台湾といえば、高さ509.2mの台北101。営業時間や入場料は?

「台北のマンハッタン」とも呼ばれる開発エリアにある「台北101」は台北のランドマーク的存在です。中にはショッピングモールや展望台、レストランなど素敵なテナントがたくさん!今回は「台北101」の見どころと行き方をご紹介します。
台北101だけじゃない、台湾観光の絶対行くべきスポット決定版はこちらから。

東アジアで一番高いビル「台北101」

東アジアで一番高いビル「台北101」

image by iStockphoto / 51059268

台北市信義区にある「台北101」は高さ509.2m、地下5階+地上101階からなる超高層ビルです。
かつては世界一高いビルとしてギネスに認定されていましたが、2007年からはドバイのブルジュ・ハリファに抜かされ、現在は東アジア一高いビルとなっています。

image by iStockphoto / 96278731

台北101の住所・アクセスや営業時間など

名称 台北101
住所 台北市信義路五段七号
営業時間・開場時間 施設による
利用料金や入場料 施設による
参考サイト http://www.taipei-101.com.tw/jp/
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

台北101のスポットページ

エレベーターは東アジア一高速!

エレベーターは東アジア一高速!

image by iStockphoto / 19271693

高さだけでなく、エレベーターの速さも東アジアで一番を誇っており、その早さはなんと分速1010m!ガラス張りのエレベーターで展望台まであっという間です。
ちなみにこのエレベーターは東芝(日本)製。
こちらもブルジュ・ハリファに抜かされるまでは世界一速いエレベーターでした。

「台北101」の外観には深い意味が込められています

「台北101」の外観には深い意味が込められています

image by iStockphoto / 26756082

「台北101」の外観は、逆さの台形を積み上げたようなデザインです。
これにはちゃんとした理由があり、台形に見える節は8層で構成されています。
「八」の発音が、”金持ちになる”という意味の「発財」と似ているため縁起が良いとされており、竹も縁起の良い植物のためこのような8つの節になるようにデザインしたそうです。







展望台は必見スポット

展望台は必見スポット

image by iStockphoto / 25771318

「台北101」の一番の見どころはなんといっても高さおよそ382m地点にある展望台からの眺めではないでしょうか。
展望台行きのエレベーターが出発する5階から頂上まではなんと37秒で登ることが出来るんです!一面ガラス張りの窓は手入れが行き届いているおかげで、まるで雲の上を歩いているかのような見晴らしのよさ。
晴れていれば海の方まで眺める事が出来ます。

台北101観景台の住所・アクセスや営業時間など

名称 台北101観景台
名称(英語) Taipei 101 Observatory
住所 台北市信義路五段七号89階
営業時間・開場時間 9:00 – 22:00(最終入場21:15)
利用料金や入場料 600台湾ドル
参考サイト http://www.taipei-101.com.tw/jp/observatory.aspx
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

台北101観景台のスポットページ

台北が誇る台北101からの夜景

台北が誇る台北101からの夜景

image by iStockphoto / 4914514

昼の展望台も素晴らしいですが、夜の展望台も台北が誇る夜景スポットとして有名です。
台湾の中心部だけあってネオンが輝く台北の街を一望出来ます。
また、台北101内のバーやレストランからも夜景を眺められます。

フードコートやレストランも充実!

フードコートやレストランも充実!

image by iStockphoto / 101723721

「台北101」は総合商業ビルのため、広大な敷地にショッピングモールやレストラン、フィットネスクラブやオフィスなど様々なテナントが入っています。
特にフードコートとレストランはいつでも賑わっています。
台湾の人気小籠包店「鼎泰豐」をはじめ、美味しいグルメにたくさん出会えます。
フロアが清潔なのも嬉しいポイントですね。
次のページでは『1日では回り切れないショッピングゾーン』を掲載!
次のページを読む >>