神が住んでそうな寺院が数多く点在するミャンマー「シットウェ」の魅力

シットウェはミャンマー西部ヤカイン州の州都。シットウェから郊外の古都ミャウーまでは、フェリーでカラダン川を約70km北上、3つの村を経由し、所要時間は6~8時間(潮の干満に左右されます)です。シットウェと古都ミャウーの見どころを紹介します。


カラダン川から見た風景

カラダン川から見た風景

image by iStockphoto / 66776173

漁船が行き交うカラダン川が、ベンガル湾に注ぎ込む河口の町シットウェ。
バングラデシュと国境を接するヤカイン州の州都で、古都ミャウーへの玄関口。
ダニヤワディ、ヴァザリ、ミャウーの3つの王朝が2000年にわたってこの地域を治めました。

シットウェの住所・アクセスや営業時間など

名称 シットウェ
住所 Sittwe Myanmar
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%83%E3%83%88%E3%82%A6%E3%82%A7
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シットウェのスポットページ

名称は八万仏寺を意味している シッタウン寺院(外観)

名称は八万仏寺を意味している シッタウン寺院(外観)

image by iStockphoto / 83238525

ベルの形をした大仏塔を小さな33個の仏塔が囲む外観が、インドネシアのボロブドゥール遺跡を彷彿とさせるこの寺院は、1535年ミンブン王によって建立されました。
内部には8万体の仏像と、それと同じ数の遺物が奉納されているといわれています。

シッタウン寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 シッタウン寺院
住所 Murak-U
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://centralpark-travels.com/?tag=%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%82%A6%E3%83%BC%E3%80%81%E3%83%9F%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%80%81%E9%81%BA%E8%B7%A1
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

シッタウン寺院のスポットページ

回廊内の仏像が迫力 シッタウン寺院(内部)

回廊内の仏像が迫力 シッタウン寺院(内部)

image by iStockphoto / 83237673

実際に回廊内部には金色の仏像がたくさん配置されています。
境内は5つの回廊からなり、座仏のレリーフや、ヤカイン州独自の風俗を描いたレリーフ、仏陀の前世を描いたレリーフなどを見ることができます。
仏塔の高さは約26mです。

ミャウー北部にある ダッカンゼイン寺院(外観)

ミャウー北部にある ダッカンゼイン寺院(外観)

image by iStockphoto / 17763020

シッタウン寺院の向かいにある城塞のような建造物がミンパラウン王の命により建立されたダッカンゼイン寺院です。
1571年に建てられました。
中央にひときわ大きい釣り鐘型のストゥーパが建っており、独特な形状が美しい寺院です。


ダッカンゼイン寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 ダッカンゼイン寺院
住所 Mrauk U,Myanmar
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 施設による
参考サイト https://en.m.wikipedia.org/wiki/Htukkanthein_Temple
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダッカンゼイン寺院のスポットページ

秘密基地のような建物  ダッカンゼイン寺院(内部)

秘密基地のような建物  ダッカンゼイン寺院(内部)

image by iStockphoto / 83239189

寺院内部は渦巻き状の回廊になっており、進むに従い奥へと入ります。
一番奥には金色の仏像が安置され、回廊には146体の仏像があります。
砂岩と、天井はレンガで造られており、南北58m、東西61mの長さがあります。

仏歯が納められていると伝えられる アンドー・テイン寺院

仏歯が納められていると伝えられる アンドー・テイン寺院

image by iStockphoto / 28649026

重厚な積レンガの仏塔と、その周りを等間隔に8つの仏塔が取り囲む、比較的小さな仏塔。
中心の仏塔には八角形の回廊が巡らされ、壁面にはさまざまな表情の仏像が並んでいます。
1521年に建立され、1598年に再建されました。

アンドー・テイン寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 アンドー・テイン寺院
住所 Mrauk U, Rakhine State, Myanmar
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Andaw-thein_Temple
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

アンドー・テイン寺院のスポットページ

ヤカイン州の古都 ミャウー

ヤカイン州の古都 ミャウー

image by iStockphoto / 86900469

小高い丘に茂木々の合間に、金色の仏塔がいくつも見え隠れする静かな町。
1433年、ミンザウモン王がこの地を都に定め、1785年にビルマ王朝に併合されるまでの約350年間、強大な独立国(アラカン国)として西部ビルマに君臨しました。

関連記事を見る

アジアの記事を見る

戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握
一生に一度は行ってみたい!昔に栄えた古の街並みがそのまま残る「旧市街」16選
【韓国釜山2泊3日の旅】本当は教えたくない!?韓国リピーターがおすすめする定番から穴場、最新スポットまで
【バリ島観光】「癒やしの楽園」バリ島の悠久の歴史がわかる観光スポット15選
美術館からオリンピックの跡まで。韓国・ソウル観光で見られる近代建築・歴史スポット