激動の歴史を生き抜いてきたフィリピンの美しい教会8選

スペインからの植民地時代を経て激動の歴史を生き抜いてきたとされるフィリピン。国内には有数の教会が存在し、世界遺産に登録されているものも。美しい海も魅力的ですが、今回はフィリピンの歴史感じる教会にフィーチャーしてみたいと思います。

フィリピン、マニラを代表する大聖堂

フィリピン、マニラを代表する大聖堂

image by iStockphoto

イントラムロスと呼ばれるマニラの首都最古の地区に存在するマニラ大聖堂。
その昔、スペインに統治されていた頃に建てられたもので、第二次世界大戦後に建て替えられ今の姿になりました。

マニラ大聖堂の住所・アクセスや営業時間など

名称 マニラ大聖堂
住所 Sto. Tomas, Intramuros, Manila, 1002 Metro Manila, フィリピン
営業時間・開場時間 8:00 – 16:30
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://manilacathedral.ph/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

マニラ大聖堂のスポットページ

爽やかな色合いが特徴的

爽やかな色合いが特徴的

image by iStockphoto

こちらはマニラ大聖堂の別角度からの写真。
こうして見る角度を変えてみるとなんだか爽やかな色合いの屋根がかわいらしくも感じられますね。
中にはアジア最大級のパイプオルガンがあるんだとか。

Malate Churchの住所・アクセスや営業時間など

名称 Malate Church
住所 Remedios & M H del Pilar Sts, Manila, Luzon, Philippines
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298573-d310882-Reviews-Malate_Church-Manila_Metro_Manila_Luzon.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Malate Churchのスポットページ

当時の趣を強く残すバラソアイン教会

当時の趣を強く残すバラソアイン教会

image by iStockphoto

ブラカン州のマロロスは、フィリピンがスペインから独立したときの一番最初の首都。
バラソアイン教会で政府の重要な話し合いが繰り広げられていた時代もあったそうです。
かつてはお札にその姿が印刷されていたことも。

バラソアイン教会Barasoain Churchの住所・アクセスや営業時間など

名称 バラソアイン教会Barasoain Church
住所 Paseo del Congreso Street corner Don Antonio Bautista Street, Brgy. San Gabriel, Malolos, 3000
営業時間・開場時間 6:00 – 19:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.barasoainchurch.org/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

バラソアイン教会Barasoain Churchのスポットページ

世界遺産にも登録されたミアガオ教会

世界遺産にも登録されたミアガオ教会

image by iStockphoto

フィリピン国内には4つの世界遺産に登録された教会が存在しますが、ミアガオ教会はその一つとなります。
ほんの少し黄色がかったその外見から、地元の人々からは蜂蜜色の教会と呼ばれ親しまれているそうです。







Santo Tomas de Villanueva教会の住所・アクセスや営業時間など

名称 Santo Tomas de Villanueva教会
住所 Zulueta Ave, Miagao、5023 Iloilo
営業時間・開場時間 不明
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://4travel.jp/overseas/area/asia/philippines/panay_island/kankospot/10333195/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

Santo Tomas de Villanueva教会のスポットページ

赤い屋根が特徴的なモロ教会

赤い屋根が特徴的なモロ教会

image by iStockphoto

正式名称はSt Anne Parish Church in Iloilo cityですが、モロ教会という名称の方が有名なんだそう。
パナイ島のイロイロ市に位置し、市街の中心からほんの少し離れたところにそびえ立っています。
サンゴの石灰岩を使用して作られているんだとか。

モロ教会 Molo Churchの住所・アクセスや営業時間など

名称 モロ教会 Molo Church
住所 San Pedro St Molo, Iloilo City 5000 Iloilo
営業時間・開場時間 5:30 – 18:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g298466-d4028598-Reviews-St_Anne_Parish_Church-Iloilo_City_Iloilo_Province_Panay_Island_Visayas.html
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

モロ教会 Molo Churchのスポットページ

緑と静かに調和するパオアイ教会

緑と静かに調和するパオアイ教会

image by iStockphoto

こちらも、正式名称はサン・アグスティン教会というのですが、同じ名前の教会がいくつか存在するので、パオアイ教会、と地名をとって呼ばれているそうです。
三角形の形が独特ですね。

黒く染まったその壁は歴史と時の流れを感じさせてくれます。

パオアイ教会 の住所・アクセスや営業時間など

名称 パオアイ教会 
住所 Paoay, Luzon, Philippines
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%B9%E3%83%81%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%AA%E3%82%A2%E3%82%A4%E6%95%99%E4%BC%9A
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

パオアイ教会 のスポットページ

赤いレンガ造りの教会

赤いレンガ造りの教会

image by iStockphoto

レンガ造りの教会というのも珍しいもの。
こちらはマニラのビノンドにあるビノンド教会。
町のシンボルとして1594年に建設されました。
自然災害や戦争などで壊れてしまったこともあるそうですが、再建されて現在の姿になっています。
次のページでは『鉄板で作られた珍しい教会』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握