自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15

故宮博物院の住所・アクセスや営業時間など

名称 故宮博物院
住所 台北市至善路二段221号
営業時間・開場時間 8:30〜18:30(金土は21:00まで)
利用料金や入場料 一般350元
参考サイト https://www.npm.gov.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

故宮博物院のスポットページ

7位:世界の美しい地下鉄駅「美麗島駅」

103749:7位:世界の美しい地下鉄駅「美麗島駅」

撮影/中村 洋太

2014年、ニュースサイトの「PolicyMic」が公表した「ニューヨーカーが夢見る世界で最も美しい地下鉄駅ランキング」において、高雄の美麗島駅が2位に選ばれました。

日本人建築家の高松伸氏が設計した出入り口から駅構内に降りていくと、赤と青の円柱、そして「光之穹頂」と名付けられた鮮やかな天井が広がっていました。
4500枚から成る、直径30メートルのステンドグラスは圧巻。
角度を変えてじっくりと眺めていました。

また、毎日11時・15時・20時の3回、光のショーが行われるそうなので、タイミングが合えばぜひ見てください!

美麗島駅の住所・アクセスや営業時間など

名称 美麗島駅
住所 高雄市新興區中山一路115
営業時間・開場時間 5:00〜24:00
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.krtco.com.tw/train_info/service_1-O5R10.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

美麗島駅のスポットページ

6位:日本の皇室ゆかりの湯「四重渓温泉」

103748:6位:日本の皇室ゆかりの湯「四重渓温泉」

撮影/中村 洋太

9位に挙げた北投温泉とともに、台湾四大名泉のひとつに数えられる四重渓温泉。
台湾最南端に近い車城という街から、タクシーで5分ほどで着きます。
昭和5年に、高松宮宣仁親王が新婚旅行でこの地を訪れ、四重渓温泉に浸かったことで有名です。

日帰り入浴できる温泉はいくつかありますが、今回訪れたのは「四重渓牡丹風情温泉行館」。
ここは水着着用が必須なので、お忘れずに。
多くの人で賑わっている施設内には、ドクターフィッシュのいる浴槽もありました。
とても気持ちが良く、疲れを癒すには持ってこいの場所。
高松宮宣仁親王が実際に入ったのは「清泉日式温泉旅館」なので、時間があればこちらも入ってみてください!

四重渓温泉の住所・アクセスや営業時間など

名称 四重渓温泉
住所 屏東県車城郷温泉村温泉路251-68
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.themudan.com/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

四重渓温泉のスポットページ

5位:毎晩お祭りムードを楽しめる「士林夜市」

103737:5位:毎晩お祭りムードを楽しめる「士林夜市」

撮影/中村 洋太

台湾の夜にハズせないのが、夜市です。
日本ではお祭りやイベントのときにしか屋台は並びませんが、毎晩市内の至るところに市が立つのが、台湾のすごいところ。
台湾人はあまり料理をしないので、夕食も夜市で済ますのが一般的だそう。
多くの人で賑わい、熱気ムンムン!

そして、台北最大規模の夜市が士林(しりん)夜市!地元の人々はもちろん、世界各国からの観光客が詰めかけ、毎晩お祭りムードが楽しめます。
とにかくお店の数と人の数に驚きました。
愛玉(オーギョーチ)のドリンクを片手に、名物のフライドチキンや胡椒餅を食べてみてください!








103754:

撮影/中村 洋太

また、「士林市場」という建物の地下1階には、巨大なフードコートがあります。
歩き疲れたらここでビールとおつまみでも注文して、ゆっくりしましょう。
安くておいしい、最高の場所です!

士林夜市の住所・アクセスや営業時間など

名称 士林夜市
住所 台北市大東路 基河路
営業時間・開場時間 15:00〜24:00(店舗によって異なる)
利用料金や入場料 店舗による
参考サイト http://shi-lin-night-market.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

士林夜市のスポットページ

4位:インスタ映えスポットNo.1の「彩虹眷村」

103762:4位:インスタ映えスポットNo.1の「彩虹眷村」

撮影/中村 洋太

台中の郊外に台湾屈指のインスタ映えスポットがあると聞いて、行ってきました!「彩虹眷村」という場所です。
直訳すれば「虹の村」という意味。
タクシーの運転手さんには「Rainbow Village」と言えば通じます。

もともとこの村は、台中の再開発区として、取り壊される運命にありました。
しかし2008年のある日、この村に住むおじいさんが、退屈しのぎに家の前のコンクリート壁にペンキで絵を描き始めると、それがたちまちSNSなどで評判になり、この場所が再開発計画から外されることになりました。

103763:

撮影/中村 洋太

隣の家、路地へとおじいさんの絵はどんどん広がっていき、今では地面も含めて村一帯が鮮やかにペンキで塗られています。
世界各地から観光客が訪れる場所になりました。

次のページでは『3位:台湾郊外の絶景といえば「九份」』を掲載!
次のページを読む >>