スマトラ沖地震の津波から国民を守った奇跡の世界遺産!スリランカの「ゴール旧市街とその要塞群」

wondertripでは世界の絶景を紹介していますが、歴史地区や古代都市などの絶景スポットは、その歴史を少しでも知ることでより観光が楽しめます。今にも残る世界遺産のストーリーは、知識欲も刺激されますね。本日はスリランカの「ゴール旧市街とその要塞群」をご紹介します。

ゴールってこんなところ

ゴールってこんなところ

スリランカ ゴール旧市街の住所・アクセスや営業時間など

名称 スリランカ ゴール旧市街
住所 Galle 80000, Sri Lanka
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/451/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

スリランカ ゴール旧市街のスポットページ

ゴールの歴史

ゴールの歴史
スリランカ南部のゴールは、首都圏の大都市コロンボから高速道路で2時間の所にある城壁に囲まれた港町です。
古くから港町として栄えたゴールは、中東と中国を結ぶ海のシルクロードの中継拠点でした。

1505年にポルトガル人が来航しその支配下となると、要塞の原型が造られます。

1640年にオランダ東インド会社が支配者となり、世界遺産に登録された旧市街や要塞群が整備されました。
城壁から突き出した稜堡には星・太陽・月などの名前が付けられています。

その後はイギリスに譲渡され、スリランカ独立まで支配下となりました。

オランダ時代のヨーロッパ風の街並みが残されており、世界遺産登録の大きな要因となりました。







オランダ統治下を感じさせる旧市街(フォート・エリア)

オランダ統治下を感じさせる旧市街(フォート・エリア)
インド洋に突き出した一周数キロほどの半島部分は、6~20mの高さの城壁に囲まれています。
ここが旧市街で、フォート・エリアとも呼ばれます。

スリランカは仏教国ですが、ゴール旧市街だけはまったく雰囲気が違います。
オランダ統治下に造られた街並みであるため、ヨーロッパ風の建物が多く、まるで違う国に来たような錯覚をおぼえますよ。

オランダ人やイギリス人によって建てられた宗派の異なる教会や、ムスリム住民のためのモスクなど、様々な宗教の建物が混在しているのも特徴です。
オランダ時代の建物は多くが転用され、今も現役で使われています。

城壁の上は散歩できますが、日差しが強いので日中は気を付けてくださいね。

オランダが残したもの

オランダが残したもの
オランダ統治は地元住民にとって辛いこともありましたが、オランダが支配したからこそ得られたものもあります。
排水施設がその筆頭です。

旧市街内は海抜0m以下の場所があり、生活排水処理が課題でした。
そこで、海抜0m以下の所が多いオランダのノウハウが導入されたのです。
潮の干満を利用した排水システムが整備され、問題は見事解決されました。
イギリスもそれを踏襲し、風車を設置しています。

次のページでは『城壁が守り抜いた「奇跡の世界遺産」』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

スリランカの記事を見る

スリランカ観光なら次はここ!「アヌラーダプラ」で見たい絶景10選
スリランカ旅行なら「聖地ポロンナルワ」は外せない!観光情報まとめ
昔の人凄い…!スリランカの世界遺産「ダンブッラの黄金寺院」
スリランカ旅行なら「聖地アヌラーダプラ」は外せない!世界遺産や見どころなど観光情報まとめ
スリランカ観光なら「聖地キャンディ」に行こう!世界遺産、寺院、絶景など見どころまとめ
地球の儚さ、人類の英知を実感…スリランカで見れる文化と大自然の絶景10選
絶景だらけのスリランカ!「ヌワラエリヤ」に今すぐ行きたい10の理由
ラピュタの空中都市のようなスリランカの世界遺産「シーギリヤロック」
絶景はここにもあった!スリランカ「ダンブラ」周辺でみるべき観光スポット10選
天空の城ラピュタの世界観を感じるスリランカ「古代都市シギリヤ」