なぜ地震でも落ちなかったのか?ミャンマー「ゴールデン・ロック」の行き方や見どころ

ミャンマーにある落ちそうで落ちない不思議な岩を皆さんはご存知ですか?ゴールデンロックと呼ばれるその金色に輝く岩は、ミャンマーの首都ヤンゴンの北東部にあるチャイティーヨの山頂にあります。ミャンマー人ならば誰もが一度は行きたいというこの聖地への行き方や歴史、魅力について紹介して行きたいと思います。

まずはヤンゴンからバスでチャイトーへ

まずはヤンゴンからバスでチャイトーへ

image by iStockphoto / 71298557

ゴールデンロックを見るためには、長い移動をする必要があります。
まずは、ヤンゴン市内からアウンミンガラーというところにあるバスターミナルまで行き、そこからバスに乗ります。
バスでおよそ4〜5時間ほどでチャイトーという街に到着します。
バスは、前方に座っている人が停留所名を読み上げる方式なので、聞き逃して乗り過ごしそうだという方は、乗る前に目的地を伝え、前の方の席に座ると良いでしょう。
外国人ということで親切に対応してくれます。

ヤンゴンの住所・アクセスや営業時間など

名称 ヤンゴン
名称(英語) Yangon
住所 Yangon,ミャンマー
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.yangoncity.com.mm/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ヤンゴンのスポットページ

チャイトーからキンプンへ

チャイトーからキンプンへ

image by iStockphoto / 94292457

バスで、チャイトーまで来たら、次はここからキンプンという街まで移動します。
ここからはキンプン行きの他のバスに乗り換えるか、バイクタクシーという選択肢があります。
時間に余裕があって、交通費を節約したいという方は、バスがいいでしょう。
とにかく時間を短縮して早く行きたいという方には、バイクタクシーがオススメです。
バイクタクシーを利用する場合は、チャイトーでバスから降りた瞬間にバイクタクシーの運転手たちが声をかけてくれるので、そこで交渉してみましょう。

チャイトーの住所・アクセスや営業時間など

名称 チャイトー
名称(英語) Kyaikto
住所 チャイトー,モン州,ミャンマー
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://en.wikipedia.org/wiki/Kyaikto
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チャイトーのスポットページ

キンプンからは、スリル満点のトラック

キンプンからは、スリル満点のトラック

image by iStockphoto / 17058866

バスかバイクタクシーでキンプンまで到着したら、次は山頂までミャンマー政府が運営しているトラックで向かいます。
ただし、このトラックは決まった時間に出発しているのではなく、一定数、人が集まったら出発するというシステムのため、時期にもよりますが、前の便が出てすぐの時に到着してしまうと、少し待たなくてはいけないかもしれません。
トラックの荷台に乗り、カーブの多い山道を高速で登っていくので、少し怖いところもありますが、かなり楽しいです。

キンプンの住所・アクセスや営業時間など

名称 キンプン
名称(英語) Kin Pun
住所 Kin Pun ,Mon,Myanmar
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.co.uk/Tourism-g7119116-Kin_Pun_Mon_State-Vacations.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

キンプンのスポットページ

トラックを降りたら徒歩

トラックを降りたら徒歩

image by iStockphoto / 50068282

トラックから降りたら、あとは徒歩で山道を登って行きます。
10〜15分ほど歩くとチケット売り場に着くので、ここでチケットを買いましょう。
時期や時間にもよりますが、ゴールデンロックまでの道には、ゲストハウスやお土産屋さんが多くあります。







大きな門がお出迎え

大きな門がお出迎え

image by iStockphoto / 94293377

チケットを買い、そこから少し歩くと大きな門にたどり着きます。
ここからは、神聖な場所なので、靴は脱がなくてはなりません。
靴を入れる袋なども用意しておいたほうがいいでしょう。
また、下はツルツルの石でできているので、雨の日は大変滑りやすくなります。
滑り止めのためのマットが引いてあるので、石の上ではなく、この上を歩きましょう。

1泊2日がオススメ

1泊2日がオススメ

image by iStockphoto / 35778248

ヤンゴンから日帰りでゴールデンロックまで行くことは不可能ではありません。
朝7時ごろに出発をすれば、ギリギリ最後のバスで夜にはヤンゴンに戻っては来れます。
しかし、かなりハードになるだけでなく、ゴールデンロックを堪能する時間が限られてしまうということもあるので、1泊して余裕を持って観光するのがオススメです。
バスなどは時間の変更も多いので、日帰りの場合は、事前に帰りのバスの時間をきちんと調べておきましょう。

神秘的な金色の岩と山頂からの眺め

神秘的な金色の岩と山頂からの眺め

image by iStockphoto / 82480847

ゴールデンロックは、山から絶景を一望できる場所にあります。
晴れていれば、美しい金色の岩と山頂からの絶景を同時に見ることができます。
朝焼け、夕焼け、霧などあらゆる環境条件によってゴールデンロックの表情も変わり、その時その時の絶景を楽しむことができます。
次のページでは『ゴールデンロックとは』を掲載!
次のページを読む >>