絶景!台湾の自然が生み出した聖地「阿里山」の観光情報ガイド

台湾の中心から少し南に位置する「阿里山」は熱帯・暖帯・温帯の植物とタイワンヒノキが多く自生する国家風景区です。台北や高雄から鉄道やバスで気軽に行くことの出来るため、国内外から観光客の集まる人気の観光スポットとなっています。今回は阿里山への行き方や観光情報をまとめました。
台湾旅行をご検討の方は、台湾観光の絶対行くべきスポット決定版もどうぞ。

実は山の名前ではない『阿里山』

実は山の名前ではない『阿里山』

image by iStockphoto / 96562763

『阿里山』という山がある、と勘違いする方も多いですが、実は阿里山は祝山、尖崙山、対高岳山など18もの山からなる一帯の名前なんです。
中でも一番高い山が大塔山で標高2663mだそう。

この阿里山の由来は、かつてこの一帯で暮らしていた原住民・ツオウ族の頭領の名前「阿巴里」から来ているのだそうで、たくさんの民族が暮らしていた台湾の歴史が感じられますね。

image by iStockphoto

阿里山の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿里山
住所 嘉義県阿里山郷
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ali-nsa.net/user/Main.aspx?Lang=3
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

阿里山のスポットページ

日本とも深いつながりがあります

日本とも深いつながりがあります

image by iStockphoto

阿里山は日本統治時代の1900年に初めて日本人に発見され、1934年に「新高阿里山国立公園」として日本の国立公園に指定されています。
その後、日本人の博士によって調査が行われ、標高1800m以上になると樹齢1000年を超えるタイワンヒノキがたくさん自生している事が分かりました。

タイワンヒノキは当時、大量伐採が行われ、その木材は靖国神社や東大寺大仏殿、首里城などに使われています。

台湾屈指の日の出スポット・阿里山

台湾屈指の日の出スポット・阿里山

image by iStockphoto

台湾で人気の日の出スポットといえば、まず初めに名前が挙がるのが阿里山の「祝山」です。
その人気は台湾国内だけでなく海外からの観光客にも大人気で、早朝は多くの観光客で賑わっています。

日の出のためだけに早朝しか運行しない「祝山線」は阿里山駅から祝山駅に繋がっていますが、いつでも超満員!切符は前日までに購入しておくか、翌朝日の出を見るために祝山に宿泊することをおすすめします。








阿里山森林鉄道 祝山線の住所・アクセスや営業時間など

名称 阿里山森林鉄道 祝山線
住所 嘉義県阿里山郷中正村1号 阿里山駅
営業時間・開場時間 4:00−6:00(季節により異なる)
利用料金や入場料 片道一般150元
参考サイト http://www.railway.gov.tw/Alishan-jp/CP.aspx?sn=18106&n=20723
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

阿里山森林鉄道 祝山線のスポットページ

パワースポットとしても有名です

パワースポットとしても有名です

image by iStockphoto

阿里山駅から平沼線・平沼駅へ行くと、阿里山人気のパワースポット「神木群木桟道」の入口に到着します。

神木群木桟道は、周囲を深い森に囲まれたおよそ5キロメールの遊歩道。
ところどころに地図や標識があり、迷子になる心配はありません。
また、お土産屋さんも充実しているので散歩気分で自然を満喫出来ます。

周囲のヒノキは樹齢1000年から3000年のもの。
ツオウ族が聖なる地として崇めていただけあって、癒されること間違いありません!

image by iStockphoto

神木群木桟道の住所・アクセスや営業時間など

名称 神木群木桟道
住所 嘉義県阿里山郷 阿里山国家森林遊楽区, 台湾 605
営業時間・開場時間 24時間
利用料金や入場料 無料
参考サイト http://www.ali-nsa.net/user/Article.aspx?Lang=3&sNo=03002480
最新情報は必ずリンク先をご確認ください。

神木群木桟道のスポットページ

阿里山国家森林遊楽区はハイキングにおすすめ!

阿里山国家森林遊楽区はハイキングにおすすめ!

image by iStockphoto

阿里山駅、神木駅、平沼駅周辺は「阿里山国家森林遊楽区」という森林公園に指定されており、気軽にハイキングを楽しむ事が出来ます。
入口では大人およそ200元(学生はおよそ100元)の入園料を支払います。

遊歩道は石畳や阿里山で伐採された木で綺麗に整備されており、中国語・英語・日本語で書かれた案内板が設置されているので台湾が初めての方でも安心して楽しめます。
また、園内は大変広く、古潭や、道教の寺院など見どころがたくさんです。

次のページでは『お土産におすすめ!阿里山の美味しいお茶』を掲載!
次のページを読む >>