です。
ここをくぐるとバガン王朝時代の中心部オールドバガンと呼ばれる地域に入ります。
ビルマ族によって運営が行われたバガン王朝では、上座部仏教の下に仏教遺跡の数々が築き上げられました。

バガンでの交通手段は4つあり、チャーターカー、自転車、電動バイク、馬車となります。
旅を急がないのであれば馬車で日差しを避けながらのんびりと観光するのもよいですね。

タラバー門(Tharabha Gate)の住所・アクセスや営業時間など

名称 タラバー門(Tharabha Gate)
住所 Bagan MYANMAR.
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.m.wikipedia.org/wiki/Tharabha_Gate
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

タラバー門(Tharabha Gate)のスポットページ

仏像との対話、アーナンダ寺院

タラバー門から徒歩3分、アーナンダ寺院はシュエズィーゴン・パゴダと並ぶ有名な遺跡です。
ピラミッド型をした本堂の頂点には黄金のシカラ(高塔)を抱いています。
設計にはヒマラヤの洞窟を模したとされ、その均整のとれた美しい外観からバガン寺院の最高傑作とも言われています。
正十字の本堂内には4体の仏像が置かれており、高さはそれぞれ10mほどです。
南の仏像は遠くから見ると微笑んでいるように見えますが、近くで見ると厳しい顔つきに見える作りになっていて、表情の変化を見せてくれます。
まるで自分の心と対話しているような不思議な気持ちが涌き起こります。
次のページでは『回廊のフレスコ画に圧倒される、スラマニ寺院』を掲載!
次のページを読む >>