南アジアに広がる秘境、ネパール「チトワン」で見るべき観光スポット6選

ネパールと言えば険しい山々が連なる山岳地帯といったイメージが強いですが、チトワンをはじめとした、インドと国境を接している南部地域は、広大な亜熱帯のジャングルといった雰囲気です。そんな野生の王国チトワンでぜひ見ておきたい観光スポット6選を紹介します。

希少動物の楽園・チトワン国立公園

希少動物の楽園・チトワン国立公園
ネパールには国立公園が7か所あるのですが、チトワン国立公園もそのひとつです。
タライ平原に広がっており、東西約80km、南北約23kmと非常に広大な敷地を誇ります。
世界自然遺産にも指定されるなどその豊かな自然が脈々と守られ続け、淡水イルカやトラ、ヒョウやサルなど、数多くの動物たちが暮らしています。
都市部から気軽にアクセスできるほか、気軽にジャングル散策ができるとあって、観光客にも人気のスポットです。
運が良ければ希少動物のベンガルタイガーにも出会えるかもしれませんよ。

Chitwan National Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chitwan National Park
住所 Subarnapur 44200 ネパール
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.chitwannationalpark.gov.np/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Chitwan National Parkのスポットページ

象の背中に揺られながら・エレファント・サファリ

象の背中に揺られながら・エレファント・サファリ
チトワンを訪れたらぜひ経験したいのが、象の背中に乗ってジャングル探検ができるエレファント・サファリ。
1~2時間象の背中に揺られながら、チトワンの雄大な自然を感じられます。

のしのしと象の歩みに合わせて揺れたり、木の枝にぶつからないように注意したり。
気軽にスリル満点の経験ができると好評です。
象の背中に乗せられた椅子にはマットレスが完備なので、楽に座れて安心ですよ。







チトワン国立公園の住所・アクセスや営業時間など

名称 チトワン国立公園
住所 Subarnapur 44200 ネパール
営業時間・開場時間 現地時間8:00-18:00
利用料金や入場料 旅行会社による
参考サイト http://www.chitwannationalpark.gov.np/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

チトワン国立公園のスポットページ

水辺の生き物を観察するなら・カヌー川下り

水辺の生き物を観察するなら・カヌー川下り
ラプティ川の川下りでは、カヌーに乗ってチトワンの自然を観察できます。
チトワン特有の簡単なカヌーで、丸太をくりぬいたものや板を組み合わせたものなど、いずれもシンプルなフォルムです。
水鳥やワニなど、水辺の生き物たちが間近に観察できますが、シンプルなカヌーゆえ、カヌーに乗っている間は上手にバランスを取ることも忘れないでくださいね。

Chitwan National Parkの住所・アクセスや営業時間など

名称 Chitwan National Park
住所 Subarnapur 44200 Nepal
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/284/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Chitwan National Parkのスポットページ

昔ながらの暮らしに触れられる・タルー族の村巡り

昔ながらの暮らしに触れられる・タルー族の村巡り
チトワン国立公園の周辺には、タルー族という民族が暮らしており、村々を巡ることができます。
泥と牛の糞で固めた昔ながらの住居や農業を営む様子、独特の漁など、タルー族らしい昔ながらの生活スタイルを垣間見ることが可能です。

祈りの模様や動物の絵などが描かれていることもあり、神秘的な雰囲気。
徒歩でのんびり行くも良し、牛車にゆったり揺られながら行くのも良いでしょう。

次のページでは『タルー族の伝統的な踊り・スティックダンス』を掲載!
次のページを読む >>

Writer:

神戸生まれ神戸育ちの駆け出しデザイナーです。一眼レフを持って街歩きするのが趣味で、美味しいグルメの食べ歩きや日帰りプチ旅行などをしながら、関西のあちこちを散策しています。そんな経験を活かして、住み慣れた大好きな街・神戸の情報を中心に、有名スポットから地元民ならではの穴場スポットまで、関西一円の新しい魅力をご紹介できればと思います!

この記事のカテゴリ

インド
ネパール
絶景

関連記事を見る

インドの記事を見る

世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
インド観光なら次はここ!「バンガロール」で見たい絶景10選
アドリア海の女王と呼ばれるヴェネツィアが巨万の富を得たレヴァント貿易ってどんなもの?
インド旅行なら「ファテープル・シークリー」は外せない!行き方、料金や営業時間は?
愛憎渦巻くスペクタクル王朝・ムガル帝国の歴史が面白すぎる!
インド初のイスラーム様式建築「クトゥブ・ミナールと複合建築群」
象のタクシーに宮殿の数々が映えるインド「ジャイプール観光」の見どころ
像のタクシーに乗っていこう♪鏡の間が美しすぎるインドの世界遺産「アンベール城」
新たな語学留学のおすすめ国「マルタ」の魅力
知ったら聖地に行きたくなる!ブッダの生涯とおすすめ観光スポット
観光前に知っておきたい!たぶんこれでわかるインドの歴史