自転車で一周して決めた!台湾観光スポットランキングBEST15

彩虹眷村の住所・アクセスや営業時間など

名称 彩虹眷村
住所 台中市春安路56巷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.1949rainbow.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

彩虹眷村のスポットページ

3位:台湾郊外の絶景といえば「九份」

103753:3位:台湾郊外の絶景といえば「九份」

撮影/中村 洋太

『千と千尋の神隠し』の街のモデルになったことから人気に火がついた九份(きゅうふん)。
台北市内から1時間近くかかりますが、それでも十分に訪ねる価値のある場所です。

ノスタルジックな気持ちを誘う街並みは、夕方から訪ねるのがベスト。
街を赤く染める夕景からバトンタッチするように、赤い提灯に灯りがつき始めます。
どこか懐かしさを感じさせるその幻想的な光景には、胸に染み入るものがありました。

お店が並ぶ通りの散策も楽しいですし、時間を使ってゆっくりと訪ねていただきたい場所です。
九份名物のモチモチの芋団子を食べるのもお忘れなく!皆さんがお目当ての「あの景色」の場所は、「阿妹茶酒館」というお店です。
Google Mapsなどで探して行ってみてください!

九份の住所・アクセスや営業時間など

名称 九份
住所 新北市瑞芳区224
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://tour.ntpc.gov.tw/ja-jp/Attraction/Detail?wnd_id=115&id=111871
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

九份のスポットページ

2位:散策が楽しい近年注目の街「宜蘭」

103734:2位:散策が楽しい近年注目の街「宜蘭」

撮影/中村 洋太

台湾東海岸に位置する宜蘭(ぎらん)は、近年ガイドブックで紹介された影響もあり、注目のエリアになっています。
台湾からもバスや鉄道で、日帰りで訪れることができます。

宜蘭の魅力は、ちょうど良い大きさの街の中に、個性的なショップがたくさんあること。
徒歩圏内においしいお店がたくさんあるので、グルメな方にはとくに楽しい街です。

103735:

撮影/中村 洋太

たとえば、朝は散歩がてら人気店の「正好鮮肉小籠包」で小籠包を食べて、帰り道に搾りたてのグレープフルーツジュースを買ってホテルでひと休み。
午後は「王品豆花」でタピオカ入りの特製豆花を食べて、とほとんど食べてばかりですが、これが宜蘭での最高の過ごし方。
隣町の礁渓は温泉街なので、湯で疲れを癒して台北に戻るのもいいですね!








宜蘭の住所・アクセスや営業時間など

名称 宜蘭
住所 宜蘭県宜蘭市
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト https://travel.yilan.tw/ja
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

宜蘭のスポットページ

1位:赤レンガ造りの通りは圧巻!「三峡老街」

103729:1位:赤レンガ造りの通りは圧巻!「三峡老街」

撮影/中村 洋太

三峡は、清代末期から水運を利用した物資の集散地として栄えました。
日本統治時代に建てられた200メートルに及ぶ赤レンガの老街が三峡のシンボル。
自転車で立ち寄り、偶然この老街を目にしたときは、「台湾にこんな場所があったのか」と本当に驚きました。

台北から鉄道とバスで約45分と気軽に来られるので、多くの観光客で賑わっていました。
狭い通りですが活気があり、つまみ食いしながらブラブラ歩くのが楽しいところです。
地元の人が集う市場を眺めているのもおもしろい。

103730:

撮影/中村 洋太

おいしかったのが、名物の「金牛角(クロワッサン)」です。
街のいたるところで売っているので、探す心配はないでしょう。
日本のクロワッサンとは異なり、文字どおり牛の角の形をしています。
あん入りの抹茶味が気に入りました。
台北からちょっと足を伸ばしてみたいと思ったら、迷わず三峡へ行ってください。

三峡老街の住所・アクセスや営業時間など

名称 三峡老街
住所 新北市三峽区
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.sanchiaoyung.com.tw/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

三峡老街のスポットページ

台湾は魅力があり過ぎて、何度でも訪ねたい国になりました!

103732:台湾は魅力があり過ぎて、何度でも訪ねたい国になりました!

撮影/中村 洋太

最後までお付き合いいただきありがとうございました!今回はベスト15のみのご紹介でしたが、台湾で一周するなかで、たくさんの魅力的な場所を知ることができました。
しかし、日月潭や阿里山、太魯閣など、今回は残念ながら足を運べなかった有名スポットもまだまだ存在します。

一度台湾を一周したくらいでは、台湾の全てを知ることはできません。
むしろそれがこの国の奥深さであり、おもしろいところだなと感じます。
皆さんもぜひ台湾を訪れて、自分なりのベストスポットを見つけてください!

※台湾一周の自転車旅に興味がある方は、こちらの記事も参考に!