シンガポールの大衆食堂、ホーカーってどんな場所?

シンガポールに住んでいる人々の食卓といってもいい、ホーカー(Hawker)と呼ばれる屋外の大衆食堂についてご紹介します。東南アジアっぽいローカルな雰囲気に、料理の種類や味付けも店によってさまざまです。それでは、早速見て行きましょう!

独特のローカル感があるホーカー

独特のローカル感があるホーカー
ホーカーはシンガポールの大衆食堂であり、シンガポール住民たちにとって欠かすことのできない、いわば食卓です。
写真にもあるように、屋外にあるホーカーには一つ屋根のしたに数多くの店舗が軒を連ねます。

日本でもみられる屋内にあるフードコートとは違って、アジアチックなローカル感が満載の、異国情緒あふれるお食事どころです。
ピーク時にはワイワイガヤガヤとさまざまな言語が飛び交い、とても活気があるのですが、私にとっては不思議と落ち着く場所でした。

そんなホーカーセンターですが、小さなシンガポールの国中のいたるところに点在します。
すべて見回るのが億劫になるくらいの店舗数がある大きなところから、近隣住民が主に利用する小さなところまで、100を超えるホーカーセンターが存在します。

どういった料理を楽しめるの?

どういった料理を楽しめるの?
シンガポールは多民族国家、多文化国家なのでホーカーでみられる料理もほんとうに種類が豊富です。
中華料理やマレーシア料理はもちろんのこと、ベトナム料理やタイ料理、インド料理、場所によっては日本料理などもあります。

 







とはいってもやはり中華系の料理が人気で、シーフード・フライドライスやホッケンミン、フィッシュボール・ヌードル(魚団子麺)、ミーゴーレンやチキンライス、ロティプラタなど、人気料理をあげればキリがありません。
私はミーゴーレンが大好きでした。

また他にも100%のフレッシュジュース専門店やデザート専門店も豊富にあり、ちょっとお茶がてらに寄るのも乙だったりします。
パールミルクティは美味しいですよ!

お値段は良心的?

お値段は良心的?
ホーカーの一番の魅力はとにかく料金が安いということです。
近年物価が全体的に高騰し、高級レストランやホテルなどが割高になってきているシンガポールですが、ホーカーはその対象外!嬉しいですね。
シンガポールドルも円に対して以前と比べて高くなっていますが、それでも5S$(400円程)もあれば、満足に食べることができ、飲み物も飲むことができます。
ただしアルコール税は高く、ホーカーなどでもビールなど日本の2倍程することもあるので注文する際はご注意ください。
次のページでは『店によって味付けもさまざま』を掲載!
次のページを読む >>