自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15

鳳儀書院の住所・アクセスや営業時間など

名称 鳳儀書院
住所 高雄市鳳山區鳳明街62號
営業時間・開場時間 10:30〜17:30(土日祝は18:30まで) 月曜休館
利用料金や入場料 一般66元
参考サイト http://fongyiacademy.khcc.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

鳳儀書院のスポットページ

11位:オランダ統治時代の中心地「安平古堡」

103760:11位:オランダ統治時代の中心地「安平古堡」

撮影/中村 洋太

1623年、台湾を統治していたオランダ人は、簡素なレンガの城を築きました。
これが安平古堡(あんぴんこほう)の原型です。
そして翌年、もともとの旧城の上に規模が広大な「ゼーランディア城」を新たに建設しました。
そこには行政の中心である「内城」と防衛用の「外城」が含まれています。
当時、この城はオランダ人の台湾全島の統治と対外貿易の総拠点でした。

103759:

撮影/中村 洋太

日本統治時代は、城壁は平らに削られ、赤レンガの平台と日本式の税関宿舎に改築され、オランダ時代の建築物はすべて破壊されました。
その後に日本が去ってから、「安平古堡」と改名し、記念館や、展望台が観光用に建てられました。
台南の歴史がわかる貴重な資料が収められています。
展望台からの眺めもオススメです。

安平古堡の住所・アクセスや営業時間など

名称 安平古堡
住所 台南市安平区国勝路82號
営業時間・開場時間 8:30〜17:30
利用料金や入場料 大人50元 子供25元
参考サイト http://culture.tainan.gov.tw/historic/form/index-1.php?m2=171&id=634
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

安平古堡のスポットページ

10位:台湾最古のお寺「龍山寺」

103764:10位:台湾最古のお寺「龍山寺」

撮影/中村 洋太

龍山寺(りゅうざんじ)があるエリアは萬華地区と呼ばれ、仏具街や骨董街、市場などが集まる、台北市の中で最も古い街です。
年配の方が多いので、台湾の下町風情を感じられます。

1738年創建の龍山寺は、台湾で最も歴史ある寺院であると同時に、最も有名な寺院のひとつでもあります。
ご利益があるとされ、地元の人が篤く信仰しています。

総面積は1800坪で、本殿を中心に前殿、鐘楼、後殿、鼓楼が配置されています。
豪華なレリーフが施された建築物は必見です。
個人的には、日本の読み上げるお経とは異なる、音楽に合わせて唄うようなお経にとても感動しました!台湾式のおみくじもぜひ体験してみてください。








龍山寺の住所・アクセスや営業時間など

名称 龍山寺
住所 台北市広州街211号
営業時間・開場時間 6:00〜22:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.lungshan.org.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

龍山寺のスポットページ

9位:アクセス抜群の温泉地「北投温泉」

103756:9位:アクセス抜群の温泉地「北投温泉」

撮影/中村 洋太

台湾は100カ所以上もの良質な温泉が湧き出る国で、各地に温泉があります。
台北付近で温泉に入りたければ、迷わず北投(ぺいとう)温泉へ行きましょう。
市内からMRT(地下鉄)に乗って約30分で着きます。

北投温泉は台湾四大名泉のひとつに数えられています。
1894年にドイツ商人が温泉を発見し、日本人によって開発されました。
台湾では水着必須の温泉が多いですが、ここは日本式の温泉なので男女分かれていて裸で入れます。

103755:

撮影/中村 洋太

北投には加賀屋など日本旅館もあるため、日本の温泉街へ来たような印象でした。
様々な日帰り温泉を楽しめますが、個人的には日本統治時代から残る公共温泉の「瀧乃湯」がおすすめです。
2017年4月に改装されたので施設は綺麗で、気持ちの良い湯を楽しめます。

北投温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 北投温泉
住所 台北市北投区112
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://btdo.gov.taipei/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

北投温泉のスポットページ

8位:歴代中国王朝の至宝が集まる「故宮博物院」

103744:8位:歴代中国王朝の至宝が集まる「故宮博物院」

撮影/中村 洋太

世界四大博物館のひとつに数えられる台北の故宮(こきゅう)博物院には、中国の歴代皇帝が集めた70万点近くの美術品が収蔵されています。
作品は数ヶ月ごとに入れ替わるため、全ての作品を見て回るのにはなんと10年(!)を要するとか。

団体ツアーの観光客で非常に混み合うので、狙うべきは平日の朝。
人が殺到する前のオープン直後に行きましょう。
そして入館したら、まずは有名なお宝の集まる3階へ直行。
二大至宝である「翠玉白菜」と「肉形石」を先に見てしまいましょう。
以前日本で展示された際、上野で180分待ちの行列ができた目玉展示です。

美術ファンでなくとも、一度は訪ねてほしいところ。
ギフトショップは宝物をモチーフにしたグッズが充実していて、お土産探しに最適です!

次のページでは『7位:世界の美しい地下鉄駅「美麗島駅」』を掲載!
次のページを読む >>