昔の人凄い…!スリランカの世界遺産「ダンブッラの黄金寺院」

ユネスコの世界遺産に登録されたスリランカを代表する5つの石窟寺院。魅惑的な表情の仏像や天然の洞窟に描かれた極彩色の壁画の数々。訪れる人々が仏像に向かって真剣に祈る姿には神聖な思いを抱かずにはいられません。

第1窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ1

第1窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ1

image by iStockphoto / 46306076

名前の意味は神々の王の寺で、ここにはこの寺院最大の仏像である、壁と同じ自然石に彫られた約14mの涅槃仏が横たわっています。
涅槃仏のほかは5体の仏像と、壁一面に描かれた壁画があります。
同じ窟内にヒンドゥー教の神であるヴィシュヌ神が仏陀とともに祀られています。
これが洞窟の名前の由来ともなっています。

ダンブッラ黄金寺院の住所・アクセスや営業時間など

名称 ダンブッラ黄金寺院
名称(英語) Golden Temple of Dambulla
住所 Kandy – Jaffna Hwy, Dambulla, スリランカ
営業時間・開場時間 7:00 – 19:00
利用料金や入場料 1100スリランカルピー(約10ドル)
参考サイト http://whc.unesco.org/en/list/561
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

ダンブッラ黄金寺院のスポットページ

第1窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ2

第1窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ2

image by iStockphoto / 19332488

巨大な仏像は、全身を黄金色に染められていますが、足の裏は赤く、花火のような模様が描かれています。
スリランカでは仏像の足の裏を赤く染めるのが特徴ですが、これは紀元前5世紀にシンハラ王朝のウィジャヤ王がインドから到着した際に、足の裏に赤土が付いていた色からきているという説や、ウィジャヤ王がインドから到着した際に手のひらが真っ赤であったという説があります。

第2窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ1

第2窟 デーワ・ラージャ・ヴィハーラ1

image by iStockphoto / 19821466

名前の由来は偉大な王の寺で、ここでいう偉大な王とは、ワッタガーミニ・アバヤ(ワガラムバー)王のことを指しています。
内部には彼の像もあります。
ダンブッラ最大の洞窟で、幅約25m、奥行約25m、高さは入り口付近で約6mで、奥に行くほど低くなっています。
洞内には56体の仏像が安置されていますが、見どころは壁や天井一面に描かれた壁画です。
仏陀の生涯ほか、スリランカの歴史がところ狭しと描かれています。

第2窟 マハー・ラージャ・ヴィハーラ2

第2窟 マハー・ラージャ・ヴィハーラ2

image by iStockphoto / 38070024

洞内奥の中央部は、天井から水がしたたり落ちています。
ダンブッラとは水の湧き出る岩という意味で、この第2窟が名前の由来となっています。
この水は聖水とされ、しずくの落ちるところには壺が置かれています。
この壺の中の水は、絶えずしずくが落ちているのに、減りも増えもしないといわれています。
また、この水はどこからきているのかもわからないそうです。
この不思議な聖なる水は寺の宝とされ、重要な儀式の際に僧が飲みます。








第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ1

第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ1

image by iStockphoto / 103120965

名前の意味は偉大な新しい寺です。
18世紀の後半の王、キルティ・スリ・ラージャーハーによって造られた石窟です。
全長9mの寝仏をはじめ、立像や座仏、合計57体の仏像を見ることができます。

第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ2

第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ2

image by iStockphoto / 67523145

数々の仏教説話を描いた壁画のなかには、シンハラ人とタミル人の戦争を描いたものもあります。
現在も問題となっているこの争いが、太古の昔から続けられてきたものだとあらためて実感させられ、複雑な思いにもさせられます。

第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ3

第3窟 マハー・アルト・ヴィハーラ3

image by iStockphoto / 96940505

寺院内の写真撮影は禁止されていましたが、現在は撮影できるようになりました。
スリランカの寺院で写真を撮る際には、仏像に背中向けて写真撮影をしてはいけないというルールがあります。
次のページでは『第4窟 パッツィーマ・ヴィハーラ』を掲載!
次のページを読む >>

関連記事を見る

アジアの記事を見る

【タイ】パタヤ観光ならここ!グルメ・ショッピング、地元で人気のレストランも一挙に紹介
ホーチミン観光完璧ガイド!行ってわかったグルメもフォトジェも全部紹介
秀吉に「武士の鑑」と称賛された清水宗治の切腹!毛利家が惜しんだその忠義の人生
自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15
戦国時代のハイスペック男子「宇喜多秀家」が八丈島で迎えた最期
世界遺産「カトマンズ」の魅力と歴史。ヒマラヤに抱かれし栄光の都
高層ビルファン必見!ニューヨーク高層建築の歴史を辿る旅
中国最大の国際都市・上海の成り立ちと歴史的スポット6選
【プーケット観光で行きたい!】タイの楽園リゾートで見られる歴史的スポット10選
インド旅行で行きたい、定番&歴史的観光スポット13選
「黄巾の乱」をざっくり把握!三国志のきっかけとなる話です
【三国志】今さら聞けない「赤壁の戦い」をざっくり把握